サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ピルチャ−フリークさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

ピルチャ−フリークさんのレビュー一覧

投稿者:ピルチャ−フリーク

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本帰郷 上

2004/07/24 22:41

第二次大戦下のイギリス女性の自立した生き方に感動

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

シェルシーカーズ、九月に、冬至までに続く作者の自伝的長編の4冊目。翻訳の出版を首を長くして待ち望み、ようやく手にしたと同時に、分厚い三分冊を夢中になって読んだ。第二次大戦は日本でも様々な悲劇を生んだが、日本の対戦相手であったイギリスの空の下で、どのように人々が戦時下の生活を生きていたかが、この小説の中に切々とかかれている。作者の分身である主人公ジュディスが、赴任でコロンボに去った両親と別れ、イギリスで1人で暮らし始め、そして、日本軍の侵攻とともに両親は死ぬ。コーンワルやスコットランドの風景、ロンドンの町の暮らし、華やかな青年たちも1人また1人と戦争へ狩り出され、死んだり、行方知れずになったり、負傷したり。あの戦争は地球上のあちこちで、こういう悲しみをたくさん生み出し、そしてまた、その喪失から力強く立ち上がる人々がたくさんいたのだと、あらためて思う。美しい花や植物の描写、若者たちの愛と別離、大人になるほろ苦い経験の数々など、いつもながらのストーリーテラーぶりを示す作者も、もう78歳。翻訳の中村妙子さんの文章も美しい。作者と同年代の訳者だからこそ、哀惜を持って第二次大戦の時代を描出できるのだろうと、翻訳の力の大きさも感じる一編。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示