サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. あおいさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

あおいさんのレビュー一覧

投稿者:あおい

148 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本なしくずしの死 上

2002/06/24 03:08

怒りとともに生きのびる

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

第二次世界大戦中の反ユダヤ主義言辞によって有罪判決を受け「呪われた作家」として生を終えたセリーヌの1936年に発表された第二長篇。前作の『夜の果てへの旅』(邦訳中公文庫)と比較すると伝記的な部分のリアリティーがよりいっそう複雑になっていて、狂騒的・妄想的な文体の過剰さからともすれば感じられるメルヘン風の枠組みが破壊されている傑作。
セリーヌの作品はフランス文学において大胆な口語表現の小説への導入が文体的に問題にされ正直言って初学者程度のフランス語能力の僕などには原書の過激さははとうてい理解不能なレヴェルにあるのだが、翻訳で水に薄めたような文章を読んでいると主題は「口語」なのではなくむしろ「書き言葉」というよりも《書くこと》そのものの痙攣的な営為にあると思える。貧民街で医師をする話者が執筆する『英雄伝』を同僚などに語りつつ、少年期を読者に語る入れ子構造(話者の名は作者と同じ「フェルディナン」という名前を持つ)を、しかしセリーヌはひたすら直線的に書いていく。それは、ボルヘスがもっとも複雑な迷宮とは直線であると言ったように、その直線性によってモニュメントとしての文学作品といった言葉を思い起こさせさえするものだ。
呪詛と憤怒に彩られたセリーヌの作品は、しかし意外なまでに清浄な生の謳歌も感じられる。「文学はおとしまえをつけてくれる」と言い、「死か、嘘か」という絶望的な選択を提示しながら決して死には向かわないその強靭さが、セリーヌを盆百の「過激」で「アナーキー」な作家と隔絶する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本奇談

2002/07/16 07:21

本朝幻想文学案内

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

全三巻のこのシリーズは幻想文学ファンなら絶対オススメの素晴らしいアンソロジーです。
古典文学というのはわりと初心者にとっつきにくくて、注釈の塵を払い、長い時間をかけてゆっくりと親しまなければならないわけですが、幸か不幸かわが国は文芸の歴史が滅茶苦茶長く、そして豊かすぎて、一言に「幻想」といってもほとんど富士の樹海を行くに等しいものがあります。
このシリーズは、日本の幻想文学の碩学が、何度もいろいろなところで取り上げられた名篇や異色作を選抜し、とても美しい端正な現代語に訳して三巻本にまとめた労作なのです。解説も親切で原典の書誌情報も整い、初学者には最適だと思います。装幀も綺麗で本文に注釈が括弧で埋められたかたちも、非常に読みやすいものです。少々お値段は高めですけれども、それだけの価値はきっとあると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

初期作品の魅力

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

氏の初期作品はきっちり練られたシナリオを筆を多用して一コマづつ構図を決めてまるで一枚絵のように緻密に描かれた絵が完璧に絡み合い、ゴシックなブラックユーモアの魅力を湛えていてとても素晴らしい。
先日雑誌に掲載されたインタビューによると著者はこの時期の作品(絵柄)を「病的だ」として嫌っているらしいのだが、確かに、このバタの多い流麗な絵にはある種極端なグロテスクさがあって、こういう作品をずっと書き続けることは精神と体力を著しく消耗するだろうと思われ、無意識の部分が強かっただろう「初期」でなければ書くことは出来ないだろう熱狂を感じさせる。むろんそれだけにある種の心理状態にある読者に絶対的な支持を受け続けるだろうことは間違いないマスター・ピースになっているのである。
しかしそれにしてもみるくちゃんはかわいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ナチュラル・ウーマン

2002/07/03 04:54

完璧な作品

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

現代恋愛小説随一の傑作。著者の作品でもずば抜けた出来だと思う。
端正としかいいようのない緻密に練られていて、でも「作りもの」のような臭みが一切ない構成といい、無駄のない文章といい、ぎりぎりまで削られた観念の骨組みのような人間関係といい、松浦理英子の美質がもっとも際立っている作品。
「あんまり好きだとできないものなのよ」という台詞を、ああいうなんていうかどうしようもないくらいに通俗的な台詞をあそこまで切なく響かせる作家はそうはいない。「夜は果てしなく長い」という言葉が、優しい希望に満ちていて、にもかかわらず、そのすぐ後に煉獄のような挿話を置く。
残酷さと優しさが、まったく異質なものではなく、ときとして識別しがたい瞬間があること、そのときに「生きる」ことの「抽象性」がまさに「生きられる」ものとして描かれる。こういう小説を読むと、小説を読むことも「生きる」ことなのだと思わずにはいられない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本金色の盃 上

