サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. すぎやまあつしさんのレビュー一覧

すぎやまあつしさんのレビュー一覧

投稿者:すぎやまあつし

8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本人魚と提琴

2008/02/10 23:30

「人魚と提琴 玩具館綺譚」によせて

8人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。



超越性への憧憬と反発とが私の評論の核といってよいだろう。
そういう意味では私の意識は、フランス小ロマン派の根底論理となんら変わることはない。私がキリスト教的意匠の絶対性に惹かれつつも、結局のところ反発に回帰するのは、つまるところ、二元論的発想への嫌悪に由来する。善悪の区切りが明示されて解決されるようなおめでたい発想に本質的な救済はおよばないと信じている。自意識すら懐疑の対象でしかない。今、これを書いている私自身が一番いかがわしいのだ。文学の本質は反社会性だろう。所詮はひかれ者の小唄でしかない。夜の論理でしか動き得ないものだ。いわゆる小市民的な価値観にとどまる人種には理解しえないものでしかない。私自身の本質は、ジャンル論にはまったく興味がないが、敢えていうなら幻想文学であろうか。明示化および分析を拒む不可知なものを直視する感覚。幻想文学の根底となる論理ではないだろうか。「人魚と提琴 玩具館綺譚」は、その本質において、まごうことない幻想文学であり、かつまた、作者の蓄積されたエッセンスを一挙に味わうことのできる秀作である。
「黒死館殺人事件」が作者小栗虫太郎の美意識そのものが投影されているのと同じように「人魚と提琴 玩具館綺譚」においてもそれは踏襲されている。作者石神茉莉氏の感受性そのものが形象化されている。いわゆるゴス的な怪奇的な要素と宝石などに仮託される無垢なる要素。そして、物語の根幹となるキャロル「鏡の国のアリス」との交錯や妖怪としての人魚伝説の組み込みなど、作者の内世界そのものがきわめて、美的に定位されているのだ。古典的ともいえる物語の筋立てではあるが、ぐいぐい読み手をひきこんでいくのは、まちがいなく、作品の力によるものだ。この作品の魅力は、私は〈混沌〉への直視があるように思う、二元論を超えんとするもの。その論理の追求の部分に、私はまず惹かれるのだ。光にも闇にも属し得ない中間性に支えられることでこの物語は成立している。
黄昏の物語といってもよいのかもしれない。そうした裂け目のようなものに惹かれる者たちに用意された小説のようにも思う。いずれにせよ、今後の著者の歩みに期待する。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本モービー・ディック航海記

2005/05/29 19:19

内なる海の航海記

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

淡さを中心にした美しい水彩画に彩られた物語。
クジラ型潜水艦に乗って、各地を遍歴する老人は、
最終的に自らの過去とむかいあってゆく。
これまでのたむらしげる作品において、
作中人物が、今いる世界にどのようにしていきついたのか
はっきりと扱われることはなかった。
たとえば、「クジラの跳躍」における、老人のガラスの海
到達の理由については、部分的な回想のみではっきりと
明らかにされることはない。
本書においては、いままでは曖昧にされていた作中人物の別世界転出の
理由が明らかにされている。
<死>を経たうえでの<再生>という形でそれは示される。
どちらかといえば、宗教性を強く感じさせる内容になっている。
こうした点においても、作者の新境地を感じさせる部分があり、
興味深いものとなっている。
クジラ型潜水艦を育成する部分も独特の魅力を内包している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本音迷宮

2010/08/05 10:39

世界(=虚構)に酔うということ。

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。


既知のものが意外な角度から語りなおされることで、まったくしられていない側面、要素を示すとき、人は《驚き》をおぼえる。短編集「音迷宮」を貫く感情は、《驚き》である。この《驚き》という言葉に含まれる要素は、《恐れ》が中心となるが、この《恐れ》という方向性それ自体が、いわゆる《憧れ》と根を同じくするものである。未知なる存在への感情の発露という形でまとめられる。
この短編集の基調をなすのは出会いだ。ただし出会う相手が向こう側の住人なので、現世にある作中人物にとって好ましいことかどうかはわからない。
なんにせよ妖かしのものとの出会いからすべての物語は発現する。
異化された形で示される作品世界は、たとえるならば、カクテルのようなものだろう。
オリジナルに対し、作家によってたされるエッセンスによって、新たなものが生み出されるという。そう考えると、この短編集の受け取りかたにふさわしいのは《酔う》ことではないか。ひきだされる世界の怪しさに酔うことだ。ただし心地よさだけではないことは覚悟がいる。酒は飲めない私だが虚構に酔うことは許されている。かなり強い酒のようなので深酒には注意したいが。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本物語の娘 宗瑛を探して

