サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 秋野そらさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

秋野そらさんのレビュー一覧

投稿者:秋野そら

99 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本寒冷前線コンダクター

2002/07/16 20:49

先の展開に期待大!

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

富士見二丁目交響楽団(通称フジミ)に常任コンダクターがやってきた。それもばかでかい、190cmを越す長身と、それに見合うだけの態度の、そしてそれを凌駕する天才ぶりのコンダクターが。
素人集団とあまり変わらないフジミのコンサートマスターを務める悠季は、その才能に嫉妬する。そしてある誤解から強姦されるハメに…
そこからはじまる悠季と圭の純愛ストーリー。

カルチャーショックでした。
甘く見てたんです。
オーケストラの話といっても、このジャンルだから恋愛第一主義だと思ったんです。
でも違ったんです。それは単に勇気のバイオリン一辺倒の性格からくるものなんでしょうが、とにかく真面目にクラシックに取り組んでいるのがわかる。なんだか自分までオーケストラの一員になったような錯覚さえ覚えます。だからといって、恋愛が軽く見られているかというとそうじゃなくて、クラシックを通して、二人の関係がより蜜なものになって行く、その過程がもう、ハラハラドキドキのしどおし。
結構きわどい話の内容でもあるのに、頭の片隅に、クラシックが聞こえてくる。
これから続く長期シリーズの第一作。
先の展開に期待が膨らむ一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本マンハッタン・ソナタ

2002/07/19 01:22

女装の悠季が目に浮かぶ…

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

二人の気持ちを確認しあったはずなのに、悠季にはまだとまどいがあった。ゲイになるつもりなんてさらさらなかった悠季にとって、それは仕方のないことなのかもしれなかった。事ある毎に関係を解消しようとたくらむ悠季に、圭はそんな隙を与えようとはしない。ある日オーケストラのワルツの練習の為にダンスを踊ったところ、見学にきていた生徒に誤解され、それが全くの誤解ともいいようのない事実にうろたえてるうちに、PTAや学校にホモのレッテルを貼られ、あげく音楽教師の職を失ってしまう。
でもそれがきっかけで、圭への愛に気づかされた悠希は…。

もう、どっぷり圭に染まってしまったことに気付いた悠季。それは、必然でもありまた偶然の産物だったのだけど、その話の流れは感動もの。小心者なのに気の強い悠季のとまどいが、描かれていて、ハッとさせられることもしばしば。ますます続きが気になる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本僕達の交差点

2002/08/01 00:04

学園祭の後始末

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

伊達を裏切り、由鷹に抱かれた泉。それが原因で学園祭の後夜祭という公の場で、大喧嘩をはじめてしまった。しかも、亜矢も瑠偉もいるというのに二人とも止めようともしない。そして、泉自身も。戦うものだけに通じる暗黙の了解。どうしてもそのことに引っかかりを覚えている泉は、ありのままの想いをありったけの言葉でぶちまけてしまう。伊達、由鷹、瑠偉の三人は、泉がどうして怒っているのかすらわからない。やはり、住んでる世界が違うのか? 絶望に包み込まれようとしている泉を救ったのは、亜矢だった。
亜矢には泉の言葉が通じる。それだけで救われた。それ以前に、ありったけをぶつけた時点で満足していたのかもしれない。
そして、伊達は…
雨の中たたずんでいる伊達君は、今までで一番様になってる気がします。
「水もしたたるいい男」じゃないけれど…。
未だ、何に怒っているのかはっきりと解ったわけではないけれど、泉がどうしても必要だと、それだけは認識し、雨の中土下座すらいとわない男らしさ。
クールだった伊達君をいったいどこまで陥れれば気がすむのでしょう?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本僕達の学園祭

2002/07/31 23:54

女装の泉ウサギが評判です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

学園祭の季節がやってきた。泉のクラスの出し物は喫茶店。料理の腕を生かせると喜んだのもつかのま、女子は厨房、男子はウエイトレスをやることに。もちろんウエイトレスの名の通り、女装をする羽目に…。
いくらなんでも女物の衣装を買いにいくわけにはいかず、天野にお願いしたのはいいけれど、猛お兄さんとともに弄ばれて…。
それでも、やっとゲットした衣装は、フリルがかわいいエプロンすがた。あまりに似合いすぎて、その姿に欲情した由鷹は、泉をさらってしまう…。
泉ちゃんが悩んでいます。いつものことだけど…。由鷹と別れたことはほんとによかったことなのか? 戦う男たちだけに通じる暗黙の了解というのがどうしても気に入らない。だから、もうとっくに解決しているはずのことで悩んでしまう。
そして、学園祭当日。悩んで答えの出ないまま、本能の命ずるままに由鷹に身をまかせてしまう。
泉ちゃん、もうすっかり女の心理です。男の気持ちがわからないなんて…。
やはり、受けをやってると心理状態まで女性になってしまうのか?
ちょっと気になる今日この頃です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本僕達の禁猟区

