サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. PNU(ビーケーワン)さんのレビュー一覧

PNU(ビーケーワン)さんのレビュー一覧

投稿者:PNU(ビーケーワン)

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本上と外 1 素晴らしき休日

2006/05/09 11:02

こどもサバイバル!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

少年・練の家族には、風変わりな習慣があった。海外で働く父と、離婚により別居している義母の千鶴子と妹の千華子の4人で、年に一度団欒の時を過ごすのである。父のいるG国に旅立つ3人だったが、再会の喜びも束の間、千鶴子が他の男と再婚すると聞き、気まずくなってしまう。そして、4人がヘリに乗っているとき、事件が起きた! G国にクーデターが起こり、子供達はヘリから森へ落下して行った…。
たいへんスリリングな物語。じいちゃんの人徳とか、まっすぐな父、自分に正直な(欲望に忠実な)母と個性ある大人達の描写も良いが、やはり素敵なのは、ジャングルに放り出されてからサバイバルする子供達だ。練もチカも、子供だから…なんて見苦しいいいわけとは無縁な子供。頭脳と肉体を極限まで駆使して、自分たちのなしうるフルパワーでもって、危機に立ち向かっていくのである。実に勇ましい。そんな2人の勇姿に比べると、やはり大人達の登場シーンは少々見劣りするような感じがしてしまうのであった。
そして、ジャングルをさまよう2人を救ってくれながら、同時に未曾有の窮地に突き落としてもくれる、つかみ所の無い少年・ニコがたいへん魅力的である。
冒険を経てもイコール現実問題の解決、にはならないところがちとやるせないけれど、爽やかな読後感を残す1冊である。
p.s.これは、幻冬舎文庫『上と外』1〜6巻を1冊にまとめたものです。

*この書評は『上と外』に寄せられたものの再録です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示