サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. とうめいさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

とうめいさんのレビュー一覧

投稿者:とうめい

26 件中 1 件~ 15 件を表示

それでも、神さまを信じてる?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 灼熱の砂漠の国シャフラスターンの第三王子・ハールンの中には、『カルマト』という名の不思議な存在が居た。母で第三妃であるアズィーザから愛されたいがために、次の王になりたいと強く願うハルーン。それに次々と答えるカルマト。
 運命共同体である彼がいったいなんなのかはわからないが、カルマトが居るおかげで『王子ハールン』が完璧な存在になれるのは確かだった。
 次第にカルマトに操られていくハルーン。彼はぼくの闇? それともぼくが彼の闇?
 シャフラスターンに伝わる、魔性の王子の哀しい物語。
 
 全ての元凶はアズィーザです。どうしてハルーン自身を愛せなかったのか。自分の欲望のためにハルーンを利用するなんて酷いです。
 愛されることを知らず、愛する人を手に入れる術がわからないハルーンは、カルマトにそそのかされる。愛する人、サラに罵られるシーンは痛くて泣けます。
 シャフラスターンを去ったハルーンが、誰かに愛される日が来る事を願います。
 続編、出ると嬉しいです。でも、96年に出た本なんですよね、出るのかな…(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

13本のプリムローズと妖精との出会い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

妖精との出会い方から、生体・信頼関係の築き方など、13章に分けて綴ったフェアリアとの暮らしの手引き書。

美しくてとても夢のある本です。
すごく細かく書かれていて、妖精なんてと思っている人でも『もしかしたら…』と思わせてしまうくらい。
著者の妖精への愛情が伝わってきて暖かい気持ちになれます。
イラストも綺麗で読みやすいので、子供さんと一緒に読むと楽しいと思います。
私自身、子供の頃にこの本に出会ったのですが、大切な一冊になりました。
子供の頃ピーター・パンの冒険を読んで、妖精に憧れませんでしたか?
妖精に興味ある人にも、そうでない人にも読んで欲しい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

それでも僕らは『空』を探す

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

念願の初単行本です♪
絵・ストーリーが個性的で目を惹きます。
シエルの言葉や作中の詩のひとつひとつが心に残ります。
『星咲く惑星』は、もう切なくて涙でした。 
和深ゆあな先生の描くお話には透明感みたいなのがあってとても好きです。
重いテーマでも、暗くなりすぎてなく心に入りやすい本なので、ぜひ手にとってみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本belive光の響き

2002/03/21 20:16

あしたのこと、嫌いなんだよね

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 近親相姦によって悪魔の子と疎まれた少女・サリナは、生まれつき両手の小指と薬指がなかった。誰にも愛されずに育ったサリナは、ある日、空から落ちてきた天使のような少年・セイヤと出会う。スカイダイビングをしている彼らを見て、それが悪魔が人間になれる唯一のチャンスかもしれないと感じた。
 本当は誰かに愛されたい孤独な悪魔・サリナ、空っぽで透明な心を持った天使・セイヤ。悪魔と天使の出会いは奇跡を起こす。

 セイヤにすごく惹かれました。セイヤは自分で思ってるほど空っぽじゃない、ただ失うのが怖くて誰も愛さないようになってしまった、そんな感じがしました。
 透明感のある、いい作品です。高い所が苦手なのに、スカイダイビングしてみたい! って気持ちになりました。
 初めて亜美さんの本を読み終わってハッピー・エンド、と心からと思えました。
 亜美さんの本の中で一番好きです。

 解説は、バンド『GREPEVINE』のヴォーカル・田中和将さんです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ファイナル・ブルー 永遠

2002/03/21 04:54

君は死なない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 理由のない死に憧れ、16歳の誕生日に自らの命を絶つことを決めているホタル。誕生日まであと半年、そんな時にシンジが現れた。非合法組織『MEDA』に追われ、警察からもマークされている彼に戸惑いながらも惹かれていく。しかし、シンジがMEDAに追われている理由、それはホタルにとって衝撃の事実だった。
 16歳を迎えたホタルは死ぬ? それとも生きる?

