サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. de_chocolatさんのレビュー一覧

de_chocolatさんのレビュー一覧

投稿者:de_chocolat

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本隣の家の少女

2005/07/23 19:03

自分な中にいる加害者

7人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最悪です。特に三分の二くらいまでは。その後はどうだろう。もちろん虐待その他はむちゃくちゃになってくるんだが、同時に読んでいて冷静にもなります。この図式〈暴力への憧れ+性的なものを内包しながら、それを安易に提供しない存在への怒り→暴力への正当性〉て、わりと日常にもあるじゃんねぇ、な気持ちになってくるからです。自分が痛いわけではないわけだし『あんなもったいぶった奴はやられちまえばいい』という感情(主人公サイド)は、わりと見覚えがあるものだし(というかそっちの方が怖い感情だと思いました。主人公の最初は少女に好感を持つが、彼女の裸を見たいという好奇心が満足できなかった時に、彼女に反感を抱いてしまうシーン。実はここが一一番怖かった)、子供が『大人には取るに足らないもの』という自覚のもとでつまらない思いをしているので『一人前扱いしてくれる大人はいいやつ』と(特にそれが親友のママなら)繰り広げられる異常な行為に共感めいたものでもって〈ゲーム〉と呼んでしまうこともわかるさそりゃ、な。でもそれが小説であるなら、どこかにもっと救いはあっていいはずだし、途中どこまで酷いことになっても最後にはなぁ、絶対なぁ、という希望を持って読んでしまうのは無理からぬことよだと思う。そうだよね(涙)。
これは一人の少女が同じ年頃の複数の少年たちに虐待を受ける(リーダーがその子供たちの母親であるというのはある意味興味深いですが)というお話ではあるのだけども、これはもっと他の図式、たとえばこの瞬間にも虐殺を受けている民族と、『自分はそれを知っているけども、直接手を下しているわけではないから自分は罪を犯しているわけではない。また虐殺されている方にもそれなりの原因はあるはず』と、平気でご飯を食べている例えば平和な国々(両親が離婚寸前であってもなお、子供の自分は愛されていると自覚できる家庭)とたとえれば、今現在この瞬間にもどこにでもある風景と見られれるのじゃないだろうか。読後感が最悪で読んでる間もむかむかするのは、決してその虐待そのものではなく、それを見ている主人公の目線(=自分)だと言う気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示