サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ブルース・インターアクションズさんのレビュー一覧

ブルース・インターアクションズさんのレビュー一覧

投稿者:ブルース・インターアクションズ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ボブ・マーリー レジェンド

2006/02/06 17:12

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

発売わずか1ヶ月で2万部を売り切った前代未聞の大注目話題本『ジョン・レノン・リジェンド』に続くレジェンド・シリーズ第2弾!20世紀で最も偉大なアーティストの1人、ボブ・マーリー。全世界に先駆けて、満を持していよいよ登場!!
第三世界平和勲章を授与された「闘う音楽家」の、生きざまを伝える貴重な遺品のレプリカを収録した豪華アートブック決定版!!
貴重な写真、図版をオールカラーで掲載。ツアー・ポスターやステッカー、イラストや手書きの歌詞原稿などレアなお宝グッズが満載。さらに、50分にも及ぶ未発表の肉声インタヴュー収録CD付!
【収録アイテムのリスト抜粋】
●1975年7月15日、ロンドンのライセウム・ボールルームで行われたコンサート・ポスター(※イギリスの音楽業界紙はボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのライヴを激
賞し、大英帝国を完全制覇。ポスターは共演したジョージ・ハリスンとの貴重な2ショット写真使用。赤・緑・黄のラスタカラー。)
●1976年のツアー・ステッカー(※『ラスタマン・ヴァイヴレーション』のアートワークを使った円形デザイン。)
●1977年始の新聞記事。(※1976年12月3日、人民国家党が企画した無料コンサート
「スマイル・ジャマイカ」出演の件で、ボブは武装集団に襲われ、左肘に銃撃を受ける。それでもボブは予定通りコンサートに出演。「たとえ何が起ころうと構わない。
今殺されてもいい。俺は人々のためにパフォーマンスをしているんだ」と発言。)
●「そっと灯りを消して(Turn Your Lights Down Low)」直筆(手書きの)歌詞原稿(※1977年2月、ロンドンにて。当時ミス・ワールドに選ばれたジャマイカの美人モデル、シンデ・ブレイクスピアについて書かれたラヴソング。)
●1978年4月22日にキングストンの国立競技場で行われた「ワン・ラヴ・ピース・コンサート」のポスター(※ボブはパフォーマンス中に、マイケル・マンリー首相とジャ
マイカ労働党のエドワード・シアガ党首をステージに上げ、これまで敵対していた2人にステージ上で握手させた。また、観客の中にはミック・ジャガーの姿もあった、
歴史的コンサート。)
●1980年、アップライジング・ツアーのパンフレット(※ヨーロッパで百万人以上の観衆を動員し、アメリカでもマディソン・スクエア・ガーデンで2回のコンサートを行い伝説となる。9月21日、セントラル・パークでジョギング中にボブが倒れ、同月23日のピッツバーグでの公演がボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ最後のパフォーマンスとなった。)
●ボブによる手書きの歌詞、セットリスト、メモ等が記されたスケッチブック(※ネヴィル・ギャリックによるイラストやアルバム・デザインも入っている。)
●付録CD:マーリーみずからの言葉で人生、音楽、希望、革命、愛、メンバーとの関係、サッカー、成功などについて語った50分に及ぶインタビューを収録。(※9本収録。うち1979年の6本は未発表初CD化、他の3本も貴重な肉声がたっぷり。日本語訳ブックレット付き。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示