サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 波風立さんのレビュー一覧

波風立さんのレビュー一覧

投稿者:波風立

1 件中 1 件~ 1 件を表示

純粋さ、激しさ、強さのミックスされたソース

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本中のグルメをうならせる日本でトップクラスのフレンチ・レストラン「コート・ドール」のオーナー・シェフ、斉須政雄さんの語りによるフランスでの修業記であり、仕事論だが、見事な人生論にもなっているのが魅力。愚直なほど不器用で純粋な生き方をしているのに、フランス人に作りかけの料理を投げつけるなど、ケンカしながら修業していく激しさ、自分で自分を教育していく強さなどが絶妙にミックスされ、まさに深い味わいのソースである。「若い頃という限定された時期に強がりを発揮しなければ伸びる足も伸びない」、「やってみたいと思ったことを実行すれば、まがりなりにもその人なりの凸凹が出てくる。実行しないままだと横一列並びになる」などなど、経験で学びながら、一歩ずつ階段を上がってきた人ならではの言葉が胸を打つ。またその言葉が強すぎず、含羞があるから、反発を感じない。そして読んでいると、フランスの冷たいくらいの自己責任主義、個人主義の方が、妙にやさしすぎる日本よりも、人を鍛えるのには向いているような気がした。もちろん組織人でなく、個人として腕を磨いていきたい人にとってであるが。
斉須さんから珠玉の言葉を引きだした聞き手の木村俊介さんの功績は大きい。斉須さんのことは、かつて若き立花隆さんが「青春漂流」(講談社文庫)で書いている。これもすばらしい作品で、興味のある方は、是非こちらも読んでほしいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示