サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. やすぞうさんのレビュー一覧

やすぞうさんのレビュー一覧

投稿者:やすぞう

28 件中 1 件~ 15 件を表示

きものがたり

2002/07/13 20:44

待望の文庫化!満足度120%の着物コレクション集

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

宮尾登美子の軽快なエッセイが添えられた着物コレクションの本。
まるで彼女のタンスの中身を見せてもらっているような感覚が味わえる。
この本は99年に2,500円のハードカバーで発売されたものが
文庫となったもの。1,000円以下の値段でまったく同じ内容なんて
お得過ぎる!
1月〜12月まで月ごとに設定したテーマにそって着物に関するエピソードを
語ってくれる。
なぜなら着物とは、季節感を楽しむ要素が強いから。
例えば桜をモチーフにした着物は桜の花が散ってしまったら着るのが
ためらわれるもの。ある意味とても贅沢な着物なのだ。
そして、彼女の代表的な作品 『櫂』『鬼龍院花子の生涯』を書いた時の
エピソードが着物への思い入れとリンクさせて紹介されている。
彼女の人生の歩みと着物の結びつきがかなり強いことを知りました。
プレゼントされたもの、したもの、自分で買ったものなど、
着物の数だけ思い出があって、「この本だけでは収まりきれなかったのでは?」
と思うほど。
もちろん、高価なものばかりが紹介されている訳ではありません。
手入れが簡単でカジュアルに着こなせる「紬(つむぎ)」に私は惹かれました。
この本を読んでから、結婚披露宴に着物で出席している人にばかり目が行くように
なってしまいました。
着物をサラリと着こなすことが出来る女性になりたい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本こんな生活

2002/07/29 22:12

ひとり暮らしっていいなぁ〜。「こんな生活」に憧れます

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

マンガなんだけれど限りなくエッセイに近い!
それともエッセイに説得力のあるイラストが添えられたのか?
太田垣さんがご自分の職業を「画文かき」と称しているのは
ピッタリだと思いました。
わずか0.3ミリの水性ペンを基本に描かれるイラストとセリフは
妙に親近感のわく内容ばかり。
決してぐうたらじゃないけれど、人間味あふれる彼女の日常に
思わずうなずいてる自分がいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

友達をつくるバイブル。個性あふれる登場人物からは学ぶことがいっぱい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 毎朝動物園に出勤し、ワニとして熱心に働いたら夕方家に帰る?
何でも半分だけ許可するお役所の人間?
ヘンテコな表現に思わずクスっと笑ってしまう場面が多かったけれど
この本では人間と動物が自然に共存していて、同じ目標に向かって
協力しあう姿が描かれているのです。
 冒頭の「森からでて、人間とであって、人間が、チェブラーシュカと呼ぶように
なったのです」という一文にまずカウンターパンチを受けました。
動物に名前がけられるのはまさに人間の都合なのですから。
でもチェブラーシュカという名前には、とっても愛らしいロシア語の意味が
こめられているので、すぐにこの物語に引き込まれてしまいました。
 そして森を出て街に住むようになったチェブラーシュカが友達を見つけようと
する過程にも、数々のスパイスが効いていました。
友達づきあいのマナー、友達を選ぶ基準、人間のエゴ、大人の都合などが
子供にわかりやすくストーリーにうまく組み込まれていて、私自身もハッと
させられました。「親しき仲にも礼儀あり」というのは、口で説明するだけでは
なかなか伝えにくいですから。一気に最後まで読むよりも、1章ごとに内容を
かみしめながら読んでいきたい本です。
 架空の動物であるチェブラーシュカをとっても愛らしく描いたイラストも
この本に魅了された要因のひとつ。絵本や童話には国境など関係なく、
子供へのメッセージがあふれていることを知りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

生活のちょっとした工夫が満載

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本を買って、すっかり杉浦さやかサンのファンになってしまいました。
彼女の日常が「絵てがみ」として私たち読者に送られてくる感覚。
もう、たまりませんっ!
独特のイラストに添えられた、かわいらしい彼女の文字をそのまま掲載。
「懸賞ハガキのイロハ」「おみやげのラッピング」など
是非マネしたいアイディアが満載でした。
こんな風に自分のマイブームやこだわりを紹介できるほど
たくさん引き出しを持っている彼女に憧れてしまいます。
(私と同い年なのですが・・・)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

