サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. koitaroさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

koitaroさんのレビュー一覧

投稿者:koitaro

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本赤ひげ診療譚 改版

2004/09/24 10:22

必死で生きる庶民と支える医師の師弟に感動

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

名作としてあまりに有名な作品。

時は江戸時代。場所は小石川養生所。長崎遊学から戻った保本登(やすもとのぼる)は、幕府の目見医、御番医という出世街道を歩むはずだったが、小石川養生所の“赤ひげ”と呼ばれる新出居定(にいできょじょう)に呼び出されて、医員見習いを命ぜられてしまう。貧民層の患者を診ることになり、最初は反発していた登は、強く、人間を愛してやまない赤ひげに次第に惹かれてゆく。青年の心の成長と師弟の魂のふれあいを描く傑作。

狂女の話
駆込み訴え
むじな長屋
三度目の正直
徒労に賭ける
鶯ばか
おくめ殺し
氷の下の芽

の8話からなり、1話ずつ独立していながら、登が次第に成長していく過程が見て取れる。

読んでいてとても考えさせられてしまった。人生において、どうしようもない状況、特に貧困によるそれらの問題において、生きる意味とはなんだろうという命題。この書は決して「こうあるべき」などという解答を押しつけずに、あなただったらどうするだろうかと突きつけられる。

それがもっとも出ているのが「鶯ばか」の、ある貧困家庭の一家心中だろう。

「放っといてくれれば親子一緒に死ねたのに、どうして助けようとなんかしたんでしょう、なぜでしょう先生」という一命を取り留めた母親に、「人間なら誰だって、こうせずにはいられないだろうよ」とかろうじて言う登。そして「生きて苦労するのは見ていられても、死ぬことは放っておけないんでしょうか」、助かったとして、苦労が軽くなる見込みはあるのか、との問いに、登は返すことができない。

人間とは苦しくとも生き続けるものだ、などとおこがましいことは言わない。決してこの母親を心から納得させる正解があるわけではない。自分の努力はまったくの徒労に終わるかも知れない。しかし、そういった庶民にこそ医者が必要なのだと、赤ひげと共に「徒労に賭ける」決意をする登。

読み終わった後、自分はどう生きるのか、じわりじわりと考えさせられる良書である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示