2002/06/30 10:31

とても滑稽な「自由」の探究

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ジェイムズ最後の完結した長篇小説にして、その最高峰といわれる複雑な小説。が、難解難解といわれているわりに、読みはじめるとこれはコメディである。めちゃくちゃ面白いというかかなり笑える。翻訳もいいし、これは『鳩の翼』よりもオススメできるんじゃないかと思う。

ジェイムズは自作がまったく読者に理解されていないと思っていたらしく、自分の作品にしつこいくらい注釈や解説を加えているのだが、そういう作家にありがちなことに、もっぱら作家的な視点から執拗に批評を行っている。ジェイムズのもっとも関心のあったキーワードは「伝統」あるいは「習慣」だったようである。あるいは「伝統」によって形成される「習慣」と、そこでの個人の倫理、あるいは自由の問題と言い換えてもいいかもしれない。近代小説史の復習になってしまうが、個人の優位が客観性のレヴェルで崩壊するのに併せるかのように小説の語りに「視点」という方法論的な概念を意識的に導入したのがジェイムズであり、その方法論が純化・過激化されて「意識の流れ」につながるわけなのだが、ジェイムズは寧ろ「語り手」という荒唐無稽な概念に機能的に注目している。面白いのは、この機能的な注目が、彼の「習慣」と「自由」の主題系と実に緊密に関係しているところである。非人称の語り手が「透明ではない」(何らかの習慣に属している)というのがジェイムズの複雑さであり、そこで言葉の自由と人間の自由とが「同じもの」として探究される仕組みになっているのだ。それを読まずしてジェイムズを読むことは出来ないが、同時に、その探究を洗練されたドラマ(僕には前述したようにそれは「喜劇」の要素が強いように思われるのだが)として提出していることも忘れてはならない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本緋文字 完訳

2002/06/30 08:39

遊戯の規則

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

メルヴィルと並ぶアメリカ19世紀文学の巨峰の代表作。この人のロマンスとノヴェルの定義はなかなかややこしいが、作品はそれに輪をかけてややこしい。近代小説は、ようするに、この世界は何らかの規則によって動いている、けれども<私>にはそれがどういう規則なのかついにわからない、という物語である。
ちなみにドイツの映画作家ヴィム・ベンダースによる映画化作品があって、これがまた奇妙で面白い内容になっているので要チェック。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本チリの地震

2002/07/12 02:08

ドイツロマン派の精髄

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

凝縮された文体と完璧な物語構成、輪郭鮮やかな人物造型と人間関係の理解不能さを徹底的に描き尽くす悲劇性。クライストの作品にはあらゆる意味で「古典」と呼ばれるに相応しい荘厳さがある。むろんそれは「古典主義」の端正さとはまったく異質であり、その作品に込められた不条理なまでの情熱の激しさと、同じく不条理なまでの絶望の深さは、「短編小説」のジャンルにおいて他の追随を許さない孤高の高みにある。
カフカやトーマス・マンなどの二十世紀初頭のドイツ語圏文学者に多大な影響を与えながらあまりその全貌が知られることのなかったクライストの作品を僕が知ったのはフランスの哲学者ジル・ドゥルーズの批評によってだが、先日全集も刊行され、いまや誰もがこの著者の文業に容易く触れることが出来る。
本書は畸人・種村李弘氏の名訳にある小説を集めた単行本であり、河出文庫からも出ている。他に岩波文庫に「ペンテジレーア」などの戯曲の傑作も収録されているので、まずは何はともあれ是非とも一読していただきたい。運動ばかりが著名で作品に代表されるものが少ないドイツ・ロマン派の作品の中で、真に世界文学に指を屈すべき第一の名がクライストなのだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本抵抗への招待

