サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. コマドリさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

コマドリさんのレビュー一覧

投稿者:コマドリ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本センセイの鞄

2002/03/20 21:40

通勤電車で読んではいけない!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 誰かがどこかで書いていましたが、会社帰りの電車に乗っている男は100人中100人が「あーー、一発ヌキたい…」と思っているそうです。女はどうかといえば、100人中100人が「あー、癒されたい…」のではないでしょうか。「癒し」って最近はうさんくさいだけの言葉ですが、例えば足の裏を揉んでほしいとか、美容院で髪の毛洗ってほしいな、とかそんなレベルのことです。で、「先生の鞄」ですが、そんな女性が帰りの電車で読むには最適の本、といえましょう。

一. まず、紙が厚めでざらざらしてて気持ちいい。この触感で「癒される」。そして頁をめくりやすい。文庫本のツルツルの薄い紙をめくることさえ、面倒な貴女には最適である。

二. 目に優しい。字詰めや行間が適度にゆったりとしていてグー。

三. 飲食シーンが多い。食欲をそそられる。これを読んだら、ワイン好きの貴女も思わず熱燗に手がのびることでしょう。

四. …中身ですが、ゆるい波が漂う、ここちよい「おとぎ話」です。そう、恋の駆け引きに疲れた人なんかが読んだら羨ましくて泣いちゃうと思います。実際、物語の最後はちょっぴり泣けます。これもドライアイにじんわり効く程度の心地よい涙です。

四つで終わるのは縁起悪いようですが、以上。この本は通勤の電車で読んではいけません。ホワーンとしてしまうから。私も電車を降りなきゃならないことに気付いて、何度か舌打ちしました。

 個人的には「センセイ」の奥さんが私は好きです。たぶん川上弘美ファンのなかには不満を抱くかたもいるかと思いますが、ともかく読後の癒され加減は、クイックマッサージを15分やるよりはずっと上。同じ値段を払うなら、こちらのほうが断然お得だと思うのです。
 ちなみに、これを読んでおじさんが希望を抱いているという噂も聞きましたが、それは違うだろー、とツッコミを入れたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示