サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 天野 慶さんのレビュー一覧

天野 慶さんのレビュー一覧

投稿者:天野 慶

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本短歌のキブン

2003/03/05 20:15

言葉を隠した秘密の場所へ。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ちょっと困った子どもでした。
小学校の帰り道(校区でいちばん遠かったので1時間近くあった)で友達と
一緒なら大丈夫なのです。
問題は委員会やクラブ活動で遅くなったとき。
ひとりで長い道のりを歩いていると、いろんな誘惑が転がっています。
フェンスには咲きかけのバラの蕾、他所の家の庭にある
砂利のまるくてすっべっこい小石、誰かが遊んだあとの散らばったビービー弾。
そんなものたちがきらきら光って、放って置けなくなってしまいます。
で、ついつい持って帰ってしまうわけです。
大人から見たらただのガラクタだというのも、承知している年齢だったので
家には持ちかえらず秘密の場所へ隠しました。
この困ったクセは、だいぶ長いこと続いたように思います。

そして、自転車や電車で通学するようになった頃、今度は別の
ものを拾って歩くようになりました。
言葉です。
ただばらばら並べてうっとりしていたのですが、それにも飽きてきて
綺麗な箱に入れることにしました。31文字の「短歌」という小箱が
ちょうどぴったりの大きさでした。
またもや秘密の場所へ隠しておいて、ときどきちらりと人に見せていたのですが
なかなか評判もよいので、どーんと表に出してみました。
愛すべきイラストと素敵なデザインで、また見違えるほどにきらきらする
ようになりました。

一緒にうっとりと見ていただけたら、幸いです。


   いまはもう団地の底で眠ってる秘密基地には神様がいた


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示