2005/06/04 13:55

知られざる才媛をめぐって

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

快挙といってよいだろう。
「灯火節」発刊による、片山広子再評価の機運が高まる中、
川村湊氏による、片山広子の娘、宗瑛の作品および評伝を
現在、望み得る最高の状態で記述を行ったのが、本書である。
堀の初期作品における重要な主題「片山親子とのロマネスクな関係」
について、川村氏は、物語を構築することで作家として再生を果たす堀という
読み方を行う。これには、眼を開かされた思いがある。私自身は、江藤淳の
堀批判の延長線上に堀をとらえていたので、川村氏の江藤淳批判は、非常に
新鮮だった。本書における、堀文学の評価と片山親子と堀の関係の整理は、
現在、本書が最も詳細かつ妥当な評価をおこなっている。
他方、弱点もある。まず、芥川作品の読みの浅さ。おそらく、川村氏は、芥川の
晩年の作品群のみに着眼しすぎている。初期以来の作品の流れがあるうえで読みを
構築していないのは明らかだ。そして、キリスト教と芥川の関わりからの退避。
「西方の人」などの晩年の芥川の宗教性との関わりについて触れずに、その死をまとめるのは、少々乱暴だろう。むしろそうしたものにどのような接近をおこなっていったのかを考える必要があるだろう。そして、堀の「菜穂子」の評価についても疑問を感じさせる。家と結婚の問題だけでは「菜穂子」の世界は解決しない。そこには、モーリアック「テレーズデスケルー」の影がある。人間の「悪」の問題。これについて川村氏は全く触れていない。三島由紀夫「小説家の休暇」や遠藤周作「私の愛した小説」などの指摘について、触れることなく、「菜穂子」の世界についてまとめるのは危険すぎる。そこには、堀における「西と東」の問題もはっきりとあるはずなのに。
ただ、上記のような問題は部分的なものでしかない。
宗瑛をめぐる川村氏の筆致は、絶えず情熱をかんじさせる。そして、抜群の読みやすさ。宗瑛の復権にまちがいなく本書は端緒をなした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本水晶山脈

2005/06/12 23:07

美しき鉱物世界

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

数年前、吉祥寺トムズボックスであった展覧会で
展示された作品群を収録した作品集である。
当時もその美しさで鑑賞者を魅了したプリント群を、
しっかりした印刷で美しく再現。
さらには、美しい物語も付されている。
奥行きのある世界観で構成された物語は、
非常に魅力的である。
読後、印象に残ったのは、小ささへの志向ともいうべき
代物であった。手のひらにつつむことのできる世界への憧憬。
そんなものを感じさせる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本灯火節 随筆+小説集

2004/12/03 22:59

才媛の復活

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

芥川の最晩年の精神的な恋人として、
アイルランド文学の翻訳家として、
歌人として。

才媛片山広子の集成が、月曜社から刊行された。
その第一巻が本書である。
散文を中心とした編成となっている。

最大の売り物は、「燈火節」の完全収録だろう。
古書でもかなりの高値の本であり、こうした高価な本であった
としても現在の流通に乗せたということだけでも評価されてよい
と思う。

随筆の内容は、多岐に渡る。
日常的な事柄から翻訳のことまで。
興味がつきないものばかりだ。

芥川研究という観点からみても、芥川が「越し人」として思慕するに
至った片山広子という女性への理解への手引きとなるはずだ。

私自身は、片山広子の仕事は、どちらかといえば「松村みね子」としての
翻訳の仕事になじみがある。ダンセイニ、シング。
アイルランド文学の精力的な翻訳。そして名作「かなしき女王」である。
この本の格調高い訳は絶品である。

今、どれだけの人が「片山広子・松村みね子」の仕事を知るだろう。
本書により、片山広子再評価の声が生まれんことを。



このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最良のガイドとして

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本の前半部に扱われている作品群、モリス、ダンセイニ、エディスン、ピーク、リンゼイなどの作家は、私は高校時代に読みふけった作家ばかりだ。
私も訳者中村融氏と同じように、ファンタジーの同傾向の解説などから知識を深め関連書籍を読み漁っていったくちだ。

それだけに現在のファンタジーブームに一言あるのだ。
正当な流れが意識されていないという不満だ。

そうした意味において本書が提示するファンタジーの流れは、
中村氏がいうように「空白」を埋めるものに他ならない。
いわば、本書は10数年前のファンタジーブームと今のハリポタブームの
空白を埋める「失われた鎖」のようなものだ。

作者リンカーターの情熱は半端ではない。後半の創作技法の段になると
まさに独壇場である。
そして、それだけにカーターの嗜好がはっきり浮かび上がっており非常に
面白い読み物になっている。
「剣と魔法」の言及中心なのは、カーターの作風を考えればやむを得ないだろう。

そして、この本の最大の特徴。
それは、カーターの膨大な勘違いを全て調べ訂正した訳者中村融氏の
割注である。これは本当に頭の下がる仕事である。これは本当に驚かされた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本美妙、消えた。

2005/06/05 10:08

言文一致の祖をめぐって

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これまであまり知られてこなかった、言文一致体の
祖の一人、山田美妙に光をあてたのが、本書である。
内容としては、きわめて正確なものであり、
美妙がいかにしておいこまれていったのかまで、
誠実にとらえている。
しかし、本書には最大の弱点がある。
美妙と逍遙との葛藤について、先行言及した作品について、
一切言及がない。
嵐山氏は確実に参照しているはずである。
不可解な沈黙が本書にはある。
その先行作品は、松本清張の「行者神髄」である。
管見の限り、逍遙の美妙への嫉妬について、明確に
指摘したのは本書のはずである。
恣意的な情報操作を嵐山氏がしているとしたら、
その誠実さという点において疑問をはさまざるを得ない。
有意義な本であるが、上記のような気持ち悪さを含んだ
本でもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8 件中 1 件~ 8 件を表示