2002/07/08 03:32

ウォー・レッスン

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

去年の9/11同時多発テロ以降の言論界の状況は目を覆うばかりに悲惨なもので、アメリカ・ユダヤ世界とイスラム世界を単純な二項対立の図式に解消し、善と悪との黙示録的な語調(どっちか善であろうが悪であろうがこの際どうでもよい)で、どうみてもそれは「世界」とも「正義」とも関係のない個人的なルサンチマンで党派的に文句のつけあいをしているのだな、としか思えないような幼稚な「主張」がまかり通っている。べつだん同時多発テロとアフガン空爆によってことさら世界の状況が変質したなどということはまったくないということは、ひとつひとつの事実を丹念に調べれば誰にだってわかることであるにもかかわらず、まるで世界の意味が一変したかのように興奮して鼻の穴を膨らませ議論の花を咲かせ、何かをいったつもりになっているさまは徹底的に滑稽であり根本的に死者に対して侮蔑的である。
スーザン・ソンタグは、同時多発テロに「沸く」アメリカの現状を批判しながら、同時にインタビューで、「作家にとって真に重要なものは<真実>であり、<正義>ではないのです。したがって世界の状況に関して倫理観からコメントすることは、作家として真に大切なことではないのです」と語っているが、これを僕の言い方で語り直せば要するに作家とは馬鹿なのだ。しかしシェークスピアの中に馬鹿が出てこなければ彼の世界はどれだけ味気ないものとなるだろうかを考えてみればよい。だからこそ、作家の<探究」を、いかに<使う>のかを、批評家は徹底して思考しなければならないはずであり、それを放棄して「すべての知の営みは破産した」などと軽々しく思考停止して何が「新しい思考」だというのだろうそんな都合よくいくわけはないのであり、先人の労苦を何だと思っているのか。
本書はジャン・ジュネの「恋する虜」などの翻訳者であり、アクチュアルな問題ととりくみつつ原則と実践のあいだに身を置いて活動を続ける著者の1989年から1997年までの文章をクロニクルにまとめた論集である。世界を敵と味方に塗り分け、簡単にわかりやすい「結論」を求める精神の怠惰に抵抗する繊細さと時機を逸さない機敏さこそがあらゆる抵抗の起点となることを学ぶことが出来るだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

悪夢のカタログ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

超短篇179本を収録した傑作集。
「賭けをした男が牛の体内にもぐり込む。もぐり込んでみて、結局そこに居座ることにする」(牛乳)
「二人の娘が大きな水槽に閉じこめられている。鍵を開けてやりたいと思うが、どこをどうしたらいいのかわからない」(水族館)
「私の父が魔法の絨毯に乗ってやってくる」(魔法の絨毯)
など、冒頭を読むだけでわくわくするが、これらがすべて文庫本で一〜二頁の分量の掌編として描かれているのである。作者はパフォーマンス・アートで名を挙げた人物なんだそうで、なるほど即興性に溢れたストーリーテリングは、とても透明な音楽を感じさせ、とても短い物語であるにもかかわらず、読後感はしっかりしていて、一気に通読するよりも、年代物の洋酒のように、一篇づつゆっくり楽しみたい気分にさせる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

過ぎ去れば、すべては無か思い出だ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者を文化人類学者と呼ぶのは躊躇われる。
西欧のディシプリンにおいて、学者とは何よりも世界を言語によって分節し、体系化するものである。しかし、西江氏の書く文章から受ける印象は、何よりもそのよるべのない、見たもの、聴こえたもの、触れたものにたいする感覚であり、記憶であって、それはまったく明晰に描かれていながらにしてどこか得体の知れない生き物のようだ。
かつて学者が文章家であった幸福な時代を思い起こさせる西江氏の文章の魅力は、金井美恵子氏や辺見庸氏や山下洋輔氏など、まったく関連性のない多くの人を惹きつけて止まない。とても静かで、息をのむほどに美しい文章を、是非とももっと多くの人に味わって欲しいものだと思う。
むろんすべての美しい文章がそうであるように、この味わいは、深い思索と危機の意識による緊張が全編を貫いて揺るぎないものであることも忘れてはいけない。
ここで描かれる「東アフリカ」という<異郷>をめぐる<日常>を、読むことの抽象力を鍛えてみずからに折り返すことも読者の重要な義務である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

