サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ともさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

ともさんのレビュー一覧

投稿者:とも

11 件中 1 件~ 11 件を表示

非常に基本重視です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

丁寧すぎるくらい丁寧な本。
そのため、かなり分厚い。
内容的には、難しいところはない。
だが、冗長ということではない。
他のプログラミング入門書では簡単にしか触れない、
OSとアプリケーションの関係とか、
日付/時刻型のデータのことなどが
実にじっくりと、分かりやすく説明されている。
それらの説明は、入門者よりも、
ある程度プログラミングに慣れた人が、
そのありがたみに気づくような内容だと思う。
したがって、とりあえず作ってみよう、というような、
お手軽な入門書を求める人には向かないだろう。
最初からきちんと理解したい、という人にはよいと思う。
入門はすんだが、基本的な知識の不足を感じている人には
大いに役立つと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

実用的です!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

添付の会計システムという「成果物」のしくみを見ていくことで、
業務での使用に耐えるシステムを作るノウハウを学んでいく、
というスタイルの本。
添付の会計システムが大変よくできているので、
このシステムの作り方をじっくり見ていきながら得た知識は、
自分の業務のためのシステムを作る際の大きな力になるはず。

ということで、読者対象は、ある程度アクセスに慣れている人ということになろう。
業務等で、なにかシステムを作る必要が生じた人には
システム完成への最短コースのひとつになると思われる。
大変実用的な知識が多い。
すでにシステムを作ったことがある人でも、ぱらぱら読めば、
いいなあ、と思うところが出てくると思う。
そうしたところをつまみ食いするだけでも、
既存のシステムはずっと使いやすくなるはずだ。
つまみ食いしたくなる知識が満載である(例えば、
リストボックスの文字を右寄せにする方法や、
独自のメッセージボックスの作り方、など)。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最高です!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

数あるクエリ解説書の中でも、これほどまとまりのよい本はない!!! と力こぶを入れたくなるほど好きな本である。1冊とおしていろいろクエリのことを説明してみました、という散漫な感じがなく、各章ごとに、はっきり目的を持って書かれているところがなによりよい。そして出てくる例が、実際に業務でよく使うものばかりで、非常に実用的である。取っつきやすく、それでいて長く使える本だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マクロにこだわるならこの一冊、というかんじ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アクセスは、自分のためだけに使ってもとても仕事を楽にしてくれるが、みんなでやる仕事なら、みんなが触れるものを作る必要が出てくる。そうなると、マクロやVBAの知識が必要になる。その入口として、たくさんの本があるが、この本は特に分かりやすいもののひとつだと思う。

マクロでは、VBAほど緻密なことはできないし、後々のことを考えたらVBAの方が管理しやすいと思うが、VBAで作ったものを常に維持管理できる人がいるとは限らないような場合は、マクロに限界までこだわるしかなかろう。マクロでできることを分かりやすく、細かく説明した本書はそういう場合にも有用であろうし、プログラミングへの入門としても適していると思う。ただ、ほんのさわり程度のVBAにページを割いているのはなくもがな、と思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

中級以上の人向け

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ある程度アクセスVBAを触った人が対象となるだろう。
ある程度触った人は、システムを設計する時、あるいは作りながら、
ここはこんな処理にしたい、とか、こんなふうにできないかな、
というような思いつきが出てくることがある。
やりたいことからサンプルコードを引くことのできる本書は
そのような時に威力を発揮する。
また、逆に、読み物として、こんなこともできるんだー、
というかんじで、ぱらぱら読んでおくと、いざなにか作るときに
そういえばこんなこともできたんじゃなかったっけ、とひらめくことも多い。
ある程度VBAになれた人には有用な本だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

網羅的でよい、が、ややとっつきにくいか?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

このシリーズ、アクセス97の時から愛読している。97の時は、もう少し詳しく説明してほしいなあ、と思うところが、2000では随分改善された。さらにこの2002になると、網羅的なアクセスVBA解説書と言ってよいと思う。そのためかなりページ数が増し、ぶ厚くなった。その分とっつきやすさは減じた。
しかし、ある程度VBAを触ったことのある人が調べる必要が生じたような時にはもってこいの1冊で、調べてみると、実に丁寧に説明されているためきちんと理解できる。逆に、はじめてVBAを使ってなにか作ってみよう、という人には、もっと分量の少ない、絞り込んだ内容のもののほうが身に付くのでは? 例えば、VBAで作ったシステムがついてきて、それを解説する、というようなスタイルのものである。いずれにせよ、長くアクセスVBAとつきあおうと思えば、持っていて決して損はしない本だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

