サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. さくらさんのレビュー一覧

さくらさんのレビュー一覧

投稿者:さくら

3 件中 1 件~ 3 件を表示

かんたん、オイシイ、文句なし

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

常日頃より、「おつまみはすぐに簡単に作れて、しかもおいしくなくちゃ意味はない」と思ってたワタシにとってまさにうってつけだったのが、この「おつまみ横丁」。おつまみといっても、別に「酒の肴」と決め付けてしまう必要はない。この本に登場する185もの「うれしい」おつまみたちは、どれも毎日の「あともう一品!」にしっかり答えてくれるおいしい一皿ばかり。ビールはもちろん、ワインにも日本酒にも、ご飯のおともにもピッタリ。しかも、どれもそこらへんにころがっている残り物で出来る、というのがウレシイ限り。何より作り方が簡単、火を使わずに出来るものもたくさんあるから、子どもにお手伝いも頼みやすい、「お父さん、テキトーにやって」も言いやすい、だから一家に一冊必携の書、にしても損はないと思うな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

かわいい!

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

表紙写真のおんなのこが持っている「かご」に一目ぼれして、買った本。「かご」を編むなんて、その昔「籐手芸」やっていた母の見よう見マネで挑戦したこともあったが、とにかく「めんどうくさくて」中断した思い出あり。そんなワタシが今回なぜこの本を手にとってしまったのかといえば、やはり掲載作品の「デザイン」がよかったから。つくるのが「めんどうくさくても」、どうしてもつくってみたくなるものばかり。実際、本を手に入れたその日に材料(エコクラフト)を購入して、さっそく一目ぼれした表紙作品の制作を開始。この本に出会うまで「エコクラフト」なるもの自体知らなかったのだが、じつは今巷の手芸愛好家の間ではちょっとしたブームになっているのだとか。たしかに、材料になる「エコクラフト」は安価でカンタンに手に入るし、なにより屑がでないので部屋も汚れず、あとかたづけもカンタン。あえてめんどくさいことと言えば、作品にあわせてテープを裁断することくらいか。あとは鼻歌まじりに本の作り方に忠実に編んでいくだけ。ちなみにエコクラフト初体験のワタシがはじめてつくった表紙のかご、驚くなかれ、わずか10時間くらいで写真のとおりのものが出き上がってしまった。まさかこんなにカンタンにつくれてしまうとは。なんかウレシイ。さっそく、持ってでかけよう。では行ってきま〜す。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本富士山

2016/01/17 23:31

手のひら芸術

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

とにかく「サイズ感」が絶妙です。開いた瞬間から目の前に富士の絶景が広がる、建築家である作家ならではの細部まで計算しつくされたとても美しい本です。手のひらサイズの小さな本ですが、子どもも大人も、また日本人だけでなく世界中の人が、皆同じように大きな感動を手に入れられること間違いなし。ぜひ多くの人にも実感してもらいたいな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示