サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. マーガレットさんのレビュー一覧

マーガレットさんのレビュー一覧

投稿者:マーガレット

10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本バムとケロのにちようび

2002/08/08 13:46

おかしな二匹

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

島田ゆかさんの*バムとケロシリーズ*を手にしたのは「バムとケロのおかいもの」に次いで2冊目です。親の私の方が熱烈なファンになり求めました。「バムとケロのにちようび」の方が約4年半前に発行されているのですが。この2冊は少し絵のタッチが違うという印象を受けます。並べて見比べるとちゃんと考えられた設定が楽しめます。雑草の生えた前庭に見事な芝生が入ってたり…。開いてみると、やはり独特のオーラを放っています。昔のフランス映画に「おかしな二人」というタイトルの、非常に几帳面な男性とずぼらな男性が一つ屋根の下で暮らすというストーリーがあったと思うのですが、この犬のバムとかえるケロも対称的な性格です。よく共同生活ができるなぁと思うのですが、うまくバランスがとれているようです。ケロの保護者のようなバム。心が広いといか…。ケロも憎めないキャラクターなのですが。

雨の日曜日、こんな日は家で本を読もうとバムは決意。ケロちゃんのちらかし放題の部屋を片づけて、さて次のステップ「おやつづくり」に進もうとすると… 泥んこまみれのケロちゃん登場。発狂したくなる状況。お風呂でまるごと洗浄。おやつづくりにキッチンへ。ゴーグル着用で揚げたおびただしい量のドーナツの山。次は、本を探しに屋根裏部屋へ。そこは虫やネズミの楽園。ドーナツおとり作戦でお目当ての本をゲット。ドーナツとお茶を傍らに、これでやっと本が読める…と思ったら、疲れて眠り込む二匹…。

几帳面なバムと、天真爛漫、ちらかしても汚しても、けろっとしているケロ。バムとケロらしい日曜日。トラブルでも何でも楽しんじゃう二匹。

さて、子供の方もこの本は大好きで、よく開いています。まだその理由を聞き出せないのですが、きっとページのすみずみまで描かれた明るい色彩の世界が目に楽しく、飽きがこないのだと思います。大人も子供も楽しめる貴重な絵本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バムとケロのおかいもの

2002/07/31 20:34

目も心も楽しませてくれる絵本

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本を手にして、まず外国の絵本のような色彩・配色が印象的。そしてページをめくると、ディテールまで丁寧に描き込まれたバムとケロとなかまたちの世界。この本はどちらかというと、大人向けのいやし系絵本かなと思いました。ところが、子供の「読んで」リクエストが最も多い本なのです。大人も子供も楽しめる一冊。バムとケロの家のインテリアは特注?というデザインのかわいいアイテムばかり。月に一度買い物に出かける市場もこれまた行ってみたくなるような楽しい雰囲気。まだ子供は気づきませんが、ところどころに織り込まれている作者の遊び心やユーモアを発見するのも楽しいです。楽しそうに描いている作者の姿が浮かぶのは私だけでしょうか。子供の反応の変化に成長を垣間見ることもあります。現実とはちょっと別の世界をのぞいたハッピーな気分にさせてくれます。のんびりオーラの出ているアートな絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ぶたのチェリーのおはなし

2003/12/02 15:55

お菓子の焼ける匂いがしてきそう

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

紅茶専門店カレルチャペックの山田詩子さんの初めての絵本。ご本人もわくわく
していたのようですが、私も期待して手に入れました。主人公ぶたのチェリーの
「勘違い」から展開するストーリー。チェリーのキッチンなどのイラスト、そして
登場するお菓子の数々、ページを開くと「山田詩子ワールド」が広がります。
表紙と同じ暖色系の色使いで一貫していて、懐かしい気分になります。
一昔前の外国の絵本を集めている著者らしいイラストとストーリー。出版された頃に  
オープンした「カレルチャペック・スウィーツ」とチェリーのお店が重なります。
お店を開いたコンセプトが伝わります。3歳の息子の大好きな絵本のひとつ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

