サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. くろしお出版さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

くろしお出版さんのレビュー一覧

投稿者:くろしお出版

1 件中 1 件~ 1 件を表示

編集者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

What gives? (どうしたの?)という英語表現を知っている、あるいは使えるという日本人がどれだけいるだろうか。このように超基本単語を使っているにも関わらず、フレーズになると意味がわからない英語が実は多い。例えば、下記のような例。

<基本的単語で意味がわかりにくい例>
a bad hair day 何事もうまくいかない日 /Beats me. わからない。
Suit yourself! 勝手にしなさい! /Out with it. 言ってごらん。

ネイティブが一番使っているにも関わらず、日本人が知らない口語を中心とした表現を集めたのが本書。在米40年以上の著者久野揚子氏が、3年間かけてテレビ、雑誌、新聞、日常の会話などで出てきた表現を丹念に書きとめ、英語ネイティブのえりか氏(揚子氏のお嬢さん)が例文を作った。例文もアメリカ人が日常使いそうなものばかり。辞書から抜粋したようなフレーズ集とは違い、生のアメリカ英語が学べる。使われる頻度の高いものから掲載したため、CNNやテレビドラマなどを見ていると、本書出てくるフレーズや表現が多数できて、ヒヤリングの助けにもなる。

<こんな人にお奨め>
1.これから海外に赴任、留学予定の方。
2.自身の英会話を一歩上のレベルに高めたい方。
3.リラックスしたネイティブ同士の会話が聞き取れないと悩んでいる方。

<目次>
第1章 同じ意味の違った言い方
第2章 誰もが使うひとこと
第3章 誰もが知っている言いまわし

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示