サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 山南さんのレビュー一覧

山南さんのレビュー一覧

投稿者:山南

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本イリーガル・エイリアン

2002/10/19 19:44

ミステリオンリーのファンの人にも−法廷物SFミステリ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 カナダ在住の人気SF作家、ロバート・J・ソウヤーの第9長編で、SFミステリに分類される作品。作者は過去にもSFミステリないしミステリ的要素を持つ作品を著して好評を博している。この本は以下の方におすすめである。
 ・SFファン。必読といってもいい。
 ・ミステリファンで、SFにも多少の興味はあるが何を読んだものか迷っている人。
 ・ミステリファンで、SFはちょっと苦手、という人も騙されたと思ってぜひ。

 冒頭、大西洋に異星人の宇宙船が着水し、ファーストコンタクト(地球外知性体との最初の接触)が成立する。接触は理想的と言ってもいい形で進み、程なくスムーズなコミュニケーションがとれるようになる。トソク族と呼ばれる異星人達が平和的な意図で地球を訪れたこと、母船が損傷を受けていることが知らされ、その交換部品の製造と引き替えに彼らの進んだ技術が提供されることに決まる。彼らは好意的に受け入れられ、地球一周の訪問旅行の後カリフォルニアに落ち着く。しかし、なにもかも順調に見えたのも束の間、彼らの滞在施設内で地球人科学者が惨殺されるという事件が発生、トソク族の一人が容疑者として拘束される。かくして、異星人が被告という前代未聞の裁判が始まる − 。

 「異星人なんているわけない」という信念でも持っていない限り、ここまでの展開は受け入れがたいものではないはずだ。以降の物語は異色の法廷物ミステリとして進む。ミステリ書評のマナーとして詳しくは記せないが、異星人の異様な生態を取り上げて検察側弁護側の駆け引きが展開される。SF的飛躍のほとんどはトソク族の設定に集中されており、それらが重要な証拠として、それも陪審員を意識した形で法廷に提出されるため、SFになじみのない読者にも受け入れやすいと思われる。また、被告が地球の制度に疎い異星人であるため、ミステリになじみのない読者にも理解しやすくなっている。SFとミステリのいいところ取りをした良質の論理パズルを楽しんで欲しい。

 終盤、二転三転のどんでん返しを経て物語はミステリとしてもSFとしても意外な結末へとなだれ込む。ミステリオンリーのファンの人 − この幕切れの後味こそがSF的感動のひとつの典型である。ぜひ読んでみて欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示