サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Kビーンさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

Kビーンさんのレビュー一覧

投稿者:Kビーン

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本愛と幻想のファシズム 上

2002/07/26 16:06

間違いなく村上龍らしい作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これまで村上氏が作品で訴えてきたことのすべてがこの小説に詰まっている。この小説以前のことも、小説以後の作品もすべて、この小説を読んでいれば自然と納得するだろう。
今、村上氏は日本・経済についての思索を深めているが、その原点は間違いなくこの作品だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本69 sixty nine

2002/07/26 16:02

最高の青春

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

青春小説というと、どこか奇麗事ばかりで暗いという印象が強いが、この小説はそれらとは違い、生き生きとした感じを受けた。
特に印象的なのは、「というのはうそで」というフレーズと大文字。
眼でも楽しく、読んでも楽しい一作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示