サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ナリティさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

ナリティさんのレビュー一覧

投稿者:ナリティ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本夜の樹

2002/03/20 23:23

映画と『夜の樹』

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 リュックベッソン監督の映画『レオン』を見たことがある人は多いだろう。ジャン・レノ扮するレオンは、美しくもどこか危うい少女、マチルダと行動をともにし、彼女のために命を失ってしまう。映画の中で、彼ら2人が立ち寄る喫茶店がある。その名を「ミリアム」という。
 カポーティ珠玉の短編集『夜の樹』で最初に収められているのが「ミリアム」である。夫に先立たれた老婦人の前に現れる、美しく、現世離れした少女ミリアム。ミリアムによって、寄りべのない老婦人はじわじわと追い詰められていく。その孤独、焦りをヴィヴィッドにカポーティは描き出す。
 『夜の樹』はどの作品を読んでも、まるで映画を見たかのように、映像をまぶたの裏に焼き付けてくれる、稀有な短編集だ。『レオン』に「ミリアム」が使われたのも、あながち偶然ではないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本幽霊たち

2002/03/21 00:00

たちの悪い幽霊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 タイトルからして、なにか変じゃありませんか?
幽霊たちって、わざわざたちをつける必要がある
のかなあ。ねこたちって日本語にしたら、英語のテスト
だったらたぶん三角ですよね?
 なんて、表紙を見るだけでいろいろと考えてしまっているけど、何を隠そうこの本は、主人公があれやこれやと想像を巡らせつづける、はっきりいってしまえばただそれだけの話なのです!それのどこがおもしろいかって?おもしろいんですよ、まるで人の頭の中をのぞいているような感じです。
 私立探偵のブルーは、依頼人ホワイトから、ブラックという男を見張るように依頼されます。しかし、いくら見張れど何も起こらない。ブルーがブラックに、ホワイトに対してめぐらす推測、ふくらんでいく空想。そういった細部にすごくリアリティがあって、あっという間に読み進めます。事件は起こらないんですけど。そして、衝撃的というか拍子抜けのラスト。とぼけた味わいとはぐらかされた肩透かし感。 
本当にたちの悪い幽霊です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示