サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ヒメさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

ヒメさんのレビュー一覧

投稿者:ヒメ

4 件中 1 件~ 4 件を表示

放課後にKissをする

2002/07/07 03:10

…キスしていい?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『放課後は愛がいっぱい』の続編です。これだけでも楽しめると思うけど、前作を読んでからのほうが2倍楽しめると思います。

前作で波乱万丈の後、やっと両思いになった優希と瀬奈のその後が、本書。優希は相変わらずやさしいし素直だしガンバリやさんだし、んもう、文句ナシのカワイイ奴! 対する瀬奈も、一見イマドキ風だけど、実はちょっと不器用で、でもやさしいところがいい感じなのです。見た目はちょっとデコボコだけど、実はラブラブだし。今回は、優希への恋を自覚してる瀬奈のやきもちが、いいですね〜。見てて、カワイイ(笑)。なんだかんだ言って、優希も実はかわいくてモテそうな感じだし、なのに本人はそんなこと思っても見ないだろうし…瀬奈も心配なんだろうなあ。前巻から、瀬奈と優希の恋愛を知ってるけど快く思ってなかった瀬奈の友達小暮が、今回も優希につらく当たります。でも、読んでいくうちに…うーん、これが優希マジック!? 読んでて優希のやさしさがとても気持ちいい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夏の感触

2002/07/01 18:51

振った相手と2人3脚でペアなんて!?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

んも〜、設定からしておいしすぎ! 主人公・友が、過去に振ったことのある生徒会長・志保と体育祭の二人三脚のペアを組むことになってしまって…。そこから話がどんどん膨らんでいくんですが、さすがは斑鳩先生!! 友はさりげなくモテモテだし(笑)、相手の生徒会長(本当に生徒会長が好きなんですねえ、作者…)は、美形だわ言葉使いは丁寧だわで、かなりツボに来ちゃいました。友は、かわいくて一生懸命で読んでて好感が持てます。それに、ムフフなのが、友の友人の宇田川くん。彼ってば、あからさまに友のことが好きですよね(笑)。友はそれに全く気がついてないけど、友にラブラブの生徒会長の志保は、もちろんそんな宇田川の気持ちを知っててヤキモキしてる様子。そこらへんが、かなりいい感じです! 宇田川君もナイスキャラだし! よくあるパターンだとか、二人三脚に練習いるの〜!?とか、細かいことは気にならないくらい、読んでて面白かったです。さわやかに読めたのがヨカッタです♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本甘い断罪

2002/07/07 05:44

これは贖罪…?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

明るくて元気なお話が多い鹿住先生には珍しく、シリアス系の作品。しかも、登場人物は社会人で、年齢も高め。つまり大人がする、大人なレンアイって感じでしょうか。

条件をのむ代わりに、体を要求なんて展開からして、かなりキチクな内容かと思ったら、意外にもそうでもなかったです。多分、ムリヤリ関係を迫った秋吉が、いかにも実は俊哉が好き!!って感じだったからですね。普通こういう場合の攻めって、めっちゃ乱暴じゃないですか。それが、秋吉の場合、そうじゃないんですよね。やることはやってるけど、でも俊哉の気持ちとか、ちゃんと考えてそうな感じでやってますし。第一、俊哉からして秋吉のこと、もともと好きそうな感じだし…。読んでてなんとなく両思いのカップルっぽく思えてしまうんですよねえ。だから、一応ムリヤリ…ってことになってるけど、あんまり、「ヒドイ!」「なんてキチクな!!」って気分にならなかったのかも。どうせなら、設定をいかしてもっとどん底にしても良かったと思いますが、そこは鹿住センセイの趣味なのかな? 結局途中で思いが通じ合ってからは、信じられないほどラブラブカップルになっちゃったし。今回は設定が少々ご都合主義なところがアリ。男同士で、償う代わりに抱かせろっていうとこから、もうすでにありえな〜い!!って感じだから、それもしょうがないか(笑)。個人的には、ラブラブなのかキチクなのか、どうせならハッキリして欲しかったな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

幸せにしてアゲル

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この話、実はくりこ姫先生が昔に書いた話だそうで。だからかどうかわからないけど、いつもより面白くなかった…しーん。イマイチ深みがないんです。いつもはスキって気持ちがジーンって伝わる作風なんだけど、本書はノリで書かれてる感があって。話的にも、いきなり嫁にきて欲しいって言われて、行っちゃうのもなんだかな〜って言う感じ。そこから好きって気持ちが深まるエピソードがどんどん書かれていけば納得出来るんだけど、そうでもないし。オマケにそれぞれの兄弟同士でレンアイがはじまる…。まあ、そういうのもオイシくはあるんだけど、にしてもそれぞれの恋愛が軽すぎ。特に、一応主人公なんだから、将生と忍のカップルは、もっとじっくり書きこんで欲しかったです。カップルが増えて楽しみは増えたけど、その分それぞれのレンアイの深みが消えた気が…。くりこ姫先生らしさはあるけど、作品としての面白さは、んん〜…って感じかもしれません☆

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示