サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 創元社さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

創元社さんのレビュー一覧

投稿者:創元社

7 件中 1 件~ 7 件を表示

目次

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。



第1章 コラージュ概説
1.現代美術におけるコラージュ
2.コラージュ療法の発展
3.コラージュ療法の方法

第2章 コラージュ研究の課題
1.統合失調症者のコラージュ表現
2.コラージュ作品の印象
3.コラージュにおける枠
4.本研究の目的および方法

第3章 コラージュを用いた統合失調症者の集団療法事例
1.はじめに
2.事例の概要
3.集団療法経過
4.考察
5.まとめ

第4章 形式分析・内容分析にみる統合失調症者のコラージュ表現
1.問題及び目的
2.方法
3.結果
4.考察
5.結論

第5章
印象評定にみる統合失調症者のコラージュ表現
1.問題
2.目的
3.方法
4.結果
5.考察

第6章 枠づけがもたらす効果
1.問題及び目的
2.方法
3.結果
 3−1.形式分析および内容分析における枠の効果
 3−2.印象評定における枠の効果
4.考察
5.結論

第7章 その他の精神疾患のコラージュ表現
1.問題
2.各疾患のコラージュ表現

第8章 総括
1.統計的研究と臨床事例のコラージュ表現
2.方法に関する検討
3.今後の課題

文 献
あとがき
資 料

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

福祉医療用語辞典

2006/02/10 17:26

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

福祉・介護の現場において、医療分野の重要性が増す中で、医療用語が福祉関係者の弱点となっている。本書は、ケアマネージャーやホームヘルパー、介護施設従事者など広く福祉・介護に関わる人たちのために、約1500語の必要十分な用語を収録した医療・医学辞書。執筆陣は、医師や大学等の教職者をはじめ、福祉分野の専門家40余人。五十音順でなく、身体の部位別など内容ごとに構成され、資格試験のための体系的な学習にも向く。
*****
目次
口絵 人体図
凡例
第1章 身体に関する用語
身体のしくみ
第2章 器官機能に由来する用語
循環器、呼吸器、消化器、口腔、泌尿器、生殖器、感覚器、内分泌、血液・体液、神経、皮膚、筋骨格
第3章 精神・心理に由来する用語
精神、心理
第4章 疾病要因に由来する用語
感染症、中毒、代謝疾患、膠原病・免疫・アレルギー、難病
第5章 ノーマライゼーション・リハビリに由来する用語
障害者医療、リハビリテーション
第6章 広義のケアに由来する用語
救急、介護・看護、在宅医療、ターミナルケア・緩和ケア、死の周辺
第7章 社会・医療制度に由来する用語
医療システム、健康づくり、医療福祉・社会福祉、環境、医の倫理
第8章 薬に由来する用語
薬剤
第9章 その他、よく見る症状
その他、よく見る症状
第10章 略語
略語
五十音順索引
執筆者・協力者一覧・参考文献一覧

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヨーロッパ祝祭日の謎を解く

2006/02/10 17:25

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

お正月からクリスマスまで、一年間にはさまざまな祝祭日がある。バレンタインデー、メーデー、感謝祭など、世界中で祝われているおなじみの祝祭日はどのようにして生まれ、今日見られるような形へと変わっていったのだろうか? キリスト教以前の時代にまでさかのぼり、その起源と歴史、習俗などを探りながら、祝祭日にこめられた世界の民族のさまざまな季節感、自然観、宗教観を掘り起こしてゆくユニークな「暦」と時間の文化史。
*****
目次
はじめに
第一章 祝日の誕生、体系化と変容
第二章 元日の由来
第三章 二月の祝日−予知、浄め、そして情熱の恋愛
第四章 春分の日−大蛇の降臨
第五章 イースターと過越しの祭−時の断層をつなぐ
第六章 メーデー−力の衝突
第七章 夏至−火と水の祭典、そして女性の恋占い
第八章 レーバー・デー−時間をめぐる大戦争の形見
第九章 ハロウィーン−死者の季節
第十章 感謝祭−ピルグリム・ファーザーズの歩みを越えて
第十一章 クリスマス−キリストの復活から赤鼻のトナカイまで
第十二章 時はめぐる…
参考文献

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

古代世界最大の謎ナスカの地上絵。ハチドリ、シャチ、コンドル、そして何十個もの渦巻き、ジグザグ、台形。さらに、総延長1500kmにも及ぶ無数の直線が、800k㎡(東京ドーム1万7千個分! )もの火星の表面そっくりな乾ききった大地を縦横に走り、交差する。なぜ、どのようにしてこの巨大図像は作り上げられたのか。世界の遺跡の天文学的意味を読み解いてきた著者がその謎に挑む。解読の方法論は意外なものだった・・・。
*****
目次
はじめに
第1部 前奏曲
第一章 序幕—砂漠のミステリー
第二章 世界の不思議—全体図の中のナスカ
第2部 聖所への入場行進
第三章 コロンブス以前のナスカ
第四章 百聞は一見に如かず—パンパ発見
第3部 儀式
第五章 神聖な景観—新たな千年紀に向けたひとつのナスカ像
第4部 退出聖歌
第六章 迷宮へのレイ・ライン—ナスカ以外の大地の変形

