サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. るびいさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

るびいさんのレビュー一覧

投稿者:るびい

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本りんごはなぜ赤いの?

2002/06/19 21:40

りんごはなぜ赤いの?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

短編と長編の童話がいくつかあり、その時々の気分で読みたい作品が変わりますが、私が特に気に入ったのは、「王様の大きな足」と「なつに恋して」の2つです。

「王様の足」は、かたくなな王様の心を解きほぐしたのは、その原因となったある人物だったという話。

権力者はえてして、自分の我がままを通そうとしがちで、周りの人間も次第にあきれて、箴言など言えなくなります。そして、孤立して破滅する。それを救うのは、結局 自分の考え方を変えなければいけないことを気づかせてくれる話です。

「なつに恋して」は、水泳の苦手な子供に読ませたい話。
人間と河童の話はよくありますが、それを現代風にアレンジしたところに、作者の手腕が光ります。

現在、世界のどこかでおこっている地域紛争も元はその部族や住民が、他の地域に住む住民を傷つけたことが原因だったりします。でも、一人の悪者がいたからと言って、その人と同じ国民が全て悪人ではないはず…と作者は言いたかったのではないでしょうか。
そういう難しい話を子供にわかり易くしてあげられるのが、この「なつに恋して」です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示