元気のいい売り場にするためのテクニック満載

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

仕事でPOPを作ることになり、ふと本屋で目に留まったのが
この本です。
即席POP作り職人になった私に一番役立ったのは
「お客様の共感を得る、インパクトのあるキャッチコピーとは?」
の項目でした。売り手の立場として商品のよさをアピールするのではなく
商品を買ったお客様にどんなメリットがあるのかをアピールすることが大切!
というフレーズは目からウロコでした。
トータル的にはお店を経営している人のために書かれた内容だったので
自分のお店を持って実践してみたい気分になってしまいました。
POPって奥が深くておもしろいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

お手頃価格のCD付きテキスト

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

シーン別にカンタンな対話を練習するテキスト構成です。
各パートごとに、単語を入れ替えた別の表現方法も紹介されているので
使える例文が満載。その例文も、日常生活に密着した内容が多く
この本をまるごと1冊覚えれば日常会話はマスターしたも同然?!
たった1,300円でCDがついているのもポイント大きいです。
ネイティブの発音が最初は早く感じましたが、何回も聴いていると慣れてきます。
最近では、電車の中でテキストを見ずに聴きとれるようになったところ。
あとは覚えたことを実践するだけ?!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

会話の流れを知っていれば恐くない!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

まさにタイトルの通り! 海外旅行でよく使うフレーズが満載です。
あらかじめどんな質問をされるのか知っていれば
慌てることなく答えられるはず。そのために、ありとあらゆるシーンが
想定されています。
まずは旅の1ヶ月前から、国際電話やFAXでホテルの予約をすることから
レッスンがはじまります。
ホテルへ送信するFAXの例文が載っているので、これは使えそうだ!
それから空港・機内・ホテルでのシーンも充実した内容ぶり。
食事のシーンだけでも、レストラン・ファーストフード・カフェ・バーと
バリエーションが豊富だ。
しかも旅行者のパートは、流暢とは思えない日本人が担当している。
「完璧な発音じゃなくて大丈夫なんだ!」
こんな安心感が得られて、不思議とやる気の続く1冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

すぐにでも実践可能なテクニック!アンケート集計はまかせろ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

社内の人を対象にアンケートを実施することになり、
あわてて資料を探した時にパッと目についたのがこの本。
タイトルが「そのものズバリ!」だったからです。
エクセルのテクニックだけではなく、アンケートをする上での
注意点から教えてくれています。
質問票を作るに当たっての注意や回答形式の種類などです。
インターネットの普及によって最近では、WEBページによるアンケートも
多くなりましたが、このことについても触れています。
WEBページで答えてもらった内容をメールで回収することが出来、
受け取ったメールをどのようにエクセルに変換していくかについても
詳しく解説されている。
本題の集計のテクニックについても、目からウロコのテクニックがいっぱい。
サンプル数が多い場合、出来るだけ多くのテクニックを知っていた方が
集計のスピードがグンと上がるのですから。
アンケートの集計は、決して苦痛な作業ではありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本イヴの七人の娘たち

2002/03/27 13:04

自分の祖先は7人のうちの誰?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 現代ヨーロッパ人(6億5千万人)の祖先は、わずか7人の女性である。
 こんなキャッチコピーの新聞広告に興味を持ち、すぐにこの本を探しに本屋へ。
 ところが、立ち読みするには密度の濃すぎる内容。購入してすぐに読み始めた。
 なぜ6億5千万人もいるヨーロッパ人の祖先が7人の女性まで辿りついたのか。
 それは世界中のゴールデンハムスターが、たった1匹のメスの子孫であることが判明したことで始まる。
 これを人間に応用した研究過程は、文系の私にもわかりやすく解説されていた。
 そして7人の女性たちにはそれぞれ名前がつけられ、現実感がさらに増す。
 彼女たちがどんな時代に生まれ、どんな生活を送ってきたのか。
 この部分だけはフィクションであるが、歴史的背景と共にひとりひとりが 小説のように活き活きと描かれている。
 また全世界の人々の血液型の特徴やRhの型についての興味深い話もある。
 日本人の祖先についてはまだ研究の途中のようだが、9人の母までが確認され 「早く日本人の研究もして欲しい」と期待させる1冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

NHKの大河ドラマが、10倍おもしろくなる!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「カブキモノ」って何?「カトク」ってどういうこと?
 NHKの大河ドラマ「利家とまつ」を観ていると、わからない言葉が続々と出てきます。
 ドラマのストーリーが理解できない訳ではないけど、ちょっとしたセリフの意味がわからない時、悲しくなりませんか?
 そんな疑問を解決してくれる本が見つかりました。
 QアンドA方式ですが、ドラマの歴史的背景が詳しく解説されています。
 そしてなにより、ツボを押さえたQを多数設定!
 「アカホロシュウ(赤母衣衆)」という言葉もこの本で予習していたお陰で、リアルタイムで理解できました。
 今では毎週日曜日の放送が待ち遠しいくらいです。
 シナリオ本を読んでしまうとドラマがつまらなくなる!
 こんな心配をなさっている方には特にオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