本当に使えます!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者がアクセスについて書いた他の本(含共著)も読んできたが、これが最もまとまりがよいと思う。
著者は、ある程度の規模の職場なら、高価なデータベース製品を使わずともアクセスでいける、という立場でアクセスの本を書いてきたし、この本もそうだ。そして、アクセスが本来持つ、使いやすいインターフェイスをいかに使いこなすか、についても丁寧に説明がなされる。したがって、この本で得た知識でシステムを作れば、比較的安価に、使いやすく安定したシステムが作れる。
私の職場でも、この本で得た知識を使いまくったシステムを使用しているが、約2年、全く問題なく動いている。感謝! 感謝!!である。
★4つなのは、サンプルとして現金出納帳がついているが、バグがあることである(今日の日付がちゃんと表示されない)。それがなければ★5つであるが、それも本書の有用性の前には、ささいなキズにすぎないと思われる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

買う前に読んでおくとなんとなく安心です

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ヴァイオリンはやはりイタリアものだ! などというのは全然本当じゃない、ということが分かる、という意味で面白い読み物です。職人としての目と、ディーラーとしての目で、ヴァイオリンについていろいろ教えてくれます。といっても、やはりこれを読んで面白いと思うのはヴァイオリンをやっている、あるいはやろうとしている人、または、そういった人が身近にいる人だと思います。
また、これを読んだからといって、すぐに自分でよい楽器を選べるようになるとは思えません。ただし、読まないよりは、ましな楽器を選ぶ確率は上がる気はしますし、長い時間をかけて鑑定眼を養おうと思う人は、読んで決して無駄ではないと思われます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

丁寧な本です。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アクセスで、やりたいことからどうやるかを探す、というスタイルの本は結構出ている。そうした本は、ある程度アクセスになれた人が読むことを前提に書かれている。ある程度なれないと、こうしたい、というのは出てこないからだ。そのため、このスタイルの本は、アクセスの本の中では、わりと難しめになるが、この本は、難しくなりすぎないように配慮されていると思う。
具体的には、フォームやレポートの見せ方など、わりと基本的な知識についてもかなりのページ数を割く、マクロでもVBAでもできることなら、マクロでのやり方を紹介する、VBAでのやり方が複数ある時は、できるだけ初歩的な方を使う、というような配慮である。そのため、それほど難しいところはない本になっていると思う。また、年齢計算のような、基本的な知識の積み重ねが必要なところが丁寧に説明されていて、非常に助かった。
一方、フォームやレポートが開いているか調べる方法などは、もっとスマートなものがあると思われるが、わざわざちょっと野暮ったい方法を紹介しているのは、基本的な知識の積み重ねで、十分実用に耐えるものができることを示したかったのだろうか? 
大変丁寧な本である。が、ちょっと気を使いすぎの気もした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

新鮮さはなかったです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

わりと常識的なことしか書いてなくて、これを読んで流通と商業について新たな目が開かれた、というようなことはほとんどなかった。
著者の1人は、はしがきで、もともとこの分野は専門外であった旨を記した後、「研究し始めてみると、これが結構おもしろい」と書いている。しかし、そのおもしろみがほとんど伝わってこなかった。
それは、この本が入門書である、つまり、個別具体的な事例を、理論を応用しながら考える、というような本ではなく、具体例を考える前提となる理論の大枠の説明に終始する、という本であるためであろう。おもしろみを感じるほどになるには、さらなる学習が必要なのだろう。だが、これを読んで、さらなる学習をしたいとは思わなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本家族八景 改版

2002/07/02 23:23

リアルです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人の心を読める女性が、他人の家に女中として住み込む。
他人の心の描写があるわけだが、とてもリアルで
心の移り変わりがよく分かる。
とくに紅蓮菩薩では、他人の心の中の、怒りで燃え上がる赤い火が
見えたような気がした。そのくらいリアルである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

11 件中 1 件~ 11 件を表示