2002/07/31 23:31

泉ウサギ、狩られる!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「夏休み一週間俺のためにあけておけ」いつかのお仕置きの続きをやるらしい。覚悟して出かけた泉だったけど、車に乗ったとたんガイドブックを渡され、お初のデート。こんなお仕置きなら、大歓迎!と喜んでいた泉だったけど、世間はそう甘くなかった。
伊達の別荘で迎えてくれたのは、なんと天野。そして瑠偉ともう一人。夜の訪れとともに、想像だにしなかった甘美で残酷なゲームが始まる…。
伊達家の豪華別荘で繰り広げられるゲームは狩。もちろん狩られるのは泉。一番初めに捕まえたものが一晩泉を好きにできる。誰に捕まっても、悪いようにされないことはわかっているのに、名前も知らないもう一人の影におびえ、逃げ惑う姿は、不謹慎だけど妖しい。非日常の世界で、繰り広げられる、妖しい睦言。伊達の目の前で天野に貫かれる泉君の妖しい肢体が、壮絶に美しい。
今までとちょっと雰囲気の違う一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本僕達の迷い道

2002/07/31 23:00

天才天野も人間だった?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

少しだけぎこちなく、彗とお義母さんがいる4人の生活が始まった。泉は、どうやら「兄」としての役割をこなしている。天野は、泉と天野を誘拐した人物・海老原の足取りを追っている。海老原は伊達が尊敬してやまない存在だ。だから、誘拐事件に巻き込まれたことを、伊達に話せないでいた。もちろん、伊達に内緒で天野とすごした24時間のことも…。しかしそのことは、すぐにバレた。もちろん泉の体が、天野によって変えられていたことに伊達が気付いたから。嫉妬から狂おしいほどに攻めたててしまう伊達。泉の体力も限界に達していた頃、助けに駆けつけたのは瑠偉だった。「助かった」と喜んだのもつかの間、部屋の中で乱闘騒ぎをおこしてしまう。そして、崩壊の足音はすぐそこまで迫っていた。
もう、なんだかすごいことになってます。
嫉妬にくるったあげく、泉君より先にイッちゃう伊達。絶倫を自慢していただけに、肩をおとしたすがたが愛らしい。
そして、瑠偉と対峙したことで肉体的精神的に疲れ果ててしまった天野。挙句泉の手をかりて…。なんか、天才天野も普通の人間だったんだと、認識させられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本僕達の砂時計

2002/07/31 22:10

24時間の情事

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

たった一人の妹・彗を守るため、由鷹と別れる決意をした泉。あの河川敷で、由鷹の背中を見送り、決意を新たにする。
ところが、そこへ見ず知らずの男が現れ、誘拐されてしまった。一体誰が、何のために? 何もわからないまま意識を失った泉が目覚めたとき、傍らにいたのは天野だった。的場に助けられ事なきを得たはいいが、伊達がらみの誘拐事件なだけに、不安はぬぐえない。その気持ちをなんとかしてもらおうと天野の屋敷を訪ねたが、その天野に冷たくされて…。
24時間の天野との情事。この寒はこのひと言につきます。
前半のストーリも大切な部分ではあるのですが、読み終わって残るのは、天野と泉の妖しい肢体のみ。総ページの3分の1を費やした天野の別荘での睦言は、今までのどのHシーンよりも濃厚で妖しくて、清らかです。そしてなぜか、切なくなってしまう不思議なシーンでもあります。それはきっと、天野の想いがにじみ出ているからなのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本僕達の白昼夢

