サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ウラジーミルさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

ウラジーミルさんのレビュー一覧

投稿者:ウラジーミル

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本廻想庭園 3

2002/09/18 22:36

感情描写と人間関係の構成がすごいです!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いよいよ面白くなってきた3巻です。全体的にシリアスな展開であることは変わりませんが、この巻から物語の道筋に光が差してきたような気がします。いろいろあって、ついに絵を描くことを決めた時弥の、その頑なな決意が切ないです。
私のお気に入りのシーンは2つ。ラルフが、過去に時弥の描いた絵を見て、心を慰められるあたり。そんなに長々と書かれている訳ではありませんが、感情描写は圧巻です。また、時弥と彼に恋する少女ドリスの花壇の前でのやりとりは、お互いの性格のせいでとげとげしかったりもするのですが、とても微笑ましいです。このドリスのパーソナリティーがなかなか素敵なのです。
時弥たち生きている者だけではなく、既に亡くなった人々の思いも複雑に交錯して大きく動いた物語が、最後にどこに辿り着くか、作家さん自ら最終巻だという次巻がとても楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本廻想庭園 1

2002/03/13 22:22

なんだかんだいってアンディが魅力的。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 地味ながら良質の作品を書くことで知る人ぞ知る作家さんお得意のイギリスものであり、ミステリー風味作品であり、オカルト風味作品。この方の書くイギリスは本物っぽくて素敵です。そして「一年以内に昔なくなった肖像画を探せ」って命題も、伏線や構成のうまい方なのできっと思わぬ展開を見せてくれるでしょう。で、幽霊のアンディが素晴らしい。少女への無垢な愛情と、取り憑いた時弥への傍若無人さのギャップが魅力的。今のところ時弥が人生最初の挫折を経験している最中なので、物語は決して明るくはないのですが、続きの楽しみな作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本廻想庭園 2

2002/03/13 22:01

読んで、私は元気になりました。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 なんていうかスゴイ。なかなかこうは書けない。私は「人は努力して幸せになる義務がある」というメッセージを受け取りました。
 誰のせいでもなく、人生のどこかでボタンをかけまちがえた少年、時弥。彼が自分に取り憑いた幽霊との交流で少しずつ変わっていく話なのですが、お涙頂戴小説になっていないところが良い。それは幽霊の性格が素晴らしく悪いところに因ると思われます。また、2巻こそかなり不幸なエピソードも多いけど、そんな中でもくすぐりの効いたシーンもあり、バランスは絶妙。続きの待ち遠しい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示