サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 田山晴成さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

田山晴成さんのレビュー一覧

投稿者:田山晴成

1 件中 1 件~ 1 件を表示

宮崎アニメの暗号

2004/09/05 19:12

「もののけ姫」の深層を探る論考−「シシ神」とは何者か−

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は「もののけ姫」を中心とした宮崎駿のアニメについて、その複雑な深層を探り、そこに潜む「自然と人間」に関する世界観を読み解いた評論である。

まずは「となりのトトロ」のルーツを、スペイン映画「ミツバチのささやき」に探る。次いで「風の谷のナウシカ」の腐海にケルトの大いなる森を見た著者は、ナウシカの背後に潜む魔女を暴き出す。さらには「もののけ姫」での摂理を、木火土金水の五行思想で説明し、そこに宮沢賢治の影を見る。

安易な術語に頼らない平易な文章で、次第に加速する論考は、読んでいて心地よい。著者の案内に任せて、思いもよらぬ地点にまで連れていかれることになる。

圧巻は「もののけ姫」に登場する「シシ神」の正体を探るくだりであろう。花輪和一の「護法童子」、ゴヤの「巨人」、古代の有角神から、ギルガメシュ叙事詩までを遍歴した後、ついには1万年以上前の洞窟壁画にまで、著者の幻視は至るのである。

最後に「千と千尋の神隠し」がそれまでの作品群と決定的に異なる点を論じて、宮崎駿の世界を巡る旅は終わる。単なるアニメ作品論にとどまらず、評論の本来的な面白さを教えてくれる本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示