サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 茶々屋さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

茶々屋さんのレビュー一覧

投稿者:茶々屋

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本全裸男と柴犬男

2013/05/02 02:46

一般書ではありません。

4人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は一般書ではなく、ライトノベルレーベルからの刊行です。

ライトノベルの定義は多々あると思いますが、ティーンズ向け小説という
レーベルの歴史から見ましても、ホワイトハートはライトノベルレーベルです。
十二国記シリーズが刊行されていた事で勘違いなされたのかもしれませんが
一般向けの講談社文庫とは別のレーベルとなります。

この事は本書の評価とは何の関係もありませんし、
面白い作品を読みたいと思う人には、
ライトノベルか一般書かという区別は必要ないと思いますが、
念のため訂正いたします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本重ねる指先

2002/12/27 17:09

シンデレラストーリーは好きですか?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あらすじ:岸本真弥は二年前に窮地を救ってくれた人に一週間買われた。
     忘れなければならないと思いながら、
     パスケースにはその人の名刺が…
     そしてまた、真弥の身に危険な影が差し始めた時…

雨の日に偶然知り合った人に助けられ、恋をしたものの助けられた事が負い目となって素直になれず別れてしまった記憶を持つ主人公の心情が切なく書かれていて
近頃の花丸にはないシリアスなストーリー展開が面白かったです。
シンデレラストーリー的な側面もあって、かっこいい攻がお好きな方におすすめします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示