サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 著者:高橋 晃さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

著者:高橋 晃さんのレビュー一覧

投稿者:著者:高橋 晃

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本Webデザイン配色事典

2002/12/20 20:08

作る立場から考えた実用的なサンプル集です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書は、ウェブデザインにおけるカラーリング=色彩設計のためのサンプル集です。アイディアの段階からプランニング、実制作まで、実際につくる立場から考えた実用的な構成となっています。初心者からプロまで幅広い層に満足いただける実用書です。

 配色をプランするとき、テーマカラーから考える方法と、コンセプトのイメージから考える方法があります。本書ではその両方向から、さらにキーワードからも検索できる仕組みになっています。さらに、グラデーションや並列配色、透明感を演出する配色など多色を使う配色も用意しました。

 また、複雑な要素の組み合わせであるサイトデザインにおいて、カラーバリエーションの展開が不可欠です。基本となる配色のトーンの変化を各色2段階づつ例示していますので、プランニングや実制作の際にたいへん便利で使いやすくなっています。

 本書で採用している色相環は「マンセル色相環」や「PCCS色相環」ではなく「HSB16進数色相環」です。「HSB」はPhotoshopなどのコンピュータアプリケーションで最も一般的に使われているカラーシステムで、コンピュータで色を扱う時には合理的で非常に便利なシステムです。たとえば、色相を変えずにトーンの変化をつけたい時にRGBモードでは至難の技ですが、HSBを使えば簡単にしかも論理的に行うことができます。本書ではすべての色見本に16進数コードと同時にHSB値を並記してあります。

 配色サンプルは、アカデミックで典型的な配色や、考えやすい同系色の配色は極力避けて、そのまま使えるユニークな配色ばかりです。さらに、カラーマネジメントの最新技術を用いた印刷により、RGBの色を極めて高い精度で再現しているのも大きな特徴です。

 本書がWebデザインに従事する皆様のよきパートナーとしてお役にたつことを願ってやみません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示