サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. マキと希美さんのレビュー一覧

マキと希美さんのレビュー一覧

投稿者:マキと希美

112 件中 1 件~ 15 件を表示

家庭教師と二人の熟妻

2002/07/23 17:22

これは傑作!読まなきゃ損!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 修吾が新たに依頼された家庭教師先の母親が、中学時代、そして今も憧れの存在の女教師、翔子だった。翔子にとっても修吾は当時可愛いと思っていた生徒であり、久し振りに会ったその夜、2人は身体を重ねた。その後も授業の合間を縫ってセックスに興じる2人。だがドアの向こうで、教え子の健太が聞き耳を立てていた——。
 これがデビュー長篇。登場女性は2人。36歳の翔子と健太の実母40歳間近の加代子。どちらもまさに熟女で、修吾とのセックスに激しく喘ぎ、肉棒を求める姿は、とてもそそられます。セックスシーンも多く、その上濃厚でじっくりみっちり描かれています。ほぼ和姦で読後感も良く、とても興奮でき満足できる内容でした。デビュー作でこれほどの出来なら、2作目以降も期待できると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

堕ちていく女教師の色っぽさ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 高校の音楽教師になって1ヶ月の園美は、オーダーメイドの下着を受け取りに店に行った。試着中、女性店員の度が過ぎる親切な態度に訝しがりながら、下着を買い家に帰った。翌日、学校の園美の机の上に封筒が置かれていた。中には、昨日試着をした際に園美がショーツ1枚になった時の写真と、この写真をばら撒かれたくなかったら一度デートしろ、という内容の手紙が入っていた——。
 お嬢様育ちの園美が、この封筒の送り主、下着を買った店のオーナー金子に会いに行き、そこで云われた要求、下着姿で酌をしろ。これだけだと思っていたら、当然ながら結局は犯され、更に金子の共犯者、園美の高校の校長にも犯されます。そして彼等の性奴へと堕ちていく、というストーリーです。
 セックスは勿論、それ以外の性描写がホントにたくさんありました。そのどれもが激しく濃厚だから、興奮度は高いと思われます。何度も犯され、でもその度に感じてしまい、歳後は性奴であることを受け入れる園美は、可愛く色っぽいです。
 読んで損はしないと思う、オススメの1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ある意味ハッピーエンドかも

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 自分が狙っていた優に教師の恵美がキスする場面を目撃、写真を撮った理那は、嫉妬と加虐の炎を燃やす。そこで理那は、元恋人の浩に話を持ち掛け、恵美と優を徹底的に汚そうとした。先ずは恵美を呼び出し、浩に犯させ、その様子を写真に収めた。それからというもの、何度も犯されイカされ、バックバージンも奪われ、理那と浩の性奴となった恵美に彼らは、優を毎日徐々に誘惑しろ、と命じるのだった——。
 『性獣家庭教師』に続く2作目。今作も、前作に負けず劣らず充実した内容になっています。理那と浩が恵美と優、さらに恵美の弟の駿をも性奴にしようとし、最後には姉弟相姦をさせようとします。セックスシーンもそれ以外の性描写もふんだんにあり、その上濃厚でじっくり描いてあるので、興奮度はかなり高いです。最後も、ある意味ハッピーエンドで終わる為、読後感も悪くないです。
 これはオススメの1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本その後のクローズ

2002/07/04 03:21

クローズ最終章

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 坊屋春道たちが活躍した『クローズ』から一年、熱き男たちのドラマは続いていた——。
 五代目武装戦線の新入り河内鉄生と、鈴蘭高校の一年花木九里虎にスポットを当てた中篇2本が収録されています。
 『クローズ』シリーズは、主役の坊屋春道は勿論、仲間も敵にも、一本筋が通ったカッコイイ男たちが登場するのが魅力です。そんな『クローズ』シリーズも、この『その後のクローズ』で残念ながら完結してしまいます。
 ですが、更に一年後の鈴蘭高校を舞台に、新たなシリーズがスタートしました。『WORST』です。『クローズ』ファンなら、そちらも引き続きチェックです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本摩天楼のバーディー 5

2002/07/01 19:27

そして2人は結ばれた

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 温もりの無い冷たい大都会で、昼夜なく仕事をこなす便利屋、山根トキオ。通称バーディー。彼と助手兼恋人の絵津子たちの活躍を描いた、シリーズ第5巻。
 絵津子と家族が住むマンション。その、マンションという集合住宅で、ちょっとネジがずれてしまった人間が起こす、ぞわっとする事件を描いたサスペンスタッチの回が、この巻でのオススメです。危うく絵津子と母に亀裂が入る所で、トキオが助けに来る! そして、一見無事解決したかに見えたが…。
 3巻でトキオが拾った“眉毛ネコ”が、また登場したのが嬉しかったりします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

