サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 青谷正妥さんのレビュー一覧

青谷正妥さんのレビュー一覧

投稿者:青谷正妥

1 件中 1 件~ 1 件を表示

著者からのコメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 英語の二文字をタイトルに入れさえすれば売れるという現象に後押しされて、巷には英語学習書やいわゆるハウツー本があふれていますが、ここに2つの問題があるのです。まず1つ目は、英語好きや英語のプロの書いた本が多過ぎること。英語が大好きな人は学習そのものが楽しくてしかたがないわけですし、プロの人や英語のプロを目指す人は時間に糸目をつけずに英語漬けともいうべき学習法を実行しているわけですので、「効率の追求」という概念や「嫌な英語でもなんとかモノにする」という感覚が完全に抜け落ちています。僕などは、もともと英語が嫌いなものですから、「英語はこんなに楽しいよ。毎週Time誌を隅から隅まで読みつくして語彙を増やしましょう」なんて言われただけで、ぞっとしますし完全にしらけてしまいます。2つ目の問題は、カジュアルな会話や商談で少々使える程度の英語力養成にしか役立たない方法論が多すぎることです。筆者がアマチュアでも、それ自体は一向にかまわないと思いますが、本人の英語力が乏しかったり目指しているところがカジュアルな会話などでは、グローバリゼーション時代の要求には対応しきれません。21世紀に要求される英語力は日本人には想像もつかないほど高いものなのです。
 この状況を打破するには英語力のある「元英語嫌い」が書いた本、効率追求型だが単なる旅行者レベルの会話ではなく、外交や研究などにでも使用できる高いレベルの英語力を目指す本が必要です。京都大学で英語の講義を担当していた僕は、効率的な勉強法で本物の英語力を目指す学生さんのための適当な教科書や手引書探しに四苦八苦していました。そこで、大阪の朝日カルチャーセンターで英語力養成講座「英語に勝つ。英語で勝つ。」を担当する機会に恵まれたのをきっかけに、本書の執筆を思い立ったのです。
ここに書かれているのは、学生さんに高い英語力を効率よく身につけてもらうために、僕が30年かかってたどり着いた方法です。そういう意味で、これは英語力をつけるための「英語の勉強力」をつける本なのです。魔法のように短期間でできる方法はありませんが、限られた時間を真に有効に使うために、本書を利用してください。やり方は詳しく説明してあります。後はあなたの努力と根気しだいです。ある程度できるようになれば、興味も出てきますよ。僕がこの本を書くのを楽しんだのと同じくらい、読者の皆さんが楽しく読んでくださると大変うれしいですが、ハウツー本ですので、読むだけでなくぜひご自分でお試しになってください。
僕は英語教育学者ではありませんので、この本は基本的には人に教えてもらったり、本や論文で読んだりした方法のうち、実際に試して役立ったものや学生さんを指導してゆくなかで、有効であるとわかったものの集積です。僕自身は、自分を正しく効率のよい英語学習法の「語り部」であると考えています。「語り部」の膨大なデータベースを、理解・消化しやすい形で提供しているつもりですので、どうぞご利用ください。
なお、本書は教典ではありません。一字一句違えず、書いてあることをそのまま忠実に実行していただく必要などまったくありませんので、自分にあった勉強法を見つける旅への出発点として、またひとつの雛形としてこの本を位置づけていただきたいと願っています。
 僕は英語学習者の常備薬にしていただくくらいの高い志で書いたのですが、さて……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示