サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. りんばらさんのレビュー一覧

りんばらさんのレビュー一覧

投稿者:りんばら

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本最後の息子

2002/04/09 19:58

埋もれちゃ駄目

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ひとを見る目が冷たくひねくれていて、それ以上に優しい。この作品に限らずその目線は一貫していると思う。ひとの行動ばっかりに目がいって毒を吐いたりしてみるけども、そんな自分にも嫌気がさしてるようなひとに読んで欲しい。会話の面白さには映像が浮かんで映画でも見てみたいです。名前の地味さに埋もれてしまわないで欲しい。もっともっと読みたいです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

Go

2002/06/16 05:17

読んでるひとを意識してないやつ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

●●であること
ここに「在日」に限らずどんな自分の要素を入れても
この物語は成り立つと思う。
コンプレックスは武器になりチャームになる
でも主人公はそれを体言してるわけではない
むしろそんなことにも気付かずに走っている。
いとおしさを感じる。

自分を愛せない人は
愛せないことをも武器にしてみればいい
何もできない人は
何もできないことに自信過剰になればいい
世の中が決める優劣は
自分の本当の役には立たない

そう思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示