サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 作品社さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

作品社さんのレビュー一覧

投稿者:作品社

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本野村胡堂伝奇幻想小説集成

2009/05/27 18:18

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「銭形平次」の生みの親・野村胡堂による、入手困難の幻想譚・伝奇小説を一挙集成。事件、陰謀、推理、怪奇、妖異、活劇恋愛……昭和日本を代表するエンタテインメント文芸の精髄。【限定1000部、新字・新かな】

【内容目次】
「奇談クラブ」 第四の場合/左京の恋/鍵/枕の妖異/代作恋文/夢幻の恋/観音様の頬/音盤の詭計/大名の倅/暴君の死/運命の釦(ボタン)/乞食志願/食魔/第四次元の恋/お竹大日如来/結婚ラプソディ/白髪の恋
「伝奇小説」 禁断の死針/百唇の譜/裸身の女仙/黄金を浴びる女/礫心中/芳年写生帖/大江戸黄金狂/天保の飛行術/江戸の火術/十字架(クルス)観音/猟色の果/幻術天魔太郎
編者解説

【著者・編者略歴】
野村胡堂(のむら・こどう)1882~1963年。小説家・音楽評論家。岩手県生まれ。『銭形平次捕物控』の作者として知られる。盛岡中学校時代に金田一京助、石川啄木と知り合う。東京帝国大学法科大学中退後、『報知新聞』政治部記者に。社会部夕刊主任、社会部長、調査部長兼学芸部長、編集局相談役を歴任。1931~57年までに『銭形平次捕物控』シリーズ、長・短篇あわせ383篇を著わす。音楽評論家「あらえびす」としても活躍。
末國善己(すえくに・よしみ)1968-。文芸評論家。編書に『国枝史郎探偵小説全集』、『国枝史郎歴史小説傑作選』、『国枝史郎伝奇短篇小説集成(全二巻)』、『国枝史郎伝奇浪漫小説集成』、『野村胡堂探偵小説全集』、『山本周五郎探偵小説全集(全六巻+別巻一)』、『探偵奇譚 呉田博士【完全版】』(以上作品社)など。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

硬直化し混迷する現在に、思考停止しない、考える「個」であるために。
森達也と31人の、刺激に満ちた25の対話。

漫才に喩えれば、基本的に僕はツッコミではなくボケだと思う。会話の反射神経が致命的に鈍い。「受け」であるボケの場合は、「攻め」であるツッコミよりも、ほんの数秒だけ考える時間が与えられる。それに対談は、漫才のように笑いをとる必要もない。
でも対談の場合は、誰と話すかは毎回変わる。ボケの位置に安住はできない。そのストレスは大きかったけれど、気がつけばそのスリリングな展開を、時おり楽しんでもいた。
謙遜ではなく、自分の勉強不足や素養のなさを毎回痛感するばかりだけど、僕はこのジャンルをとりあえずは楽しんでいる。つくづく思うけれど、「知る」って素敵なことだ。(「あとがき」より)

【対談/鼎談参加者一覧】
綿井健陽/田原総一朗/大澤真幸・長谷正人/宮崎学・安田好弘/田丸美寿々・島田裕巳/北田暁大/土屋敏男(日本テレビプロデューサー)/水道橋博士(浅草キッド)/是枝裕和/原一男・矢崎泰久/宮沢章夫/伊藤公雄/小室等/中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)/斎藤貴男/松本智量/岡田幹治/鵜飼哲/菊田幸一/姜尚中/竹熊健太郎/朴慶南・深津真澄/野中章弘・吉見俊哉/重松清/鴻上尚史

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本国枝史郎探偵小説全集

2005/07/22 15:05

収録作品一覧

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

<創作篇>
砂漠の歌/スタンレー探検日記/広東葱/闘牛/西班牙の恋/死の航海/喇嘛の行衛/死の復讐/物凄き人喰い花の怪/温室の恋/生ける死人/アラスカの恋/人間製造/木乃伊の耳飾/国事犯の行方—破獄の志士赤井景韶—/人を呪わば/奥さんの家出/畳まれた町/白靴/沙漠の美姫/さまよう町のさまよう家のさまよう人々/赤い手/指紋/目撃者

<評論・感想篇>
大衆文芸問答/日本探偵小説界寸評/マイクロフォン—雑感—/大衆物寸観/探偵小説を作って貰い度い人々/半七雑感/愚言二十七箇条/マイクロフォン/社会主義者に非ず—江戸川乱歩氏へ—/マイクロフォン/孔雀の樹に就いて/二つの作品/御存与太話/小酒井不木氏スケッチ/又復与太話/「五階の窓」執筆に就いて—不満二三—/マイクロフォン/探偵文壇鳥瞰/マイクロフォン/マイクロフォン/印象に残った新作家/雑草一束/マイクロフォン/妖異むだ言/マイクロフォン/マイクロフォン/思ったままを!/小酒井不木氏の思い出—その丹念な創作態度—/小酒井さんのことども/名古屋の小酒井不木氏/前兆?/他界の味其他/マイクロフォン/わかりきった話

編者解説

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示