サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ようさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

ようさんのレビュー一覧

投稿者:よう

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本最悪

2002/05/09 01:40

最高。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 でかくて、ふてぶてしくて、それでもなぜか憎めない「最悪」な男、有堂。一見鈍そうに見えて、英彦の細かいところまで見ていて。なんだかんだといいながらやっぱりそんな有堂に惚れている英彦がとてもいいです。
 一度別れた恋人のふたり。自分のコンプレックスの元でありながらその強烈な魅力に惹きつけられてやまない英彦の葛藤と、英彦に三下り半を突きつけられてからの有堂の生活。ささいな所で互いがすれ違ってしまって、なかなか素直になれない二人がとてもツボです。
 有堂の素晴しい運と行動力を見てるしか出来ない…という英彦の葛藤がじれったいですが、その気持ちも分かるなぁ…と有堂の姿を見ていると納得させられることも。
 お話的にはもっと続きが読みたいですね。二人のその後とか。最後までただでは済まさない、ラストの大どんでん返しなオチに笑えます。一冊でおなか一杯になれること間違いなし! これを機に、ひちわゆかの世界にはまる事間違いなし!? …って、あまり書評になってないかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示