サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. hdk4さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

hdk4さんのレビュー一覧

投稿者:hdk4

8 件中 1 件~ 8 件を表示

日本人の精神とは

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 教育の荒廃が叫ばれて久しいが、この本を教育者の立場から読んでみると、これが実にたくさんの示唆を与えてくれる。まずは、「公」の精神。この心を日本人が再び大事にするときは果たしてくるのだろうか、とむなしさも覚えてしまうのだが。それと靖国問題。教育の現場ではタブーとなっているように感じるが、この問題の本質を考えることは正しい歴史認識をする上で大変重要なのである。
 戦争論、ではあるが、現代世界と日本、現在の日本人の精神の貧困さが圧倒的な迫力をもって伝わってくる稀に見る漫画である。
 しかし、小林よしのりが描く左翼政治家って感じでてるよな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ゆきだるま

2003/01/12 21:16

活字がなくても

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 4歳の息子、3歳の娘はこのお話(活字はないのですが)が大好きです。寝る前に本の読み聞かせをしていますが、その日の気分とか子ども達の様子を見て話の内容や表現を変えたりしています。親としては腕の見せ所かもしれません。
 絵がとてもきれいで、特に空を飛ぶ場面は私も大好きです。男の子とゆきだるま(スノーマン)のふれあいが心に響きます。ラストはちょっと切なくなってしまいます。子どもたちも「別れ」を感じるのか、ちょっとしんみりすることが多いのですが、そんな気持ちになるということも大切な経験なのではないかと思います。
 親子で想像力を働かせながら読みたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本いやいやえん 童話

2002/11/15 22:17

超ロングセラー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 特に男の子にとってはワクワクするようなお話がたくさん。ちゅーりっぷ保育園にかようしげるくんはとってもイタズラ好き。でもにくめない。お父さんお母さんも子どもに読んであげるのが楽しみになるはず。絵もかわいい。ぐりとぐらシリーズのコンビによる作品ですから絶対にはずれは無し。40年近く売れ続けているのがわかる。わたしのおすすめは「おおかみ」。しげるのとぼけた感じがとっても好きです。ちなみに4歳の息子は「やまのぼり」が好きらしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本そらいろのたね 改訂版

2003/01/14 21:35

ちょっと「しつけ」がはいってます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「ぐりとぐら」「いやいやえん」のコンビによる絵本です。絵がとてもやさしくて子どもも親も大好きです。他の絵本のキャラクターがちょこちょこっと出てくるところを探すのも楽しいですよ。
 内容は、きつねさんが持っていた「そらいろのたね」を飛行機と交換した男の子がたねを育てたら、そらいろのお家になって、どんどん大きくなって、いろんな動物が入ってくるのですが、それを見たきつねが意地悪をして…というお話です。終わり方が子どもに何かを考えさせるような感じになっているところが、他の絵本とは違う点です。
 きつねさんはどうすればよかったのかなあ。って問いかけたりしながら読んで聞かせています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本レッド・ドラゴン 決定版 下

2003/01/10 21:44

気品すら漂う

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 異常犯罪にからむ3人の人物、レクター博士(逮捕されてるのに博士というのがいい)、グレアム捜査官(どうやってレクターを逮捕したのか)、“D”(詳しくは読んでください)が下巻ではさらに関わりを持っていく。トマス・ハリスが生命を吹き込んだレクター博士はもちろんだが、“D”の描写にも何か不思議な気品のようなものを感じてしまう。この点が他の異常犯罪を扱った小説とは確実に一線を画すトマス・ハリスならではのものなのだろう。
 小説を読んだら映画が無性に見たくなった。というか絶対見に行く。そして私が描いた3人の人物像と映像を見比べたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本レッド・ドラゴン 決定版 上

2003/01/09 20:36

映画を見る前に

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 映画のほうは「羊たちの沈黙」「ハンニバル」そして「レッドドラゴン」と続いているが実は原作としては本作が最初である。ご存知レクター博士がシリーズに初めて登場するわけだが、彼を逮捕したグレアム捜査官もまた、ただならぬ精神構造をもった人物として描かれている。連続殺人犯である“D”の人物描写、場面描写も徹底的にリアルで読んでいて映像が目に浮かぶ。自分が描いたイメージを映画で確かめるというのもいいのでは。
 この上巻では連続殺人事件に挑むグレアム捜査官が中心に描かれているように思う。これにレクター博士、“D”がどんな風にからんでくるか。スリリングな展開にどんどん引き込まれる作品だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本日本よ

2002/11/20 22:26

言いたいことが言える強さ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 産経新聞をとっているので毎月読んでいましたが、まとめて読むと迫力が違います。この人は本当の日本人で、心底日本全体のことを考えているということが伝わってきます。
 外交問題から歴史認識、教育など多岐にわたる分野での著者の提言は、時に難解でしたが確実に日本人としての何かを呼び覚ましてくれることでしょう。
 好き嫌いの分かれるキャラクターかもしれませんが、いずれにしてもこれだけ明確に自分の考えを表現できる、しかも首都東京の知事をつとめながら!という点がやはりすごい人なのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あくまでも…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 先の見えないこの時代、特に経済に関することには敏感に反応する人は多いはず。私はこの本のタイトルに惹かれて買った。徹底的に予測するというのも、よく考えると不思議な表現だがバックのしっかりとした研究所の予測だから説得力がある。ただ、この本はあくまでも現代経済版用語辞典という感覚で読んだ方がいいかもしれない。
 我が家は今マイホームの購入を考えているので金利情報にはものすごく敏感になっている。ひょっとしたらこの本を読んで金利の先行きが読めちゃったりして、と思ったが結局は自己責任なんだな。ということがよくわかった。いずれにしても2003年がどんな年になるのか見通しをもつ、という意味で読むにはとてもわかりやすい本だ。キーワードで分けられているからどこから読んでもいいし、あれこの言葉なんて意味だっけ?という時にはさっと確認できるし。あくまでも予測ですよっていう潔い説明もいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8 件中 1 件~ 8 件を表示