2002/07/31 21:27

いよいよ注目の展開です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

放浪の旅から由鷹が帰ってきた。この日を待ちわびていた泉。しかし、旅から戻った由鷹は、まるで別人のように人が変わっていた。泉が好きだったニパニパ笑いの由鷹はもうどこにもいない。精悍な顔つきで燃えるような瞳をして泉を求める。そして、強姦まがいの行為で泉は奪われてしまった。自分のしたことに気付いた由鷹が救いを求めたのは、なんと泉の恋人におさまった伊達。そして、そこでまた乱闘騒ぎがもちあがり、警察のお世話になることに。
ほんと展開が速くて思いもつかないことをやってくれるので、ついていくのにいっぱいいっぱいです。強姦、乱闘、カーチェイス、男同士の絆。読みどころがてんこ盛りで、どこをどう扱ってよいかわからなくなります。そう、わからなくなるくらい、どの話もいい!ひとつのことを評すれば、もうひとつのことが忘れられてしまう。それがどうしても耐えられません(書けないことの言い訳にきこえるかしら?)
それなのに瑠偉の登場で、益々話はややこしい方向へ…。
続きの気になる展開に注目です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本僕達の旅立ち

2002/07/31 21:07

ついに結ばれた二人

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

とうとう伊達に抱かれた泉。もう引き返せない想いにとらわれながらも、帰り道、思い出すのは由鷹の顔。ついに裏切ってしまった。もう戻れない。由鷹より伊達を選んでしまった。そのことに後悔はないが、もう由鷹のもとへも帰れないかもしれない。家にたどり着いた泉の前に現れたのは、まるで捨て犬のような顔をした由鷹だった。その顔をみたとたん、由鷹を手放すことは無理だと悟る。「捨てないで」あらん限りの想いを由鷹に伝えた泉。そして、泉は由鷹の真意を知る。もう泉に嫌われることはない。確信をもった由鷹は、一人旅立って行った。強い男になるために。
天野の策に陥ったとはいえ、とうとう泉は自分から伊達の胸へ飛び込みます。まだまだ自分の中の思いに決着はついていないけれど、このことだけは後悔しないと…。優柔不断の泉がとうとう開き直ります。お見事です。
しかし、根が小心者なので、その決意もすぐに揺らいでしまうのですが…。
揺れ動く泉に翻弄される由鷹、伊達、天野。大人な彼らは、泉の傷ついた心を思って、翻弄されてくれます。中でも、天野の強姦シーンは絶品!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本僕達の航海図

2002/07/31 20:46

裏切りの恋の行く末

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一度は自ら断とうとした伊達への想いだったが、ついに泉は伊達と想いを伝えあった。至福の時に酔いしれ安堵感に包まれるが、それはそう長くは続かなかった。
目の前にいる由鷹の姿に、裏切りを思い知らされ、その想いは募るばかり。
そんな時、由鷹と伊達が決闘していると聞かされた泉は、あわてて河川敷へと駆けつける。それは泉を取り合う決闘。とめに入ろうとするが、そこにいた瑠偉に阻まれそれすらできない。伊達の勝利で終わった決闘だが、その行き先は始めから決められたものだった。由鷹を裏切った自分を許せない泉のための決闘。
そこまでされてもまだ、踏ん切りのつかない泉に、天野が罠をしかける。
ついに、泉は伊達の手に落ちるのか?
泉君回りくどいです。悩みすぎです。男の癖にそんなことでぐじぐじ悩むな〜〜!っと怒鳴りたくなります。でも、それが泉君なのだから…。開き直るにはとことん悩み落ち込み、人の手を借りまくりでやっと浮上します。ただ一度浮上してしまうと、とめどなくなるのですが…。
果たして、浮上しまくった泉君は見られるのか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本僕達の失楽園

2002/07/31 20:25

裏切りの恋の序章

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

イブの夜。由鷹の中の野獣を見た泉は、由鷹から逃げ出し、救いを求めたのは天野。すべてを天野にゆだねることに…。しかし天野の巧みな言葉に誘われるうちに、今まで感じたこともなかった感覚が芽生え始めた。それは、泉の中で眠っていた男としての本能。自分のことなのに、今まで奪われることしかなかった泉は、パニックに陥りながらも、天野の導きで男になった。
少し心に余裕のでた泉は、早速由鷹と仲直りする。「いつか抱かれたいと思う男になってくれ」と。そこで由鷹の出した結論は、従兄弟の瑠偉を呼び寄せることだった。また、泉より由鷹のことをわかっている人間の出現に、泉の心は揺さぶられる。
伊達との関係が危ういです。もう精神的にはドップリ深い関係にあるのに、体の方は中々先へは進めない。どちらも由鷹を裏切ることが怖いから。それは、体をつなげたら最後、二人の関係がどうなってしまうかわかっているから。お互いにおぼれてしまうことに戸惑いを感じているだけなのに、由鷹をダシに未だ結ばれることができない。苦しいです。イライラします。でも目が離せないのはなぜ?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本僕達の仮面劇

