サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 小笠原カルメンさんのレビュー一覧

小笠原カルメンさんのレビュー一覧

投稿者:小笠原カルメン

2 件中 1 件~ 2 件を表示

ひそかに流行りのアンティーク着物

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 今、ひそかにアンティーク着物なるものが流行っている。

 書店の雑誌コーナーに行けば、いつもジュエリーやコスメ、ブランド物を取り扱っている女性誌が、アンティーク着物をメインに特集を組み、はたまた手芸洋品店をのぞけば、和テイストの雑貨や古い着物のリサイクル方法などのコーナーを設けている。世間で“和”に対するアンテナを張っていれば、このところ特に着物に関するものが増えてきていることに気付くだろう。
 ところで、アンティーク着物ってなんだという人は多いはず。アンティーク着物とは、明治・大正・昭和に女達が日常にきていた着物のことをさしている。もちろん平成の世の中まで残っているものだから、当時のちょっとお出かけといった時の着物が多い。今でいうなら、デートの時に気合を入れてコーディネートした服ってところだろうか。おしゃれで粋でかわいらしい、そんな着物たちが、今ひそかに注目を浴びているのだ。
 そこで本書の『きものであそぼ』。フルカラー写真で、数多くのアンティーク着物を取り扱っている。着物の組み合わせ、いろいろな着物の種類、小物や手入れの仕方がのっており、見ているだけで楽しい一冊だ。また、アンティーク着物の気になる値段や店もちゃんと紹介されているので、自分で着物を手に入れる時の目安になる。
 着物に興味はあるけれど、高いしどうやって扱えばわからないという人は、一度この本をチェックしてみてはいかがだろう。呉服屋で売っているウン十万する派手な着物とは一味違うアンティーク着物の世界が広がっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本こまったときの神さま大図鑑

2004/01/01 14:37

「ああ、どうしよう!神さまたすけて!」困った時にお願いする神さまがずらりとのっています

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「ああ、どうしよう! 神さまたすけて!」こまったときに、思わずしている神だのみ。
でも、神さまにだって専門分野があります。
ずれた頼みごとをしたって、神さまも困っていまいますからね。(もしくは怒ってしまう…)
適切な神さまにお願いできるよう、お願い事別で世界中の神さまが紹介されている図鑑が、この本です。

またズッコケ三人組の作者である那須さんの、神さまの紹介の仕方がとても楽しい。
美男子になりたいという項で、「願いを叶えてくれること間違いなし、ただし、他のクラスメイトの嫉妬には気をつけて。」とか、一人になりたいの項は「スコットランドの白樺の古い枝に願い事を書いた紙を結んで起きましょう。なお手紙は英語で書かないとダメです」とか。ちゃんと注意書きも書いていてくれます。
(スコットランドまでどうやって行くねんとか、読みながら突っ込むのも、楽しみの一つ)

子どもが一人で読んで、この神様いい、こっそりちょっと頼んでみようかな、と半信半疑で、でも半ば本気で思ってしまえるこの図鑑。お薦めです。大人でも密かに試してみたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示