 自分はからっぽ、そう思ったことありますか。ある日突然、自分が理由ない死を遂げたら周りはどう思うだろう?
 正直、考えたことあります。ビックリするほど共感しました。
 徹の不器用ながらもの妹へのサービスには泣けます。シンジのホタルの前で見せる頼りない子供のような姿がいいですね。
 本には書かれてないその後、すごく気になります。2人が無事再会できてると嬉しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

French kiss

2002/03/21 02:32

誰かがあなたを探してる。きっと、そう。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ガラスのように透明で切なく痛い詩、残酷なくらい鮮やかな色彩、少女と大人の2つの顔を持つ被写体。全てが目・心に焼き付きます。
 詩の中では、『僕を探して』が一番好きでした。切ないけど、心が暖かくなるような。『僕を探して』と『wherever you are』、リンクされてるみたいで、くらべて読むとおもしろいです。
 これまでの亜美さんの作品の表紙になっていたのと同じ舞台の写真もいくつかあります。
 亜美さんの書く文章にはやっぱり実花さんの撮る写真が一番合ってるな、というのを再び痛感しました。
 桜井亜美、初の詩集。ぜひ、手にとって欲しい1冊です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あなたと空を見たい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ——青い青いガラス玉のような惑星『オーナ』、そしてカイの父親の命をも奪った海でできた美しい星。父と同じ宇宙飛行士になったカイ。しかし、初めての宇宙飛行でカイを乗せた宇宙船はオーナに不時着する。未知の惑星で見た物は、上半身が人間、下半身が魚の姿をした少女。それは美しい『人魚』だった。
 ——空はどこまで続いてるの? 海はどこまで続いてるの? 空と海の終わりはあるの? みんなに変わり者と言われながらも、空に恋する少女アーレリア。美しい魚の姿をした姉たちと違って醜い姿で生まれてきた自分が嫌だった。そんなアーレリアを彼は美しいと言った。空から来たという、アーレリアと同じ2つの腕を持った不思議な人、カイ。

 美しすぎる星で出会った儚げな人魚に心惹かれるカイ、空に行きたいアーレリア、切なく痛いピュアストーリー。すごく衝撃的な結末でした。オススメです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヴァージン・エクササイズ

2002/03/21 03:38

あなたの中にもミユウはいる…?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ミユウは、18歳までにヴァージン・ブレイクしたい女子高生。そんなミユウが初めての相手に選んだのは、トウグウジ。今まで500人ナンパして寝て、その度に写真をとって、それをコレクションとする男。女扱いがうまくて後腐れしなさそうな、『一度きり』にはもっとも最適な人物。
 しかし、いつしかミユウの中に、『500人の中の1人で終わりたくない』という心が芽生え始めた。
 絶対傷つかないばずだったのに、どうして…?

 早く大人になりたいと背伸びするミユウ。
 結局、バージン・ブレイクしただけでは心まで大人になれなかったミユウ。
 初めての真実の恋に苦しみ、傷つき、嫉妬し、子供みたいな感情を剥き出しにする。
 でも、きっとそうすることで、人ってだんだん大人に近づいて行くんだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本幸せにしてあげます

2002/07/07 02:44

先生は誘拐犯…?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大沢俊行は親友の中山類が隣のクラスの二階堂真弓と恋人同士になった事が気に入らない。
そんな時、桜沢学園最強にして最凶の雄鶏・みどりさんが誘拐され、類のもとに「返して貰いたければ二階堂真弓と別れろ」と脅迫状が届いた。
類に泣きつかれた大沢は、みどりさん誘拐の犯人を捜すことを約束する。
二階堂に熱い視線を送っていた古典教師の篠原瑛を疑い、自宅に乗り込む。そこで見たものは…。

やっぱり前作に続き、無理矢理…な展開です(笑)。幸せになろうねの続編ですが、この本から読んでも問題ないです。
篠原のぬけてるようなところがすごくいいです。
『チビ』好きでクールな大沢もカッコイイ。男泣きに胸キュン(笑)。
3カップルの中で一番好きな2人です♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マスカレードの長い夜

2002/06/27 17:56

神を敵にまわしても遂げたい愛

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

エーヴァ神に声を捧げた少女、ノーマ。10年の沈黙の行の末、聖像画家の弟子入りを許されるまであと2ヶ月足らずとなった。
しかし、エーヴァ神に似た神学生・フォルカと出逢った事でその心は揺らぎ始めた。
聖なる愛を描いた中世の物語。
愛憎から巻き起こった事件の結末は…。

貴族のフォルカと、養育院で育ったノーマとの身分違いの恋。好意でやった事でも貴族である故に裏目に出てしまう。
自分を犠牲にしても、お互いを庇う2人。痛いくらい切ないです。
そして後半は、本当の意味で痛いです…。そこまでしなくても〜と思っちゃいました。
でも、読み終わりはホッとしました。
切ない純愛ものが好きな方にオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本琥珀色の迷宮

2002/06/24 17:13

一番好きな人を信用できなくて、誰を信用できるっていうんだ?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

考古学研究部員の市東空は学園祭の劇のヒロインに選ばれてしまう。相手役は天王寺甲斐。
進展しない甲斐との関係に悩んでいた空のもとに、劇の上演中止の強迫状が送られてきた。
同じ頃、兄・陸も悩んでいた。ようやく恋人同士に戻れた陸と義隆。
しかし、大企業の後継者である彼にとって、自分の存在はマイナスにしかならないのではと思い悩んでいた。
そんな矢先に義隆が失踪してしまう。
大学生(御曹司・元族)×花屋の店長(元族)&学園のプリンス×気の強い子猫ちゃん、シリーズ2作目。