写真が美しい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ガーデニングブームが始まってから少し落ち着いた今、狭くてもベランダでもガーデニングは十分楽しめますよという心強い本が店頭に並ぶようになっていますね。花もいいけれど、実りや収穫の喜びも味わってみたいとガイドブックを探していて、この本に出会いました。この本で一番目を引いたのが写真の美しいこと。小物のひとつひとつが選ばれた物たちという感じで、スタイリングが素敵です。参考にしたいところがいっぱい。見事に育った植物も素晴らしい。見ているだけでも楽しい一冊。著者の植物への優しい愛情が伝わってきます。説明もとても分かりやすいですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

英国大好き!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「英国大好き!」という気持ちが本全体から伝わってきます。穏やかな口調で語りかけるように書かれているのですが、作者の英国に対する思いは「熱い」です。英国を色んな面からよく知っていて、包括的に好きなんだなぁと感じます。経験をもとに様々なシチュエーションから英国を紹介しているので決して飽きません。「これから行ってみよう」という人にも、「また行ってみよう」という人にも、ガイドブックでは得られない視点で英国を楽しめる可能性をくれる一冊です。水彩のイラストも素敵です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

心が豊かになるレシピ集

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 自分の時間の過ごし方、「お休み」のスタイルは人それぞれですが、この本は「お金をかけなくたって、ちょっとした工夫で素敵なひとときを楽しむことができますよ」と語りかけてくれます。
 主婦業、仕事で忙しい生活を送っているであろう著者の心の豊かさが伝わって、「私も!」思わずにいられません。
 のんびりイラストも、ほっとさせてくれます。
 この本は、「疲れたな」のときの私の心のビタミン剤です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

Love home

2003/12/02 17:03

自分の家だもの

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タイトルにした「自分の家だもの」という、ちはるさんのメッセージが本全体から 伝わります。「こだわって当然、トコトンこだわりましょう!」という彼女の力強い声。ソフトなイメージから想像できないくらいマイホームに対する芯の強さ。こだわった分得られる満足感も分かります。雅姫さんをはじめ友人の家や店といったこれまたこだわりの空間も紹介されています。ハード面、ソフト面の両方で参考にしたい要素がたくさん入った一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

なんでも屋はじめます

2003/12/02 16:46

時間がゆっくり流れる絵本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タイトルの「なんでも屋」をはじめ、作者が感じている「今」がさりげなく入っています。いい夢を見る人がすくなくなったとか、ママにじゃまにされた子供の涙など…。小さな6つのお話が、箱詰めのチョコレートのようにひとつひとつ個性的です。現実離れしたお話もありますが、山田詩子さんのイラストでおとぎ話のように自然に描かれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本はじめてのおつかい

2002/08/01 19:10

みいちゃんのとびっきりの笑顔

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

自分が小さい頃親しんだ大好きな絵本を、子供に読み聞かせたいと再び手にしました。思ったより小さく感じたのは当然のこととして、表紙のみいちゃんの笑顔のいいこと! ちょっと時代を感じる懐かしいイラストも何だか新鮮。当時幼くて気づかなかった、みいちゃんの名字などの小さなユーモアも発見。ままとの約束を守って、目的「はじめてのおつかい」を達成したみいちゃん。子供の視点で見事に描かれた、子供にとっての一大イベント。子供の純粋さ、感受性の豊かさにはっとさせられます。ママも少し不安だったかもしれないけれど、みいちゃんを信じておつかいを頼みます。みいちゃんが大冒険しているとき、家で待つママの心境を想像してしまいます。子供って、こうして自信をつけて成長していくんだなぁとしみじみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

楽しんでこそ節約

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

服や小物に手を加えて「世界でたったひとつ」にして楽しむスタイル、「そういう使い方があったか」と、はっとさせる素敵なアイデアがぎっしり詰まっています。
自分をしっかり持って、お気に入りを追究して、結果的に節約になっているという「理想的なライフスタイル」を提案してくれます。
ページをめくって、「私もやってます」「私にもできそう」に出会うと嬉しくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

10 件中 1 件~ 10 件を表示