2002/07/31 17:23

嫌い嫌いも好きのうち

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

伊達に連れ去られたまま由鷹が帰ってこない。最愛の恋人・彗に別れを告げられ、精神のバランスを崩してしまったまま。そしてその心の隙間を埋められるのは、泉ではなかった。あの夜、泉にすがりついた由鷹を、受け止め切れなかったのは泉。そして、由鷹は伊達とともに消えてしまった。
そして、二人を捜すため頼ったのは天野。伊達のところへ向かうべく乗った車の中で、実験と称されもてあそばれてしまう。危うし泉ちゃん!
それにしても、由鷹、伊達、天野といろいろな人に翻弄されまくりの泉。ちょっとは節操ってものがないのか〜〜?っと…。ついこの前まで、人との接触を拒んできた泉ちゃんだったのに、信じられない反応です。
それでも、いろんな人に弄られ、嫌だ嫌だと拒絶しながら誘っている姿は、伊達でなくても、理性飛ばしまくりです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本僕達の長い夜

2002/07/31 16:58

そして由鷹が野獣にかわる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

由鷹の相思相愛の相手、彗の姿を見てしまって、泉の心はボロボロになってしまった。そして、そんな泉が求めたものは…?すべてを忘れさせてくれる、快楽。もちろん伊達とのちょっと危ないひと時。「抱いてくれ」そういってホテルに行ったまではいいが、やはり由鷹を裏切ることはできない。ある日、由鷹がとんでもないことを言い出した。彗から別れを告げられたという。その彗は泉の腹違いの妹だということがわかり、益々泉をパニックに陥れる。そして由鷹もおばかな由鷹と野獣の由鷹のバランスが崩れかけていた。
いやはや、展開が早すぎてついていくのがやっとです。それにしても由鷹の想い人彗が泉の妹だったなんて…。あまりといえばあんまりな展開です。そんなに泉をいじめなくても…
そんな中、伊達との危ない関係は、ひと時の清涼剤となってます。
確かに危ないんだけど…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本僕達の恋愛論

2002/07/31 16:37

図書室の甘い誘惑

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

泉と餌付けに成功した由鷹の少々危ない友人関係を築いてからはや1年になろうとしている。そんな時とんでもないニュースが飛び込んできた。由鷹がラブホテルから出てきたところを目撃されたらしい。相手は元ミス秀栄南。しっかり停学をくらった由鷹を慰めるべく、腕によりをかけた料理を持参する泉。しかし、由鷹のアパートにはすでに先客があった。如月亜矢。「泉を失いたくなければ、やきもちをやかせればいい」と一週間も由鷹をかくまった男。
その亜矢が、自慢のフランス料理を携え、伊達とともに由鷹のアパートにいた。テーブルの上には、あふれんばかりの料理が並ぶ。しかし、おそるべし由鷹。見ただけでおなかがいっぱいになりそうな料理の数々を、すべてその腹のなかへ収めてしまった。泉と亜矢が剣呑な空気をかもしだしているのに、気付きもしないで。
由鷹に翻弄されっぱなしの泉は、そのうさを伊達で晴らしていた。放課後の図書室。誰もいない空間。湿った音を響かせる泉と伊達。
いや〜〜、ついに彗も登場して、泉に新たなる悩みが…?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本僕達の熱い夏

2002/07/31 16:11

ジェラシーの芽生えた泉

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

奇声を発して由鷹がとんでくる。泉の作るお弁当めがけて。そんな由鷹をうっとうしげに突き放しながらも、心の中では待っている泉。なんとなくいい関係になりつつある泉と由鷹の前に、由鷹のケンカ仲間である伊達正吾が現れた。凶暴な獣を隠す由鷹をいとも簡単に手なずけている伊達に、泉はショックをうける。そのショックの中身は、ジェラシー?
伊達が、軽い脱水症状を起こして倒れた泉に、口移しで水を飲ませるシーンは、もうドキドキもんです。伊達は別として、その気のない泉が体が動かないことを言い訳に伊達を受け入れる。もうそこから身を陥れる準備が始まっているんですね。
由鷹をとられる気がして、あんなにも嫌っていた伊達の唇を受け入れる。泉にとっては一大事です。その前に、由鷹にも先輩にもう奪われている泉ではありますが。
そこへ如月亜矢に変な助言をされた由鷹が、さらに泉の気持ちを引きずり回し…
シリアスなのかコメディーなのか。難しい選択ではありますが、とにかく面白い作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

99 件中 1 件~ 15 件を表示