サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. t.tさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

t.tさんのレビュー一覧

投稿者:t.t

4 件中 1 件~ 4 件を表示

非戦

2002/06/19 23:47

想像してみてください

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

色々な著名人が「非戦」をキーワードにエッセイを書いている。

私は「想像してください」と語るGLAYのTAKUROさんに感銘しました。

アメリカでは当時、ジョンレノンの「イマジン」を流すことを禁止したそうだ。
アメリカでは戦争を「想像するな」と言ってしまった。
想像してはいけない恐ろしいことだから。


みなさん、想像してください。
誰もがきっと「非戦」を望むはずです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本入門・論文の書き方

2002/06/19 16:55

「実際」の大切さ。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

論文やレポートを、実際に書くことをしないで悩むのはナンセンスであることを教えられた。
資料を集めたら、すぐに書き始めよう。
パソコンは記録を任意に足したり消したりできる、物を書くのに最適な道具だ。

私は書かなければならない学生である。
否が応でも書くのだから、良いものを書きたいものだ。
その動機を得られるだけでも、この本の価値はあります。

鷲田さんの他の著書、「思考」や「考え方」を書いた本を応用編として読むと、大学の課題で書く論文などスラっとできてしまうような気がしてしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本実戦小説の作法

2002/06/19 16:42

小説が書けるかも?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

自分でも小説が書けるかも?
芸術活動の中で一番こう思われがちな小説書き。
実際、きっかけはみんなこれなのかもしれない。
でも毎日書くことをしていても、「小説を書くこと」は難しいことだ。
私は書くことが好きだ。表現が好きだ。
「書けるかも?」ではなく、「書いている。」
オリジナルを築く前の「作法」をしっかりと受け止めたい。

作法の本文のあとに載っている小説は、「作法」を超えて、私の表現の手本としたい素敵な恋愛小説でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

考え方を確認しよう

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

物事を考える際の手引書である。
自分の考え方と照らし合わせて、まず鵜呑みにしてみると良い。
違和感を感じることがあっても、ためしに一つの命題をこの本のとおりに考えてみたい。
「他人の考え方」は自分を持っている人ほど、真似したくないことかもしれないが、これは「哲学の考え方」であると開き直っていただきたい。

例えば、この本を嫌でも読みつくすことを命題とするならば、やがてこの本の普遍性が見えるようになるはずである。
「考え方は個性」と言って、頑なに矯正を拒むのはもったいないと感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示