サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 以文社さんのレビュー一覧

以文社さんのレビュー一覧

投稿者:以文社

3 件中 1 件~ 3 件を表示

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

好評を博した『「テロとの戦争」とは何か』に新論文・エッセイを加えた新装決定版。
世界を震撼させた「同時多発テロ」からすでに五年。この事件を境に世界秩序の編成は大幅に変化した。かつて戦争は国家間の戦争を意味したが、「テロとの戦争」は、軍事的対象を国家から人民に変えた。そのことが世界の秩序編成に何をもたらそうとしているのか? 『戦争論』の著者が世界史的な視野からこの問題に応える。
***
西谷修(にしたにおさむ)
1950年愛知県生まれ.東京大学法学部卒業,パリ第Ⅷ大学留学.明治学院大学(フランス文学)を経て,現在,東京外国語大学大学院教授.
著書:『戦争論』講談社学術文庫,『離脱と移動』せりか書房,『世界史の臨界』岩波書店,『新版不死のワンダーランド』青土社ほか
共著:『アメリカ・宗教・戦争』(宇野邦一,鵜飼哲)せりか書房,『増補〈世界史〉の解体』(酒井直樹)以文社ほか
訳書:M・ブランショ『明かしえぬ共同体』ちくま学芸文庫,E・レヴィナス『実存から実存者へ』,P・ルジャンドル『ドグマ人類学総説』
平凡社,J‐L・ナンシー『侵入者』(訳編)『無為の共同体』(共訳)ともに以文社ほか.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本あなたはひとりではない

2006/10/13 11:01

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

青山学院大学名誉教授にして、キルケゴール学者である著者による「人間の情報倫理学」。情報社会を生き抜くための「知恵」がここにある。
***
【目次】
***
あ あるからあるのではない
か 快適な空間で見る悲惨な映像
さ 支えあい支えあう
た 種まきには適期がある
な ナンシーが今日くる
は〈初恋〉談義
ま〈孫〉セラピーの可能性
や やっかみは深化する
ら ライ麦畑のサンタ
わ わがままを超えて
ん 「ん」と考えよう
***
小原信(おはら・しん)
1936年神戸生まれ.国際基督教大学教養学部,東京大学大学院を経て,Yale大学大学院修了.キルケゴール研究によりPh.D(哲学博士)取得.青山学院大学名誉教授.専門分野:倫理学,情報倫理学,生命倫理学.
著書に『状況倫理の可能性』中公叢書,『倫理私想:あたりまえの再定義』以文社,『ファンタジーの発想』新潮選書,『ビューティフル・デス:有終の倫理学』中公叢書,『内村鑑三の生涯』PHP文庫,『ホスピス』ちくま新書,『いのちの継承』信教新書,『iモード社会の〈われとわれわれ〉』中公叢書など.先行する『あかさたなI:哲学的散文詩』以文社,は好評発売中.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

視覚の近代の成立に決定的な役割を果たした〈観察者の誕生〉。本書はこの誕生の諸相をさまざまな視覚器具、絵画、人間諸科学の大胆かつ繊細な分析をとおして明らかにします。この観察者の問題は、身体が社会的、リピドー的、テクノロジー的な装置の一要素にどのように組み込まれようとしているかという、視覚文化の根本的に迫る記念碑的名著です。
***
著者:ジョナサン・クレーリー
コロンビア大学教授,プリンストン大学建築科客員教授.『知覚の宙吊り』という大著が今年刊行された。
訳者:遠藤知巳
1965年大阪生まれ.東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学,現在,日本女子大学人間社会学部助教授.
***
目次
第1章 近代と観察者の問題
第2章 カメラ・オブスキュラとその主体
第3章 主観的視覚と五感の分離
第4章 観察者の技法
第5章 視覚的=幻視的(ヴィジョナリー)抽象化

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示