サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. pu-taro-さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

pu-taro-さんのレビュー一覧

投稿者:pu-taro-

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本チョコレート工場の秘密

2002/04/12 09:37

甘さへの憧れ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 私は小学生の時にこの本に出会いました。主人公の気分になりきって、板チョコレートを片手にこの本を読んでいました。
 本書には夢が詰まっています。夢とともに教訓も詰まっています。甘味というのは人間の憧れでした。これは洋の東西を問うものではないと思います。しかしそのことを今の日本人は忘れてしまっています。本書を読むと食べる感動、憧れという感覚が蘇って来ます。飽食の時代に慣れきって、食べることを当たり前の用に感じている子供達に読んでもらいたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

十人十色

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 著者はアメリカの陪審コンサルタントである。どの人を陪審員にするかを決める仕事だそうで、人を見る目もあるのだろう。本書では、態度、話し方、声の大小、反応などから、人を読む術が紹介されている。なるほど、と思わず頷いてしまう部分も多くあった。実生活の参考になるだろう。
 ただ、この本はアメリカ人がアメリカ人社会で生活する人間の観察から得られた情報を元に書いているのであって、やはり日本人とは微妙にずれるのではないか、と思う部分が数多くあった。とはいえ、興味深い一冊ではあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示