サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 紀伊国屋書店さんのレビュー一覧

紀伊国屋書店さんのレビュー一覧

投稿者:紀伊国屋書店

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本脳のなかの倫理 脳倫理学序説

2005/12/27 17:55

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

脳倫理学(Neuroethics)とは
「人間の脳を治療することや、脳を強化することの是非を論ずる哲学の一分野」(『ニューヨークタイムス』より)
*****
罪を犯す前の「犯意」でもって逮捕されるSF映画『マイノリティ・リポート』が現実のものとして見えてきた! 記憶を良くする薬の開発、運動能力を高める遺伝子操作、「賢い」脳を創る試みが進行中で、法廷での証人の発言に脳指紋法が使われる——未来はバラ色?それとも悪夢の社会か?
脳のなかの思想や信条を読み取ることも射程に入ってきた現在——脳科学の新時代における倫理と道徳をめぐる問題を、世界を代表する神経科学者ガザニガが考察する。2001年より米国「大統領生命倫理評議会」のメンバーとなって考えてきた著者ならではの迫真の内容で、新しい分野「脳倫理学」が直面する重大な課題を浮き彫りにし、読者へ考える材料を提供する。
*****
<著者紹介>
マイケル・S. ガザニガ(Michael S. Gazzaniga)
ダートマス大学卒業(1961年)、カリフォルニア工科大学心理生物学でPh.D(1964年 )。現在、ダートマス大学のデイヴィッド・T.マクラフリン特別教授で、同大学認知神経科学センター長。2001年より大統領生命倫理評議会のメンバーを務める。米国芸術科学アカデミー会員。米国心理学会の次期会長。左脳と右脳の研究で世界的に知られる。著書に『社会的脳』(邦訳:青土社)、『二つの脳と一つの心』(邦訳:ミネルヴァ書房)、『Cognitive Neurosciences Ⅲ』『The New Cognitive Neurosciences』などがある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

内容紹介&目次

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

自動車、飛行機、蒸気機関車から、ゴルフクラブ、ミルクボトル、テキサス警備隊、ポテト、サボテン、流行歌、デートコース、女性の身体にいたるまで――
1930年代、アメリカ・日本・ナチスドイツ――かっこよくて危うい時代精神を浮き彫りにする比較文化誌

20世紀前半に一世を風靡したデザイン、流線形。スピード化・合理化の時代を象徴するそのイメージは、自動車や機関車にとどまらず、日用品や大衆文化、女性の身体に至るまで感染症さながらに拡大適用されてゆく。本書は、科学/ファッション雑誌等を渉猟し、米国・ドイツ・日本でそれぞれ特徴的に展開した流線形イメージの系譜を比較文化論的に描く。図版170点

原 克:1954年生まれ。早稲田大学教育学部教授(表象文化論・ドイツ文学)。著書に、『暮らしのテクノロジー』(大修館書店)、『ポピュラーサイエンスの時代』(柏書房)、『悪魔の発明と大衆操作』(集英社新書)、『死体の解釈学』(廣済堂出版)など。日本テレビ『世界一受けたい授業』にも出演し、好評を博した。

【目次】

はじめに

第1部 流線形メイド・イン・USA

第1章 プレ流線形時代
国道66号線
感覚的デザインから科学へ
用語「流線形」の登場
イメージ言語への胎動
エッフェル塔と流線形
白バイにはご用心
未来の係数としての流線形
チャーチル、未来を語る
設計技師の見方
取りつけ簡単な流線形フェンダー
クジャクの真似をする鴨
外部と内部の相関性
自然界の流線形モデル
自然から流線形を学ぶべし
形状ではなくメカニズムである
一九三〇年代のカブト虫たち

第2章 一九三〇年代、流線形大衆化時代
エアフロー一九三四年型
流線形の時代
浮遊するドライブ
モダンな記号としての流線形
流線形イメージの大衆化
流線形ゴルフクラブ
流線形マイクとハリウッド女優
流線形ミルクボトル
回転するハリケーン・ハウス
フランク・ロイド・ライトと流線形
目に見えない流線形
高速道路を流線形にする
テキサス警備隊から庭仕事まで
免許証を拝見します
サラリーマンのストレス解消法
流線形スピリット

第3章 流線形シンドローム
流線形ガードル
新素材ラステックスの神話圏
記号としてのファスナー
ロング・トルソの憂鬱
表層の美は内部から
美人コンテストに見入る奇人
優生学の胎動
トゲなしサボテンの悪夢
流線形ポテト
機能美こそファッションだ
優生学的「流線形ファンデーション」
ニューヨーク世界博覧会
『ヴォーグ』一九三九年二月一日号
優良な人間植物としての女性
流線形シンドローム
ガソリンスタンドのおやじさん

第2部 ドイツと日本の流線形

第4章 流線形帝国ナチス
ヒトラーの開会宣言
流線形の母国
共通する語り口
本家争いの表象構造
魔法の長靴
脳天気なハリウッド女優
自然の永遠の法則
有機的シルエットの政治学
「ドイツの技術」イデオロギー
「ドイツの技術」としての流線形
厳格な言語運用という罠
高校教師の憂鬱
ナチス高級官僚の怒り
ショッケン百貨店の危機

第5章 記号の帝国ニッポン
北原白秋の矜持
大正一四年の流線形
共通する語り口
のようなもの
悠長なものである
緑風薫るデビュー
満鉄「亜細亜号」の号砲
小説『亜細亜の曙』
「であること」と「すること」
お上りさんの美意識
昭和九年、流線形シンドロームの時代
夢野久作の怪奇世界
高校教師、苦渋の真意
記号の帝国
科学時代の迷信
春の麗人を装ふ
流線型アベツク
若き伍長は居眠りぬ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ラカンはこう読め!

2007/12/13 10:51

内容紹介&目次

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ついにジジェクが書いた!
現代思想界の奇才による、最良のラカン入門

死後25年経った今もなお現代思想の最前線で参照され続けるラカン――本書は、現代を代表する知性のひとりジジェクによるラカン入門。映画や文学、現代政治のエピソードから誰もが出会う日常的な体験まで縦横無尽に論じながら、具体的な事象を「ラカンとともに読む」語り口は、まさにジジェクの面目躍如。難解なラカン思想を軽やかに解きほぐす一冊である。

スラヴォイ・ジジェク:1949年、スロヴェニアのリュブリアナ生まれ。哲学者・精神分析学者。ロンドン大学バークベック・コレッジ人文科学高等研究センターの国際ディレクター。著書に『斜めから見る』(青土社)、『イデオロギーの崇高な対象』(河出書房新社)、『否定的なもののもとへの滞留』(ちくま学芸文庫)、『人権と国家』(集英社新書)など多数。

【目次】

死の前に生はあるか――日本語版への序文
はじめに

1 空疎な身ぶりと遂行文――CIAの陰謀に立ち向かうラカン
2 相互受動的な主体――マニ車を回すラカン
3 〈汝何を欲するか〉から幻想へ――『アイズ・ワイド・シャット』を観るラカン
4 〈現実界〉をめぐる厄介な問題――『エイリアン』を観るラカン
5 自我理想と超自我――『カサブランカ』を観るラカン
6 「神は死んだが、死んだことを知らない」――ボボークと遊ぶラカン
7 政治のひねくれた主体――モハンマド・ボウイェリを読むラカン

原註
訳註
年譜
読書ガイド
訳者あとがき
索引

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示