仙道先生の本ではこのシリーズが一番好きです。
陸も空も前作以上に悩んでます。
ようやく進めると思いきや、おあずけをくらう甲斐が可哀想な本です(笑) 。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本君をつつむ光

2002/06/24 16:13

美麗は、どうして俺を産んでくれたの?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

高校3年生の輝の母は、実力派女優・藤沢美麗。
母親としては最悪だが、輝にとっては世界でたった一人の大切な家族。
そんな美麗が突然、結婚記者会見! 相手は29歳の青年実業家・向坂騎龍。
強引で偉そうな義父に輝は何かと反発するが、それすらも大人の余裕でかわされてしまう。
でも、大嫌いなやつなのになぜか自分に向けられる優しい笑顔が気になってしかたない。

恋愛要素よりも、家族愛が主な感じです。あ、ちゃんと義父と息子の恋愛もあります。
美麗と騎龍の輝に向ける優しさが暖かくてよかったです。
もうちょっと騎龍に甲斐性があれば…(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヴァーミリオン

2002/03/21 17:11

あなたのいない世界で生きる意味なんてない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 鮎美はクライアントの少年、スバルと恋に落ちてしまう。それはサイコセラピストとして許されない事。スバルの周囲で薬物を使用した不審死が起こる。スバルの心に触れるたびに、アユミの中のサイコセラピストとして守りたいという心が崩れていく。
 自分を止められないスバル、そんな彼を守りたいアユミ。
 愛してるのに、守りたいのに、幸せにしたいと思ってるのにお互いを傷つけ合ってしまう、哀しすぎる過去を背負った2人を描いた恋愛小説。

 お互いの全て自分のものだと感じたくて縋り合うアユミとスバル。2人の強い絆は、ピュアで痛いくらい切ないです。
 スバルのアユミへの最後のメッセージには、誰もが衝撃を受けたと思います。
 でも、ある一節を読んだ時、若くても成人でも罪は罪。そう思ってしまう自分がいました。
 みなさんはこの本を読んでどう感じるでしょう。
 今回から表紙は、表紙モデルの募集によりMAOさんになりました。前モデルの麻実さんが見れないのはちょっと寂しいかなって思います。
 解説は作家の田口ランディ先生です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本Alones

2002/03/21 01:50

自分を貫きたい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 勉強ができることをアイデンティティにして、クールで秀才な優等生の仮面をかぶった紫堂泉。
 大学受験を控えてる泉だが、初めて心から愛した人に失恋したことがダメージで、唯一の存在主張だった勉強に手が着かない。
 そんな時、クラスメイトの菊池が自殺により、これまでの平穏な生活が壊れ始めた。
 愛、嫉妬、裏切り、孤独、劣等感、いろんな感情の中から泉は大切なことを見つける。

 失恋の痛手、菊池の純愛、幼馴染の貴洋への裏切り、カイへの愛情でもなく友情でもない感情。高校生活の終盤に起こったいろんな出来事から、自分らしさを見つける泉が読みどころです。
 もっとも亜美さんの本の中で、感情移入しやすい作品だと思います。
 解説は漫画家の江川達也先生です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

転校生

2002/03/20 00:26

2つの愛のカタチ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

■贖罪■ 人としてのモラルに反している! ゲイに対して否定的な修平。この固定観念が罪の始まりだった。隠し事をされた事で、修平は親友の朋彰とケンカしてしまう。謝罪をしようと朋彰を捜す修平は、信じられないものを見た。朋彰は同学年の男、吉野とキスしていた…。

■水曜日の恋人■ 朋彰、お願いだからぼくを見て。江藤から、届かない想い人の幻影を見る朋彰。身代わりとわかっていながらも愛されたい江藤。恋人同士の2人の話。

□転校生□ 健太はある人物のせいで悪評がつき、寂しい高校生活を送っていた。転校をきっかけに明るい学園生活を送る事を決心した健太だったが、新しい学校には悪評の元凶『上条雅史』がいた。

□続・転校生□ 糸井達に乗せられみんなで真夏の海へ旅行することに。雅史と仲直りできて有頂天の健太だったが、なぜかまた雅也から避けられるようになって…。

 まったく正反対の2つのストーリーが楽しめる本です。贖罪、かなり痛い。胸が締めつけられます。修平が全て悪い、とは言い切れないですよね。彼には幸せになってほしいです。転校生の方はすごく甘くなってます。健太と雅史、とても微笑ましい関係です。贖罪のメイン以外の登場人物は、同社発行のロマンスの震源地シリーズにも登場しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

26 件中 1 件~ 15 件を表示