サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 椿 さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

椿 さんのレビュー一覧

投稿者:椿 

6 件中 1 件~ 6 件を表示

番外編?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

海の過去。
のえるの姉の話。
と、一見すれば番外編的なこの巻。
しかし、違うのだ。
単に番外編とは片付けられない。
この一冊だけで十分読みきりとして出せそうなぐらい完成されたこの巻なのだ。
まず、海の過去。
中学生時代を描いているのだが、はっきり言って私はこの頃の海の方が突っ張った性格に長い髪と好みだ。
もっと、この頃の話を描いて欲しいと思うぐらいだ。
そしてのえるの姉。
男嫌いの姉が恋する相手は…。
真直ぐな姉だけに好きだという想いを認めればそのまま自分の心に真直ぐで気持ちがいい。
本編により深みを加えるこの一冊。
しっかり読んで欲しいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

絆を深めて…。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

海とのえるの絆が更に深まった巻のような気がする。
が、私はこの巻も違うところに着目したい。
私が着目したいのは最後の話。
空の過去だ。
中学時代の空。
優等生で、一人でも大丈夫だと強がって突っ張っている空が、可愛そうで、でもどこか共感できる。

そして、今回もしっかり書き下ろし&アシさんの暴露マンガで笑わせてくれる。
本編が少々シリアスな展開をしてようと、最後でほのぼのとさせてくれるのはこのマンガ独特の路線だろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

河野に注目

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

のえるの姉に頭を下げて交際を認めてくれと頼む海は、全巻に引き続いてカッコイイ。
しかし、私は会えて河野の話に着目したい。
河野と海の知り合い結城の話。
河野はゲイなのか? それともあのキスは挨拶?
可愛くて、泣いた河野は更に可愛くて、この二人の続きが読みたいと思ってしまう。

最後の書き下ろし&アシさんの暴露マンガも面白かったりします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

男前の海

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この巻ついに海は想いを告げるが…。
あえて話の内容は伏せるが、海が男前過ぎて、
その絵がまた綺麗過ぎて、説得力がある。
信じられないような台詞さえ、甘い告白として受け取れるのだから不思議だ。
この巻はともかく海に惚れて欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

序幕

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1−4ボランティア。
ルックスと顔はいいがちょっとかわっている海。
普段は優等生のくせしてコワ〜イ、空。
つかいっぱしりにされている、相川。
そして一見少女のような、河野。
そして転校してきた主人公のえる。
がメンバーである。
その、ボランティア。
やることが家庭教師から恋愛指導などやること自体無茶苦茶。
唯一、人の為にやっていると言うとだけが救いだ。

見所としては、裏切りにより閉じていた心を開いていくのえるだろうか?
絵が綺麗なのが話をより盛り上げている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本1Kアパートの恋

2002/07/23 00:21

ほのぼのとした話

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

全体的に受ける印象はスッキリとして、ほのぼのとした感じ。
バランスがいいのか、それなりにHあり、シリアスあり、笑いありと言う感じでまとまっている。
内容は、初めは、夏と河野の高校生カップルの話。
ゲイの河野がノーマルの夏に惚れ、酔った勢いで身体をつなげてしまう。
ちなみに河野が受けだから余計話がスッキリする。
もう一つの話は、直道と景の話。
こちらは河野の住むアパートのお隣さん。
景が直に惚れていて、直道の方がノーマルだった。
こっちは攻めの景からアクションを起こしている。
と言っても身体を繋げたいと誘うのは最終的に受けの直道。
どちらも受けからのアクションなのでスッキリと読めるのかもしれない。
でも、何度も読み返したい作品でもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示