サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Goalie Kahnさんのレビュー一覧

Goalie Kahnさんのレビュー一覧

投稿者:Goalie Kahn

一歩足りない戦術論

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者の主要な関心対象であるスペイン・オランダのサッカーを中心として現代サッカーの「最新の戦術」を解き明かしていく。惜しむらくは、欧州リーグで最も成功している「3大リーグ」とも言えるスペイン・イングランド・ドイツの各リーグの中で、特に最も「戦術的」なリーグと言うべきドイツのブンデスリーガについて筆者の踏み込みが不十分な点。
どちらかというとラテン系の個人技主体なテクニカルサッカーに筆者が魅了されていることは理解できるが、反面筆者自身が「戦術」をサッカーを見る際の切り口としている辺りに若干の矛盾が生じている。この筆者が切り口とすべきなのは、果たして「戦術」の発露であるフォーメーションに関する議論ではなのか、あるいは個々の選手が戦術を超越した動きをするときの「個と個人技のメカニズム」なのか。中途半端な印象は否めない。
もし戦術論をつきつめるならば、筆者の敬愛するヒディンク韓国がドイツの柔軟な戦術サッカーの前に完膚なく敗れ去ったことを率直に反省した上で、「サイド攻撃」「4−2−3−1」という金科玉条から更に一歩踏み込んで、実際の監督の発想により近づいた評論を打ち出して欲しいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する