サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. なないろさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

なないろさんのレビュー一覧

投稿者:なないろ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

二都物語 改版 下巻

2003/01/17 21:50

ドラマは急展開

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

上巻でゆっくり紹介されたそれぞれの出来事や人物が下巻では、どんどんつながって急展開していきます。「おぉ〜、こういうふうにつながるのか〜」と驚きの連続。シドニー・カートンの愛の表現には泣かされました。やっぱり、こういう恋愛は文学の普遍のテーマ...。それがまた激しい激しいフランス革命の嵐の中で進行していくのだから、ますますドラマチックなのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

二都物語 改版 上巻

2003/01/17 10:49

フランス革命

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

イギリスとフランスの「二都」を舞台にすすんでいく物語。上巻ではゆっくり、ゆっくり、丁寧に、血なまぐさいフランス革命へむけて、物語のプロローグが進行していく。この前半の進行のゆっくりした丁寧さが余計に不気味を誘う。猛スピードで走り出す前のジェットコースターが最初はゆっくり進むのと同じだ。前半のゆっくりした退屈さを耐え抜けば後半のスリリングでダイナミックなドラマ展開を大いに楽しむことができる。
日本でフランス革命といえば「ベルサイユのばら」をイメージする人が多いだろう。ベルサイユのバラが貴族の視点から描かれているのに対して、この二都物語は庶民の視点からのフランス革命が描かれている。新しい角度からフランス革命の時代のイメージを得ることができるのが、また楽しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示