考えるより先に口から出てくるのが理想

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なぜタイトルが「パッと出るひとこと英会話」なのか?
それはシーン別でなく、1〜6語のフレーズという分類で
英会話を覚えてしまおうというテキストだからである。
まずはカンタンに覚えられる1語のフレーズ。
「Really?」や「Exactly」など、カンタンに返答できるものを
紹介しているのがありがたい!
短いからすぐに覚えられ、次の2語・3語のフレーズへと
無理なく進むことが出来る。
まさにフレーズをまるごと覚えるのが目的の勉強法なのだ。
しかもCDが2枚もついて、本文だけでなく例文も収録されているから
約120分聴き応えあり。
決まり文句を頭にインプットしてしまえば恐いものなしだ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

面長の男性ばかりを描くのは自画像?見るたびに新しい発見・疑問がわいてきます。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 まず、このタイトルに惹きつけられた。
「一体、どんなヤツだ?」
「生まれてきたくなかったのかな?」
大胆なタッチでインパクトが大きいポストカードは、
イラスト・写真に絵を描く・版画と多岐にわたっていた。
しかも、ただのポストカードではない。
作品ごとに長〜いタイトルがつけられていて
それがとっても粋な文章なのだ。
見る側の私たちに、想像力の幅を広げてくれる感覚が
たまらなく心地いい。
「わぁ、キレイ」では済まされない画集である。
 後半に掲載されている自伝を読めば、なぜ「生まれたついでに生きる」
なんてタイトルなのかが理解できると思ったのだが
全部読んでも結局よく分からなかった。
でも、決してネガティブにだらだらと生きている訳ではない。
旅が好きで、ひとりでフラっと出掛けてしまう行動力もあるし
公園で作品を売る際には、実演販売のようなセールストークが出来るという。
「これは絵だけではなく、タイトルもついている1度で2度おいしい
アートですよ!」というフレーズは、是非ナマで聞いてみたい。
 見るたびに新しい発見があって、その時の気分で好きな絵が変わる。
この画集は心のバロメーターになりそうだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

地雷を踏みまくりだった自分を発見!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

訳本だけれど、なめらかな日本語訳で心にすうっと入ります。
読むまでは「たった20でいいの?」と思っていたけれど
重要なポイントだけに絞って“はじめから終わりまで読みきる”ことに
作者の意図が隠されていました。
カップルのことを想定して書かれているけれど、これは友達や家族との
関係にもあてはまるものが多いと思いました。
「好きな人」というのは、なにも異性だけじゃありませんから。
わずか100ページ足らずの小さな本に、素敵な関係を築くための
エッセンスがいっぱいつまっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

誰も知らないから「抜け道」になっただけ!合法的な方法を紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

資格を持っていればこの不況の世の中でも転職や独立が可能かも?
こんな希望を抱きながら資格取得にチャレンジしている人も多いと思います。
「資格の抜け道なんてそんなオイシイ話が本当にあるのか?!」
疑い半分、すがりたい気持ち半分で読んでみました。
この本は97年から発売されている「資格の抜け道シリーズ」の第3弾です。
平成14年4月から税理士資格に大幅な改正があったことから
「税理士」試験についてメインで紹介されていますが、他にも「測量士」
「旅行業務取扱主任者」「講習・通信教育だけで取れる国家資格」などの情報も満載。
どれもチャレンジしてみたくなるような人気の資格ばかりです。
社会人だからこそ利用できる裏ワザもあり、「資格ゲットに年齢制限なんてない!」
そんなファイトがわいてくる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

料理と酒の、おいしい組み合わせのヒントが満載

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ソムリエとして有名な田崎真也さんが実は日本酒好き?!
ちょっと意外な組み合わせに惹かれてこの本を手に取ってしまった。
日本酒を吟醸酒・本醸造酒・純米酒・熟成酒(古酒)の4タイプに色分けしていて
各レシピの上にどの日本酒に合う料理なのかがひと目でわかるように
なっています。
このレシピのおもしろいところは、作り方が文章で紹介されていて
材料の表示がないのです。
かろうじて調味料の比率が載っている程度で、あとは自分の舌で
「おいしい」と思う味を見つけて欲しい…。そんなメッセージが伝わってきました。
調理に手間がかからず、新鮮な素材を利用してうまさを引き出す。
そんなレシピが満載でワクワクしました。
日本酒だけじゃなく、焼酎やワインに合わせて食べてもおいしそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

28 件中 1 件~ 15 件を表示