女教師・凌辱週間

2002/07/01 18:00

凌辱ものの傑作

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 体育教師の安田と美術教師の清水は、自校の女子生徒、女教師、OL、人妻と狙った女を、あの手この手を使い、必ずモノにしてきた。だが、この2年間堕とせなかった女がいた。それが国語教師の京野秀美、24歳だった。結婚が決まり、あと1週間で退校してしまうため焦った安田と清水の許に、音楽教師の磯下幸子が秀美を堕とす為の策を持ってやって来た。
 その策を弄し、秀美を安田のアパートに連れ込む事に成功した3人は、一晩かけ、隷従の血を骨の髄まで叩きこむべく、前も後ろも徹底的に犯し抜いた——。
 この後も、校舎内で、スイミングクラブで、凌辱が続いて行きます。秀美がだんだんと性奴に変わって行く様が、とても良く書けていると思います。
 凌辱(セックス)シーンがとても激しく濃厚で、そのぺージ数もたくさん割かれていて、中身がギッシリ詰まった、凌辱ものの傑作だと思います。オススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

名探偵だらけ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 タイトル通り、「探偵」にスポットを当てたミステリーガイドです。有名な名探偵は大体載っていると思います。が、ぺージ数の都合など仕方ないとは思いますが、取り上げられていない名探偵もまだまだいます(氷室想介とか朝比奈耕作など)。
 また、このガイドが発売されてからも、新たに魅力的な名探偵も誕生したと思いますので、ぜひこの『本格ミステリーは探偵で読め!』の続編を出して欲しいです。
 そしてこのガイドは探偵紹介だけでなく、京極夏彦さん、藤木稟さん、貫井徳郎さん、清涼院流水さんのインタビューもあり、更に清涼院さん書下ろしの、JDCシリーズの短編も読めるという、何とも嬉しい内容になっています。
 ミステリーファンなら、ぜひチェックしておきたい一冊だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

太郎を取り合う杉浦兄妹

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 私立一ノ宮高校一年(特待生)の山田太郎は、成績優秀、眉目秀麗、スポーツ万能と完璧かに見えるが、実は超貧乏だった。貧乏故に起こるトラブル・出来事に立ち向かう山田太郎を描いたシリーズ。
 相変わらず超貧乏な山田一家。夏休み、太郎はスーパーでバイトをすることに(売れ残った食べ物が貰えたりするから)。なんとそこのスーパーは、先輩杉浦の店だった。バレンタインの一件から、すっかり太郎を意識するようになってしまった杉浦の太郎に対する反応がとてもおもしろい第7話。
 バイトの合間に杉浦の妹ミカの家庭教師を頼まれた太郎。兄の太郎への気持ちを知ったミカは、太郎を自分のものにしようと授業中に誘惑する。一方、兄圭一も食べ物を餌に、妹に太郎を取られまいと対抗する。その結末や如何に、という第8話。
 この2話が、3巻収録のお話の中でとくに良かったです。杉浦兄妹はこれからも登場して欲しい、そんなキャラになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

女音楽教師

2002/07/28 01:44

先ず『女美術教師』を読んでから

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 あこがれの新任音楽教師真奈美が、ピアノを教えに章太郎家に来る事になった。レッスン中、真奈美の乳房や腕が密着し、勃起してしまった章太郎は、真奈美が忘れて行ったハンカチ—真奈美が汗を拭いたもの—の匂いを嗅ぎながら自慰をした。そしてある日、真奈美が万引きするのを章太郎が見てしまったことから、2人の関係は一気に深まり、口淫、パイズリへと——。
 『女美術教師』の姉妹編といった作品で、そちらに登場した美術教師早乙女美麗、夏彦、夏彦の従姉慶子が、こちら『女音楽教師』にも出てきます。ですので、先ず『女美術教師』を読んでから本作を読むと、より楽しめるかと思います。
 もちろん、本作だけ読んでもOKです。セックスをはじめ、性描写がふんだんにあり、内容充実、オススメの一作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

美母と美娘牝調教獄舎

2002/07/23 20:24

壮絶!堕ちる母娘

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 大学2年の愛美は、4年の蒼司に一目惚れし、付き合う事になった。初めてのセックスで絶頂を極めた愛美は、その後も数時間、蒼司そして蒼司の振りをした双子の弟紅司に、交互に肉棒を打ち込まれ、何度も何度も絶頂を極め続けた。蒼司と紅司、2人が狙う次なる獲物は愛美の母、志津子だった——。
 双子の蒼司と紅司、それに妹の紫穂が、億万長者の愛美の家を乗っ取ろうというのが目的ですが、そういうストーリーはあまり重要ではないです。とにかく壮絶なセックスシーンが満載で、それに圧倒されました。
 娘と母、それぞれのセックスシーンも良いのですが、後半にある、娘と母が股間をディルドーで繋ぎ、後ろの穴を双子が貫くというシーンは特に強烈でした。娘の愛美は和姦、母志津子は最初強姦じみていますが、媚薬の力も借り、直ぐに和姦になるので、読んでいて引くような酷い内容ではないです。これは、絶対読む価値のある傑作だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

