サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. へてるさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

へてるさんのレビュー一覧

投稿者:へてる

10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本日本アパッチ族

2002/06/30 20:18

ユーモア作品もお忘れなきよう

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

開高健の日本三文オペラから、この作品のヒントを得て創作したという話を聞きましたが、これは奇想天外さ、描写力、ストーリーの粘り強さすべての面でオリジナリティーあふれたすごい作品だと思います。ワッシャーやビスをおいしそうに食べるアパッチ族の活躍に、異常なカタルシスを感じたものです。もう20年以上前の作品ですが、この頃の小松左京は、星新一、筒井康隆と並んで最強の物書きであったことには間違いありません。彼の作品はシリアスで科学的要素の多いものが有名ですが、こういった、社会的でユーモアあふれる作品もかなり魅力的であることは確かです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

すばらしい世界

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

原作もなにも全く知らず予備知識なしに見ましたが、すばらしい作品だと思いました。主演の三人の子供たちはみな演技がうまく、特に女の子は小憎らしいほどのうまさでした。授業風景や、架空スポーツのクディッチのリアルさなどには感嘆です。ネバーエンディングストーリーを最初にみたときの感激より大きかったように思います。シリーズ化されるみたいなのでこれからも楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

十二人の怒れる男 新装

2002/07/09 21:00

アメリカの良心

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

戯曲であるが、映画でご存知の方も多いでしょう。わたしも先にヘンリーフォンダ版でみました。古きよき時代のアメリカから少し都会化され憂鬱が蔓延しつつあるころのお話で、無罪である少年が父親殺しで有罪となるべきところを、たった一人の男の良心から欺瞞を暴き最終的に無罪を確定するストーリーです。場面はほとんど動かず密室劇にはうってつけの内容といえるでしょう。少年の無罪を立証していく最中に男同士のぶつかりあいがものすごい迫力で展開され、感動をさそいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本日本沈没 上

2002/07/09 20:30

あまりにも有名

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

小松左京の名がいっせいに知れ渡った作品で、テレビドラマ、映画、マンガにもなりました。地殻プレートの移動により、日本列島がどんどん沈没していくさまを縦軸に、さまざまな人間ドラマを横軸として描いていくパニック社会SF作品です。これがでるまで、日本には本格的なパニックSFはみあたらなかったですが、この作品以降いろいろなパニックものが創作されました。特にマンガの世界に与えた影響はかなりのもので、マンガの作者であったさいとうたかをなどは著名な作品を輩出していきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本エンガッツィオ司令塔

2002/07/01 21:27

筒井節との再会

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

若い頃のパワーはさすがになくなってきたが、この短編集では在りし日の筒井康隆ワールドに再会できる。脱走と追跡のサンバ以来私にとってこれぞ筒井作品というべき作品はほんの少ししかなかったが、断筆後の一発目として、往年のパワーを呼び覚ます作品がでてきたのはとてもうれしかった。ただし、全く同量のパワーというわけにはいかず、かなり自分自身の焼き直しみたいになってる部分もあるが、そこはサザンオールスターズの津波のような位置の作品集なのであろう。また、表題作品のほかにはこれ、といったものが見当たらないのも少しさびしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本俗物図鑑

2002/06/23 22:57

理想郷の1形態

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

平凡であることに飽き飽きした時代の空気もあったのでしょうが、この小説にはフリークアウト(なつかしい)した化け物たちのユートピアがみずみずしいタッチで描かれている。一芸に秀でた化け物の描写には当時たまげたものです。痰壺評論家の痰をたたえる詩には作者の才能があふれかえっています。今でもわたしのお気に入り小説10指にはいっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本薬菜飯店

2002/07/01 21:43

佳作集

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

筒井さんの短編集の中では初期の楽しさをひきずった部類のものです。しかし、本物の初期作品とは一味違うもので、実験的香りがつきまとっています。わたしとしてはどちらも好きではありますが初期の単純明快なパワーにはかなわないのではないかと思います。しかしどれもこれも面白く読み応えのある作品集です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本恐怖

2002/07/01 21:35

恐怖、とは?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

正直いって、狙いがわかりませんでした。恐怖を正面から描いているとは思えないし、裏返したとも思えなかった。筒井さんの実験ともとれなかった。ストーリーテリングにもこれといったものはないし、こういっては悪いけれど、筆すさび、リハビリなんていう雰囲気を感じてしまいました。しかしそうはいっても、筒井さんのひなびた文学的田舎のユートピアはなかなか味わい深いものがあって、私小説風な楽しみを感じる。でも、それはないでしょうね。ああ、わからない私の脳味噌が恐怖です。感じるだけです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本原始人

2002/06/23 22:45

ナマの無意識状態の活写

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一見筒井さん特有のスラップスティックに読めますが、最後になって仕掛けがわかります。それ以来彼の意識はずっと途絶えたままである。そこにこの小説の秘密があります。原始人という本能、現代風に言えば無意識の塊がまさに食う寝る犯すの生活を送るのですが、その中にも幼い愛情が芽生えていたり性欲のねじれがあったりイドの世界を忠実に描いています。意識のない無意識の状態、ロウ無意識ですね。そしてその無意識が途絶えることにより原始人の状態は永久にとざされ、現代人の無意識さえ意識に侵食されている状態にもどらざるを得ないのです。一種のユートピアをブラックユーモアに包んだ小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本家族八景 改版

2002/06/21 22:10

男の悲しさ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

テレパスが男性にあうたびに裸の自分を想像されてしまい、自分を性の対象としかみていない男という生き物に幻滅するのですが、それを当たり前ととらえなおして成長していく姿に新しい女性像を感じました。
家族という最小人間集団も、一皮むけば醜悪な欲望を隠し持っているわけですが、まず、その前の基本である個人の醜さを見事に表現していると思いました。ただし、フロイト理論に傾きすぎの面もあるとは感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

10 件中 1 件~ 10 件を表示