サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 税理士の卵さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

税理士の卵さんのレビュー一覧

投稿者:税理士の卵

2 件中 1 件~ 2 件を表示

会計学の権威者による最強のテキスト

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は、日商簿記3級に合格することを目的とした書物である。

監修者および著者には、会計学の権威者の名前が連ねられている。
各会計処理について理論的な解説が多いことが特徴である。

日商簿記3級の学習をはじめるにあたって、簿記についての基礎知識が全くないという方も多いことであろう。そのような初学者にとっては難しいと感じられることもあるだろうが、このテキストを基本書としてじっくり勉強すれば、日商簿記3級に合格することはもちろん、後に日商簿記2級に進んだときによく理解することができる。

簿記検定に限ったことではないが、検定試験は十分な理解がなくても回答パターンを覚える等のテクニックにより合格することができる。
しかし、そのようにして得た合格は、所詮「付け焼刃」であり、少しでも時間が経つとすぐに忘れてしまい使い物にならなくなる。

資格試験は、合格しただけでは不十分であり、実際に実用できるかが鍵となる。
本書をじっくり勉強し、理論的な理解を深め自身の一部とすることが大事だと思う。
生きた資格とするためにも、簿記検定対策には本書の利用を薦める。

本書には問題も収録されているので、各段階で理解度を確かめることができるのもよい点である。

本書は、簿記についての知識に理論的な根拠が伴っていることから、最高の簿記テキストである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

租税法原論

2004/06/13 16:29

容易に理解が得られる租税法の基本書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書の構成は以下のとおりとなっている。 

第1章 租税とその種類
第2章 租税法の法源
第3章 租税法の体系
第4章 租税に関する当事者と代理人
第5章 租税法における3つの基本原則
第6章 手続規定としての租税法
第7章 個別租税法の基本的な構造
第8章 租税法条文の基本的な構造
第9章 租税法解釈の具体的な手法
第10章 国税通則法の概要
第11章 国税徴収法の概要
第12章 地方税法の概要
第13章 電子化税制の制度化

わが国における租税法は非常に複雑であり、難解な書物が多いなかで、本書は容易に理解が得られやすいように記述されている。

本書は租税法を容易に理解することができるように分かりやすく書かれており、特に初学者が租税法の基礎を学ぶのに適している。

私は法人税法等の個別租税法を理解しているつもりであったが、租税法の基礎については理解が薄かったようで、本書から得られた租税法の基礎はかなりの自信につながった。

言うまでもなく、法人税法や所得税法等の個別租税法だけの知識では租税法を理解しているということにはならない。基本的な租税法を網羅してこそ個別租税法の知識がはじめて生きてくるのである。

本書の特徴として3つの点を挙げることができる。
1.各章ごとの初めに、その章の内容を要約した4つのポイントが掲げられてお
  り、各章の終わりにその章の理解を確かめるための演習問題が収録されてい
  る。
2.関連する租税法の条文を、可能な限り具体的に引用している。
3.見出しを多く作り、箇条書きによる論述に配意している。

また、本書は地方税法についても触れているため、地方税法の基礎も身に付けることができる。地方税法についての解説書がほとんどない現状を鑑みると、地方税についての章だけでも一読に値するであろう。

本書は、地方税法を含めた租税法の基礎が網羅されており、至れり尽せりの一冊である。
本書から得られる知識は、一生の宝となるであろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示