制服奴隷レイプ

2002/07/23 17:48

ただひたすら犯す

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 部活が終わり誰もいなくなった音楽室で、学園一の美少女繭美は、一匹狼のワル川上隆男に犯され、処女を散らされる。その後も体育倉庫、プール、屋上と様々な場所で、口で奉仕し、犯される日々が続く——。
 隆男は繭美を犯し、その事がバレそうになると、女性教師百合子を犯し、男性教師の場合は繭美を抱かせて仲間に取り込む、という風にストーリーが展開して行きます。読み終えた時、全ぺージがレイプシーンと思うほどセックス描写が多く、しかもそれが激しく濃厚で、かなり興奮できます。
 何回も犯されるものの、徐々にそれを快楽に感じてしまい、隆男(の肉棒)に支配されてしまう繭美が、とても良い味を出しています。凌辱ものですが、酷すぎて引いてしまうような内容ではないので、凌辱ものがちょっと苦手という人でも読んでみて欲しい一作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

家庭教師×熟女×相姦

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 派遣家庭教師として初めて受け持った生徒修一。彼の初授業の時、彼の熱い視線に英里子は、はっきりと性の情動を覚えていた。修一にも同じものを感じた英里子は、自慰をやって見せてと云い、それを見ながら自らも慰めた。それから2人の関係は、どんどんエスカレートしていった(第1部)。2件目の派遣先で、生徒とその母の母子相姦を手解きする英里子(第2部)。数年振りに会った14才違いの弟と英里子の相姦(第3部)。
 という3部構成になっていて、連作長篇といった感じの内容です。セックスをはじめ性描写がたくさんあり、満足できる内容でした。和姦オンリーで読後感も良かったです。家庭教師、熟女、相姦——どれか一つでも好きなジャンルがあれば、読んでみて損はしないと思います。個人的には第2部がオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本風光る 23

2002/07/19 15:00

超一流とは

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 野球は下手だが、先輩からプロ野球選手まで、とにかくモノマネは天才という主人公、野中ゆたか。彼と弱小チーム多摩川野球部が、新監督の君島との出会いによって成長し、甲子園を目指すという、長篇高校野球漫画。
 地区予選準々決勝、対京浜高校。初回互いに1点を取った後は、投手戦になる。8回裏、多摩川の攻撃はゆたかから。清原のモノマネで2ベースを打ち、次の岡田も続き、ノーアウトランナー1、3塁。京浜は個々の能力の高さで、絶対ホームで刺せると外野手の位置を後ろに下げ、タッチアップしやすい状況をつくる。続く佐々井がお誂え向きの外野フライを打ち上げる。だが、3塁ランナーゆたかは、敢えてスタートを切らなかった。2アウト1塁になるの思惑が外れ気落ちするピッチャー島の隙を突き、ゆたかが思わぬ行動に出た——。
 この巻を主役は、ゆたかの後ろを打つ岡田。自らの立場・役割を自覚し、それを自分のものにしようと必死の努力をし試合で活かす、そんな岡田の姿は読むものに感動を与えます。そしてゆたかの予期せぬ行動に過ちを犯した島は、直後に立ち直ります。君島監督をして超一流と云わしめた彼は、まだ死んでいません。寧ろパワーアップした感じです。この試合から、まだまだ目が離せません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本風光る 21

2002/07/19 14:33

モノマネの応用

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 野球は下手だが、先輩からプロ野球選手まで、とにかくモノマネは天才という主人公、野中ゆたか。彼と弱小チーム多摩川野球部が、新監督の君島との出会いによって成長し、甲子園を目指すという、長篇高校野球漫画。
 地区予選五回戦準々決勝、対京浜高校。ゆたかは本豪戦同様、野茂、ランナーが出れば左の今中というモノマネで挑むが、簡単に打たれ、走られ、あっけなく1点を奪われる。さらにヒットが2本続いたところで、君島監督から「誰も見たことのないモノマネで行け」との伝令が来た——。
 野茂、山田、今中と今までの試合で見せたモノマネが、京浜に徹底的に研究されていると感じての君島の指示ですが、ゆたかの可能性を信じてそう指示する君島と、それに応えモノマネの応用、そして自分を信じて全てを出しきろうと、また新たなモノマネが出来るゆたか。この2人は凄いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本風光る 20

2002/07/19 14:11

ひとつ上の領域へ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 野球は下手だが、先輩からプロ野球選手まで、とにかくモノマネは天才という主人公、野中ゆたか。彼と弱小チーム多摩川野球部が、新監督の君島との出会いによって成長し、甲子園を目指すという、長篇高校野球漫画。
 本豪学園にゆたかのホームランでサヨナラ勝ちした多摩川。五回戦準々決勝の相手は、第1シードの京浜高校。京浜の試合を偵察に行っても、本豪戦を自らの野球で掴んだ勝利に自信を付けた選手たちは、気後れすることはなかった。そして、また合宿に入り、猛練習が続いて行く——。
 充実感を得た練習を終えても、心休まらない選手たち。そんな彼らに君島監督が“ひとつ上の領域”に入ったことを話すのですが、この時の言葉がとても印象深かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

112 件中 1 件~ 15 件を表示