サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. マツリカさんのレビュー一覧

マツリカさんのレビュー一覧

投稿者:マツリカ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本逆説の日本史 10 戦国覇王編

2002/11/15 00:32

歴史学界の定説を全て覆す「信長論」の新たな地平を切り開く!

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 単行本と文庫シリーズ累計220万部を突破した歴史ノンフィクションの記念すべき第10巻。
 本書では、織田信長の天下人デビューから本能寺の変で倒れるまでを論じます。
「比叡山焼き討ち」「一向一揆大虐殺」は宗教弾圧ではない、安土城は信長の政治理念を具現化した「神殿」だ、秀吉の「大坂城」「朝鮮出兵」は信長構想だった、信長は「生き神」となって天皇家を“消去”しようとした、安土宗論は信長の八百長試合ではない、など歴史学界の定説をすべて覆し、日本史上最大の謎とされる本能寺の変の真相にも迫ります。
また、織田信長は残虐どころか極めて寛容である、政治方針を世論に問うた初めての政治家だ、など新たな信長像を提示します。
 バブルの後遺症から立ち直ることができず、新たなビジョンを描けない現代日本人にとって、本書で描かれた「破壊者」信長は生き方の指針なるものと確信します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

永田町の実態、政治家の赤裸々な姿を活写する大人のための政界実録コミック

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

小泉純一郎氏が総理大臣となって一年が過ぎ、今や“相棒”の田中真紀子氏は自民党を追われ、90%に迫った支持率も50%を切っている。どうして「聖域なき構造改革」は遅々として進まないのか、やっぱり政治は変わらないのか、と小泉氏に疑問を抱き、また失望している方も多いでしょう。
なぜ構造改革は進まないのか、なぜ政治は変わらないのか、新聞を読んでもテレビを見ていてもさっぱり分からない人にオススメなのが、この『票田のトラクター』(『週刊ポスト』で連載中)シリーズです。
この本では、小泉氏そっくりの中湖純生首相、田中真紀子氏そっくりの中田真夜子など、どのキャラクターも現実の政治家と重なり、その人物たちが織り成す権力闘争はどこまでもリアルで、とにかく面白いです。昨年、『レッツゴー!永田町』というドラマがありましたが、あの原作がこの『票田のトラクター』です。稲山一郎の後を継いだ筒井五輪が国会議員となって永田町で大暴れする様は痛快で、現実の不甲斐ない政治家への溜飲が下がる思いがします。
政治を知っている人も知らない人も、この本を読んで政治のことを勉強しましょう。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示