戦争の後で

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

第二次世界大戦後のフランス文学の状況を知るのに最適のアンソロジー。
この本を読めば、第二次世界大戦とは、ようするにフランス文学にとっては「アメリカの侵入」として位置づけることが可能になるように思う。
巻頭を飾る「異邦人」がケインの「郵便配達は二度ベルを鳴らす」に文体的な影響を受けていることは明白だし、話題になったこの小説の主人公ムルソーの虚無と反抗は、ロスト・ジェネレーションからハードボイルド、ノワールと続くアメリカ小説の「狂気」とほぼその質を同じとする。そしてカミュが演劇的手法によって「心理の黙説法」をアメリカから学んだとすれば、サルトルにとって決定的な影響を与えたのはハリウッド映画に違いない。ここに収録されている作品ではわかりにくいが、ドス・パソスの「U・S・A」に対抗して書かれた未完の長篇「自由への道」の語りの技法は明らかに映画である。さらに、ジュネとセリーヌが大胆に隠語や口語を導入し古典主義的なフランス語をジュネは裏から、セリーヌは表からひっくりかえすそのてさばきは、時間的順序は逆になるけれどもビートニクからバロウズ以降の英語圏文学の展開を髣髴とさせる。そしてクロード・シモンはフォークナーを、ログ=グリエはメタ・フィクションを、徹底的な技法の探究として描き尽くす。
日本にフランス文学の信奉者が多い理由はこの文脈を考慮すれば明らかだろう。第二次大戦後の日本はアメリカの実質的な属領国であり、長い文学の伝統を持った「日本語」は、その表象機能においてアメリカナイズされた歴史があるのであってみれば、一部の自覚的な作家によって行われたこのような文化的な抵抗にみずからの方法的突破口を学ぼうとするのは当然だからである。そしてそのような状況はいまもなお変わってはいない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本吉田健一集成 3 批評 3

2002/07/05 04:40

日本語表現の極北

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

吉田健一の数多い文章に触れるに際し、まずどの本を選ぶべきかと問われたら、僕はおそらくこの本を挙げる。ここに収録されている『書架記』『交友録』は著者の精神史を書物と知人たちへとの関わりから描いたもので、それ以前の彼の小説や長編評論のあのたゆとうようなうねるリズムを小気味よく切り取ってパッチワークしたような鮮やかさがあって、ごく素直に楽しむことが出来るし、そして何よりも遺著と絶筆となった『時間』『変化』の二作は、それまでのあのいつ終わるともわからぬ息の長い文章の、究極の形態があるからだ。吉田健一という文学者をディレッタントと理解するのはおそらくこの文章を真剣に読んだことがない人間のみだとさえ思われるほど、ここにある表現の極限性はすさまじい。しかしいうまでもないことだがこの日本語は難解などではない。かぎりなく狂気に近いこの平明さをうまくまとめて伝えることなど誰にも出来はしない。「文章」とは何か?という疑問をもしあなたが持っているのなら、この本は必ず読んでみなくてはいけない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ペテルブルグ 上

2002/07/03 05:19

ドストエフスキーとナボコフの「あいだ」

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「東と西」が坩堝になっている如何にもロシアらしい夢魔的な宇宙論を背景にした長編小説。
家と都市と歴史をめぐる隠喩的な幾何学模様の文学作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本獣儀式

2002/07/03 04:31

必読

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ジャンク小説、というんでしょうか。
ひたすら汚い文章でえげつない内容の物語をばんばん書き散らすスプラッタ小説界の帝王の出世(?)作です。
とりあえずこれぐらいさまざまな意味でうんざりする小説はないです。
読んでいて吐き気がしてくる小説というのはそうそうあるものではないので、是非一度ご賞味を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本幻の朱い実 上

2002/06/30 10:10

小説における「歴史」のありよう

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「クマのプーさん」や「ピーター・ラビットの絵本」の翻訳で知られ、自身も「ノンちゃん雲に乗る」などの児童文学を執筆した石井桃子の「大人向け」(とはだが何か?)の長編小説。
女性というのは自分自身を含めて欲望をフィクティヴに見る眼を有していて、近代的なモデル/ライバルケースを実に豊かな小説に仕上げることが出来る。人は恋に落ちると女性化するとロラン・バルトが言っているけれど、それはようするに語りの綾の中に自らの欲望を溶かし込んで方向性を失わせるということでもあるだろう。到達すべき目的を喪失してひりひりするような快楽の孤独さと戯れること。そこに生きること。そうした大文字性を回避した歴史こそが小説に於いて語られるべき歴史なのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

148 件中 1 件~ 15 件を表示