サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 実業之日本社さんのレビュー一覧

実業之日本社さんのレビュー一覧

投稿者:実業之日本社

紙の本蔦と鸚鵡 安野モヨコ紙版画集

2009/10/02 14:53

内容紹介

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「ハッピーマニア」「さくらん」「シュガシュガルーン」「働きマン」……大ヒット漫画の次に取り組むのは、何と紙版画。胸が震えるほどかわいく、美しい作品の数々を一挙掲載! 独占インタビューや、制作密着ドキュメント等、安野モヨコの「今とこれから」に迫る、読み物満載のビジュアルブックです。

【本書の内容】
●描き下ろしを多数含む紙版画作品50点を掲載
●特集
1 対談 安野モヨコ×安野光雅
2 紙版画制作密着ドキュメント
3 実写版 オチビサンの谷根千・上野さんぽ
4 モヨコ選・伝説の雑誌『少女の友』と抒情画家たち
5 独占インタビュー「漫画と版画と、これから」 他
●巻末特典 モヨコの乙女着せかえ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本こんなに楽しい!妖怪の町

2006/03/09 16:50

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 2005年度実績で85万人を超える過去最高の観光客を集めた鳥取県境港市の「水木しげるロード」。映画『妖怪大戦争』にも登場し、その人気は止まるところをしらない。水木しげる記念館が開館3周年を迎えた2006年3月8日(この日は水木しげるの誕生日でもある)には、史上はじめて、キャラクターである「鬼太郎」が県の観光大使に選ばれ、全国各地での観光キャンペーンに活躍することとなった。今年もますます注目が集まることはまちがいない。
 この人気は、もはや水木しげるファンにとどまらず、境港が「心の故郷の原風景」として、ひろく日本人の心をつかんでいる証拠である。

 この町の魅力を徹底的に紹介し、あわせて、その奇跡的とも思われる観光化成功の秘密に迫ったのが本書である。

 まず、カラー38ページを使って、水木しげるロードの全ブロンズ像を、元になった水木しげるの原画とともに紹介する。あわせて、折り込みで全ブロンズ像の配置図をつける。
 ほかにも、水木しげる記念館はじめ、妖怪神社、水木しげる氏生家、地獄極楽図で有名な正福寺などの妖怪関連スポットや、境港で入手できる主な鬼太郎グッズ、妖怪グッズをカラーで紹介。JR西日本他四者共同事業である米子と境港を結ぶ境線の鬼太郎列車及び全線妖怪路線化の紹介などもカラーページで行う(カラー全64ページ)。

 本文では、水木しげるロードを歩く楽しさを伝える「妖怪の町の歩き方」、水木しげる氏が故郷への思いを語った「故郷・境港とオレ」(インタビュー構成)などの他、現在に至るまでの町おこしの感動的なドラマ、町の人々による手づくりイベントの楽しさ、期待高まる今後への展望などを紹介。巻末には、境港市の観光マップはじめ、アクセス、魚の町境港の食と妖怪グッズのショッピング情報、温泉などの周辺観光情報といった役立ち情報を満載。

 これを読めば、誰もが水木妖怪ワールドと妖怪の町境港の魅力に心を奪われるはず。表紙と口絵(巻頭カラー4ページ)には、水木しげる氏描きおろしの素晴らしいイラストを収載。特に、水木ファンなら、絶対にほしくなる一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

なぜ、線路はそこに敷かれたのか。その理由が見えてくる!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なぜ、函館本線の長万部〜小樽間は「山線」と言われるの?
なぜ御殿場線も東海道本線も、まっすぐ国府津から沼津まで線路を敷けないの?
なぜ木次線の出雲坂根にはスイッチバックがあるの?

3DのCGは、感覚的に地形を理解するための一番の近道。本書の3DのCGを見れば、地図の苦手な人でも、上の疑問の答えが手に取るようにわかってしまう!
 本書は、美しいCGで描かれた鉄道名所をじっくりと眺めつつ、路線の変遷や栄枯盛衰を詳しく解説したページを楽しむという、いままでになかったスタイルの本。しかも、ただ見るだけでなく、自分の好きな路線のCGを自分で作ってしまおうという、とても欲張りな本なのです。
巻頭では、宮脇俊三が夢に描いた架空の山岳鉄道「上高地鉄道」を再現。
続く本文ページでは、北海道から九州・屋久島まで、そのルートの妙味を楽しめる15路線を紹介。そして「カシミール3D」の基本操作マニュアルを掲載。
 これ1冊で、あなたの鉄道趣味の世界が大きく広がります!

3DのCGを自作できる「カシミール3D」と地図データを収録したオールインワンパッケージ(WINDOWS対応)

<収録路線・エリア>
●上高地鉄道
●狩勝峠(根室本線)
●函館本線<山線>
●函館本線<大沼付近>
●釜石線と仙人峠
●上越国境(上越線)
●碓氷峠(信越本線)
●草軽電気鉄道
●箱根越え(御殿場線ほか)
●中央本線・小海線
●北陸本線と鳩原ループ
●瀬野八(山陽本線)
●木次線・芸備線
●阿蘇を横断する鉄道(豊肥本線ほか)
●肥薩線
●屋久島

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する