サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. はじめさんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

はじめさんさんのレビュー一覧

投稿者:はじめさん

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本水彩画プロの裏ワザ

2002/11/01 09:15

プロのプロセスまるわかり

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 水彩画をはじめよう!と思って、小学生の時使っていたチューブを取り出してみる…。しかし、そこから違かったのだ。私達が慣れ親しんだあのチューブの絵具は<不透明水彩(ガッシュ)>と呼ばれていて、このプロが使うのは<透明水彩>という物だった。四角い固形の絵具を使っているのを最初に知って最初の大きなショックだった。

 いかに何も知らないで描くのと、コツを丁寧に教えてもらって描くのは違うか…。鉛筆で最初描く時に、それが下書きのように思ってませんでした? 20〜30分で描き上げれば上等と思ってませんでした? これがまったく違う。鉛筆で2時間じっくりかけ、1時間で色付けをやる。ここまで時間をかけて丁寧にすることの、根本的な所を教えてもらっただけでも上達の一歩だ。

 空を描くのは難しそうと思ったり、つっかかりがありそうだと思っていたことがスッキリと取れて、スムーズに紙に向かえるのが、取っ掛かりがスムーズに行なえるという事が嬉しく感じるはずです。
 画法にも多数あって、それをうまく自分の描きたい絵に使用して効果を出すかは自分の力。しかしその画法も丁寧に“プロの裏ワザ大暴露”なワケで、かなりの確率で上達するに決まっている。

 やさしすぎず、うるさすぎず、“水彩画をはじめよう”と少しでも思った方にはスマートに答えてくれる快適な一冊であることには間違いナイ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示