サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. マドレーヌさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

マドレーヌさんのレビュー一覧

投稿者:マドレーヌ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本風車祭

2006/12/05 11:45

沖縄にじっくり浸る

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

壮大な沖縄の物語。
二段組で500ページを越すボリュームに最初は圧倒されました。
かれこれ一ヶ月以上、手元に置いて少しづつ読み進めていましたが、
半分を過ぎた頃から最後までは一気でした。
「だからよー」
読み終わった今も、おばあの言葉が頭上をよぎります。
タイトルの風車祭(カジマヤー)とは、数え97歳のお祝い。
この祭りを来年に控えるフジおばあが実に人情味があり、
よくぞここまで長生きをしたものよと思わせる強烈な人物で、
おばあ旋風を撒き散らす。
フジおばあの家に出入りする島の高校生、武志。
彼も重要人物で、
言わばこの物語はフジおばあの沖縄の日々と
彼のラブストーリーの堂々二本立てといった感じ。

高校生の甘く、青く、切ない気持ちが
沖縄の風景に色濃く溶ける。
フジおばあと武志の周辺では
信じられない事件が続出して、
喜び、怒り、泣き、そして笑い、まさに五感フル活動。
マブイ(魂)を奪われてしまう、
二百年以上も生き続けている女性…。
不思議な体験や不思議な人物との出会いが続出。
次々登場する人物があまりに濃い人物ばかりでこの点でも圧倒されるが、
ギーギーという名前の豚、
武志に片思いをする彼女もまた忘れられない。
沖縄の風習やお祭りなどが社会の教科書なみに
記されていたり、
島の唄がたくさん紹介してあったり、
沖縄にじっくり浸れる一冊だった。

*この書評は単行本版の『風車祭(カジマヤー)』の書評 の再録になります(ビーケーワン)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示