サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. くゅずにえさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

くゅずにえさんのレビュー一覧

投稿者:くゅずにえ

20 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本天使の囀り

2002/06/21 13:06

時間と快楽

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「時間と快楽」取るとしたら、人間はどっちをとるのか?
人間の快楽を追求したホラーであるが、私はこの作品には
作者の密かな思惑があるように思えてならない。
それは、この作品を快と取るか、不快と取るか、読者を
困惑させようとする作用である。
私は最初の質問に後者を取るが、それは皮肉なことに
時間の流れの中で変わっていくのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

左に問題、右に解説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

基本情報午前完全合格教本(同著者)と組み合わせて
使うとかなり身に付く内容になっている。
題名のとおり、左に問題、右に解説と答えという構造に
なっている。分野ごとに演習問題が挿入され、
理解度を深めるのに役に立つ。
顕著な特徴はごろ合わせで、ときおり登場し重要な記憶事項を
頭に焼き付けてくれる。
教本と同じく繰り返し問題を解くことが肝心である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

解説とミニテスト

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2ぺージで1カテゴリーの割合で、できるだけ端的に分かりやすく説明してある。
箇条書き、太字、チャート図などを使いながら、ミニテストで
要点がチェックできるのがうれしい。厚く内容も専門的なので、
理解しながらコツコツやるより、何回も学習して
だんだん慣れていき、問題集で仕上げる方が合格は近づくであろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

核酸と長生きの関係

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

20歳以降、減り続ける核酸は体内で作られる分だけでは
足りないことを前提に、我々の食生活を鋭くえぐっている。
無理なダイエット、化粧品の影響など現代人の多くが
納得させられる内容になっている。
この本を読み終わったとき、読者の食生活は
がらっとかわってしまうかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

センター傾向と現代社会

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

パートを1,2に分け、1では敢えて過去のセンター試験を解説を盛り込みながら掲載し、傾向をつかませてくれる。各カテゴリの融合問題が多数、出題されることを踏まえながら、基本的な思想家の考えや、現代社会を生きていく上でその思想をどのように模倣、改良していくべきかを考えさせ、正解にたどり着けるように構成されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ループ

2002/06/10 20:14

創りだされた者

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

作者のあとがきにあるように、前作らせんとのリンクは
少々苦しい。しかし、仮世界と現実世界の境界が
あやふやに感じられてくるのは、作者の執筆力の賜物だろう。
主人公のラストシーンはある意味、悲観的ではあるけれども、
高山との性格差がDNAだけに支配されてないところが
興味深い。英知という点では同質であるが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本アナザヘヴン 上

2002/06/04 05:19

善悪の崩壊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

我々はルールに縛られて生きている。そのルールが正しいかどうかはだれにも分からない。そんな風に思わせる作品である。誰もが戦闘本能を持っている。間引きという行為も歴史上行われていた。純粋に殺人を楽しむ殺人者「何か」と、元犯罪マニアの刑事が「殺人」とはなにかを改めて教えてくれるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本殺戮にいたる病

2002/05/30 05:37

コンプレックスによる錯覚

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

主人公の思想と欲求の追及には、常人を逸脱したものがある。それは、自分にふさわしい女を探し、殺し犯すこと。その純粋さゆえに、我々読者は狂気の世界に引きずり込まれ、最初から仕掛けられている作者の意図にまったく気づくことなく、ラストシーンで口をあんぐり開けるはめになる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

眼の悪くなる原因の意外性

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

テレビなどの外部的要因が眼を悪くするすべての要因ではないことを
強調しながら、眼を良くする五大基礎訓練やまばたき、姿勢にいたるまで
解説してあり、眼を十分に理解できる本。本を読んでいるのに眼が良くなっ
ているかのような、自信をもたせてくれる本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

20世紀初頭のヨーロッパ風

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

レンズ精製をやっていた主人公は双色の瞳を
隠し、貴族として生活することになった。
身分・階級が顕著に表現され、軍人や、差別があった頃の
人々の苦労が露骨に伝わってくる。
女性による優しい文体と女性特有のタッチで描く戦争は
残酷であり、時に愛情・友情を美しくみせたりもする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本我が遺志を伝えよ魔王

2002/07/07 00:47

飢餓感と爽快感

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

肉を奪い合う生活から逃れたい主人公は
とあるきっかけで、古びた劇場にたどり着く。
そこで人形にとどめを刺す女「メッチェン」。
おなじみオーフェンの第7弾。相変わらずの
パロディとシリアスの融合にうまく成功している。
しかし、沈黙魔術を使う魔王にクリーオウがとどめをさして
しまうのはどう考えてもカオスではある。
あとがきは相変わらず笑える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

呪いと優しさ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

稲川さん独特の口調が文章から聞こえるような
気がするほどリアルにその場を再現した語り口である。
かなり怖い話から、どことなく優しく懐かしい感じのする
話まで様々だが、要は読者の捉えかた次第である。
酷暑ともいえる今年の夏。本を読んだあとで電気を消し、話を
反芻してみるといいかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

聴いて絵で見て体験する

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

50問のリスニングテストから構成され、
難易度は高め。教授がレクチャーしている問題から
一般的なコミュニケーションにいたるまで、
様々な状況での英語が学べる。
繰り返し、学習すれば、かなりのリスニング力が
養成できるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本仮面学園殺人事件

2002/06/10 04:10

顔が見えない学生

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人間はなんらかの不安を抱えて生きている。
その要因にコンプレックスがある。顔は
その代表であるが、この作品は顔を隠す学生が続出するという
奇作である。マスクを被ることでの安堵、それは人に顔を
晒したくない、病的な社会の一面を風刺している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

意識の効用

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

こういうことあるな、と思わされる例が多数掲載されている。
自分が落ち込んだときの自分の反応と比べながら読むと、
なかなか納得できたり、読んでいるだけで、気分がよくなった
気がする。また、人間の喜怒哀楽がどういうとき
表面化するかが、理論的に分かるところが画期的かもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

20 件中 1 件~ 15 件を表示