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本子どものための認知療法練習帳

2006/02/10 17:17

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は、著者たちが、パデスキーらの『うつと不安の認知療法練習帳』(創元社)を参考に、チャートやイラストを多用して、心の問題をもつ子どもがセラピストとともに認知行動療法を効率よく利用できるように工夫した子どものための練習帳。対象年齢は8歳から11歳くらいで、気分障害や不安障害をはじめ、衝動的な暴力行為、広汎性発達障害や双極性障害など、広範囲の子どもに適用可能。最先端の臨床と研究に基づき、初学者にも利用しやすい。
*****
はじめに
第1章 セルフ・モニタリングの課題
 課題1:野球場の内野
援助者へのガイド
子どもへのヒント
野球場の内野(ちゅーたとらったの見本)
野球場の内野
 課題2:ぬり絵シート
援助者へのガイド
子どもへのヒント
ぬり絵シート(ちゅーたとらったの見本)
ぬり絵シート
 課題3:楽しい日記
援助者へのガイド
子どもへのヒント
楽しい日記(ちゅーたとらったの見本)
楽しい日記
 課題4:宿題メモ
援助者へのガイド
子どもへのヒント
宿題メモ(ちゅーたとらったの見本)
宿題メモ
 課題5:落とし穴とレスキュー隊
援助者へのガイド
子どもへのヒント
落とし穴(ちゅーたとらったの見本)
落とし穴
レスキュー隊(ちゅーたとらったの見本)
レスキュー隊
 課題6:怖いの怖いの飛んでいけ
援助者へのガイド
子どもへのヒント
怖いの怖いの飛んでいけ(ちゅーたとらったの見本)
怖いの怖いの飛んでいけ
 課題7:気持ちと考えをつかまえる
援助者へのガイド
子どもへのヒント
気持ちと考えをつかまえる日記(ちゅーたとらったの見本)
気持ちと考えをつかまえる日記
第2章 プライミング課題
 課題8:短い間?ずっと?
援助者へのガイド
子どもへのヒント
短い間?ずっと?
 課題9:悪口のレッテル
援助者へのガイド
子どもへのヒント
悪口のレッテル
 課題10:たくさんの意味
援助者へのガイド
子どもへのヒント
たくさんの意味
第3章 自己教示法
 課題11:自分だけのせい?
援助者へのガイド
子どもへのヒント
自分だけのせい?(ちゅーたとらったの見本)
自分だけのせい?
 課題12:歌が変わる
援助者へのガイド
子どもへのヒント
歌が変わる日記(練習日記)
歌が変わる日記
 課題13:いじめ対策の達人
援助者へのガイド
子どもへのヒント
いじめ対策の達人(ちゅーたとらったの見本)
いじめ対策の達人
 課題14:怒りの海を乗り切れ
援助者へのガイド
子どもへのヒント
怒りの海を乗り切れ(ちゅーたとらったの見本)
怒りの海を乗り切れ
第4章 合理的な分析を要する技法
 課題15:手がかり発見
援助者へのガイド
子どもへのヒント
手がかり発見(ちゅーたとらったの見本)
手がかり発見
 課題16:サイレンは本物か偽物か
援助者へのガイド
子どもへのヒント
サイレンは本物か偽物か(ちゅーたとらったの見本)
サイレンは本物か偽物か
 課題17:水晶玉の破壊
援助者へのガイド
子どもへのヒント
水晶玉の破壊(ちゅーたとらったの見本)
水晶玉の破壊
 課題18:考え探し
援助者へのガイド
子どもへのヒント
考え探しの質問
考え探し(ちゅーたとらったの見本)
考え探し
引用文献

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

目次・内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

第1章 ロゼッタストーンを解読する
第2章 音声、記号、そして文字
第3章 原文字
第4章 楔形文字
第5章 エジプトのヒエログリフ
第6章 線文字B
第7章 マヤ文字
第8章 未解読の文字
第9章 最初のアルファベット
第10章 古いアルファベットから新しいアルファベットへ
第11章 中国の文字
第12章 日本の文字
第13章 ヒエログリフからアルファベットへ、そして……
*****
世界ではたくさんの種類の文字が使われている。すでに使われなくなったものもあれば、アルファベットのように隆盛を極めているものもある。そんなたくさんの文字の中から、楔形文字、エジプトのヒエログリフ、線文字B、マヤ文字、アルファベット、漢字、かな、現代の絵文字など代表的な文字を取り上げて、その起源と歴史、特徴を解説し、文字の人類史における役割を考える文字の文化史。豊富な図版とエピソードを満載した文字学の入門書。
*****
アンドルー・ロビンソン
イートン校キングズスカラー奨学生。同校のギリシア語文法校長賞を受賞。オックスフォード大学とロンドン大学東洋アフリカ研究所より学位を受ける。現在はタイムズ紙ハイヤー・エデュケーション・サプルメント(教育関連特集版)の文学部編集主幹。古代文字、地球環境に関する著書があり、The Shape of the World: The Mapping and Discovery of Ehe earth はテレビの連続特集番組となって全世界で放映された。邦訳書に『線文字Bを解読した男』(創元社)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

