サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 月子さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

月子さんのレビュー一覧

投稿者:月子

4 件中 1 件~ 4 件を表示

もう29歳、まだ29歳

2002/07/26 16:30

ゆれる女心

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これぞ、エッセイという感じの作品で、気楽に楽しく読める。微妙な年齢の、微妙な女心を、具体的なエピソードをからめて、うまく表現している。読んでいると、「そう、そう、そんな感じ」と共感できるところがたくさんあるはず。欲張りのようで、実は謙虚に自分を見つめてしまう29歳の女性の多くに元気を与えてくれる一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本私は別人 新書判 下

2002/07/26 16:20

幸せって難しい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

主人公の男女がついに、出会い、愛を深めていく。結婚により得た、地位と名誉を懸命に守るヒロイン。一方、彼女に出会う前に、自らの手で、地位と名誉を得ていた夫は、なんの打算もなく、一途に彼女を愛し抜く。二人の間の微妙な価値観の違いが、やがて大きな悲劇へとつながる。女性の執念深さや、見栄がよく描かれている作品。男性の作家が書いたなんて思えないぐらいだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本私は別人 新書判 上

2002/07/26 16:10

美女は大変?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

幼い頃から、「おまえは大物になる」と言われて育ったトビーは、魅力あふれる男性。多くの女性問題をまき起こすが、それでも、順調にコメディアンとしてスターへの階段を登っていく。やっぱり、男前って得だよね。何かあっても、周りが助けてくれるからね。一方、ヒロインの女性はすばらしい美貌に恵まれながらも、貧しい家庭に育ったため、複雑な思いを経験させられる。やがて、彼女は上流社会への憧れを抱くようになるのだが、もちろん彼女の武器となるのは美貌。次々とまき起こる事件に魅せられ、300ページあまりを一気に読んじゃいました。さすが、シドニィ・シェルダンと思わせる作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

寂しい女になりたくない!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者自身がかなり、寂しい思いをしている時に書いたものなのだろう。「寂しくても大丈夫」と無理やり、必死に言い聞かせているような気がして、逆に余計に寂しくなってしまう本だ。シングル女性のために書いたそうだが、私はこれを読んで、「やっぱり結婚しないと」と思ってしまった。ただ、著者のように有能な女性でも、ここまで、弱気になってしまうこともあるのだなと妙に安心したりするかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示