サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. よしけんさんのレビュー一覧

よしけんさんのレビュー一覧

投稿者:よしけん

1 件中 1 件~ 1 件を表示

薄っぺらな小説とは違う、本物の感動

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 今、若い人たちが生きづらさを嘆き、リストラや借金苦の中高年が自殺したりする時代。でも、だからこそ、読まれるべき1冊だと思います。実在の夫婦である、定ときみ江の生き様には、どんな人でも勇気づけられると思うからです。
 まず、生きることの壮絶さを見せ付けられます。しかも、そこには気負いがありません。自分に与えられた「ハンセン病患者」という運命と率直に向き合い、あるときは嘆き苦しみながらも、決して自らの命を絶つという選択はしない・・・。
 ハンセン病を扱った作品の多くは、国の責任や法の問題点を指摘し、患者「たち」がいかにひどい目にあってきたかをリポートするノンフィクションがほとんどでしたが、この作品は違います。
 二人の人生を丹念につづることで、患者「たち」の物語ではなく、いきいきとした人物ノンフィクションになっています。とくに、きみ江がふるさとを追われていく場面では、落涙を禁じえません。薄っぺらな小説とは違う、本物の感動があります。そして、読み進めるうちに、この不幸な病への偏見も自然と解けてくるのです。
 マイナーな出版社から出ている本ですが、本書と出合えたことを幸せに思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示