目次

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

はじめに
北欧史について
第1章 偶 然
    サイコロとビリヤードのちがい
    分割できないものを分配する方法
    インチキできないくじ引きは実現できるか
    修道士エドヴィンの論証
    エドヴィン修道士の独創的な解決法
    エドヴィン修道士の考察
    ひとりでくじを引く方法
    隠れた公式はないのだろうか
    エドヴィン修道士のアイデアと水素爆弾
    トランプの並べ方と上がる確率
    「独立」「同様に確からしい」とは?
    見せかけの偶然
    乱数を作る
    一様な分布とは?
    算術的生成法は独立性をもっていない
    独立性テスト
    偶然は理想化された概念なのか
    物理的装置に頼れば偶然が得られるのか
    究極の粒子
    自然の中にひそむ偶然−量子力学の世界
    光子の奇妙な性質
    神はサイコロを振らない?

第2章 運 命
    世界に意味があるとは?
    マックスウェルの悪魔に世界はどう見えるか?
    偶然を装う
    純粋に不条理な世界
    メッセージのエントロピー
    情報理論を使った不条理な世界の定義
    キーボードをデタラメに叩く猿
    決定論的モデルと確率論的モデル
    決定論的モデルVS確率論的モデル
    熱力学第2法則の意味
    聖アンセルムスの神の存在証明
    聖アンセルムスの誤り
    数学は、不条理を超越できるか?
    ゲーデルの不完全性定理
    数学に対する二つの立場
    もし歴史的事情が異なっていたら・・・・
    暴力は純粋な不条理
    創造性が世界に意味を与える

第3章 予 想
    「聞く気のある者」が聞く
    預言とその実現
    合理的予想
    状況判断の難しさ
    じゃんけんとPK戦における戦略
    予想してはならない!?
    毎回同じ戦略はダメ
    偶然にまかせる
    サイコロをふって判決を出す裁判官
    社会的な合図として偶然を利用する

第4章 カオス
    もしあのとき・・・・
    指数関数的不安定性
    不安定性を利用する
    時間の尺度の問題
    系が複雑だから、ではない
    初期値が無限小数になる場合
    長期予測ができない本当の理由
    「偶然」という名のベ−ルをかける
    エントロピー
    安定性と不安定性
    ストレンジ・アトラクター
    面と立体の中間物
    フラククル
    乱流とアトラクター
    ふたたびエントロピー
    エルゴード測度
    決定論的モデルを探す方法
    ポアンカレの洞察
    太陽系
    太陽系もカオス
    部分系だけ取り出すことはできない
    人はどんなとき「偶然」と判断するのか
    アテネ軍とシラクサ軍との戦い
    因果系列の交叉
    偶然と相対的なもの
    偶然は存在しない

第5章 リスク
    出来事に確率を割りふる
    微小要素に分解する
    「無知の」状況、「不確実な」状況、「確率論的な」状況
    神が存在するほうに賭ける
    エルスバーグの心理実験
    リスクとは何か
    未知に対する恐怖
    確率論的なリスクと無知のリスク
    人為的要因も大きい
    悪貨は良貨を駆逐する
    リスクを大局的に考えない現代文明
    意思決定にひそむ道義的意味合い

第6章 統 計

    ファラオの政策
    リスクを分散させる
    独立性
    統計学
    相関関係のある場合
    中心極限定理
    正規分布
    中心極限定理の威力
    ブラウン運動
    ブラウン運動の応用
    株のオプション
    モデルの棄却
    偶然である可能性はつねにある
    偶然の存在は保証できない
    ふたたび、偶然へ
    先のことはわからない

おわりに
訳者あとがき

フランス数学会が授与する名誉ある「ダランベール賞」を受賞した極上の数学エッセイ、ついに日本語版刊行!! 科学はどこまで偶然と運命を明らかにしたか? くじ引き、量子力学、不完全性定理、金融オプションなど一件関係ないテーマ間を縦横に移り、透徹した視線で諸現象の本質を鮮やかにえぐり出す。欧米人の精神風土を基礎づけた散文物語「サガ」を起点にラブレーやゲーテなどの文章も随所に織り込んだ、深みあるエッセイ。これがヨーロッパ最高の知性だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示